トロピカ-初心者向けアクアリウム、熱帯魚水槽、金魚、メンテナンスの情報メディア

フォローする

ボトルアクアリウムに最適なメダカ5選!何匹飼えるかの目安も解説です!

小さなスペースで魚やエビ類などを飼育することのできるボトルアクアリウムは素敵なインテリアになるだけでなく、費用が安くすむこともありアクアリウム初心者さんでも気軽に挑戦しやすいです。

アクアリウム初心者でも飼育がしやすく種類が多いメダカの中で、ボトルアクアリウムに向いているのは次の5種類となります。

  • 楊貴妃メダカ
  • 白メダカ
  • 黒メダカ
  • ヒメダカ
  • 幹之メダカ

小さな容器ということで、実際にメダカが何匹飼えるのか悩む人は多いでしょう。また実際にメダカをひとつの容器に多く入れる過密状況を作ってしまうことで、成長が遅れたり産卵が止まる、突然死といった問題が起こることがあるんです。

今回はボトルアクアリウムにおすすめなメダカの紹介と、ボトルアクアリウム飼育での飼育可能数や起こりやすい問題などについて解説していきます。

ボトルアクアリウムにおすすめのメダカ5選

100円ショップで販売されているガラス容器などで魚やエビなどを飼育するボトルアクアリウムは、飼育容器が小さい分必要とする水量も少なくてすみますよね。しかしろ過機を設置することができないこと、そして水量が少ないという点から水槽や水蓮鉢などのビオトープと比べると、水質悪化が早い傾向にあります。

そのためボトルアクアリウムで飼育する生き物は基本的に『水質悪化に強い』種類がおすすめ

アクアリウム初心者さんでも簡単に飼育できることからおすすめされやすいメダカは、もともと丈夫で繁殖しやすい種類ですが、品種改良を重ねて原種から離れてしまった種類は水質悪化に弱いものもあるんです。ボトルアクアリウムで飼育するメダカは、品種改良種ではなく原種に近いタイプのものを選ぶようにすることで、ボトルアクアリウムでの長期飼育がしやすくなりますよ。

ボトルアクアリウムの作り方やメンテナンスについては、こちらの記事を参考にしてくださいね。

さて、それではここからボトルアクアリウムにおすすめな、原種に近いメダカを5種類ご紹介していきます!

楊貴妃メダカ

(めだか)楊貴妃メダカ/楊貴妃めだか(6匹) 本州・四国限定[生体]

楊貴妃メダカのボディカラーは赤みの強いオレンジで、ボトルの中に入れている水草の色とも相性が抜群

ホームセンターやアクアショップなどでの流通量が多く、安く入手できる種類ですが、メダカ専門店などでは色の濃さなどによって価格が上下することも珍しくありません。保護色が働くので、容器の周囲や容器内に色が濃いものを置いておくことで、ボディカラーの赤身が強くなりやすい傾向にあります。

白メダカ

(めだか)白メダカ/白めだか(6匹) 本州・四国限定[生体]

『色が白い=アルビノ』と思う人もいるかもしれませんね。白メダカは突然変異でボディカラーが白くなったメダカをベースに品種改良したもので、黒色の色素胞が全くなく、黄色い色素胞が発達していない品種です。

色素以外は野生のメダカと変わりがないため、基本的なメダカの飼育方法で飼育することが可能。アルビノと勘違いされやすいのですが、白メダカの目はアルビノのように赤ではなく黒いという特徴があります。

黒メダカ

charm(チャーム) (めだか)黒メダカ/黒めだか(6匹) 【生体】

黒メダカといってもボディカラーが真っ黒というわけではなく、野性種のメダカのことと。天然のものは棲息している地域によって色の出方や形に若干違いがあります。絶滅危惧種なこともあり、最近は天然ものではなく養殖されたものが流通しています。

野生種なので数多くあるメダカの品種の中でも丈夫で病気にかかりにくく、アクアリウム初心者さんやボトリウム初心者さんにおすすめ!

黒メダカの飼育についてはこちらの記事を参考にしてくださいね。

ヒメダカ

charm(チャーム) (めだか)ヒメダカ/ひめだか(6匹) 【生体】

爬虫類や大型魚・肉食魚の餌としても販売されているヒメダカ。こちらも白メダカ同様に突然変異で黒色の色素胞がないものを品種改良して色を固定させた種類となります。幼稚園や小学校などの教室内、また病院などで飼育されていることが多く、数多くの品種のベースになっているんですよ。

幹之メダカ

(めだか)幹之メダカ/みゆきめだか(6匹) 本州・四国限定[生体]

2007年に作られた改良品種で、背中が青白く光り他のメダカにはない美しい輝きを見せてくれます。原種に近いタイプの改良品種の中で人気が高く、丈夫なのでボトルアクアリウムでも飼育しやすいです。

背中の光がポイントなので横からではなく上から鑑賞することで、その美しさを実感することができますよ。

ボトルでメダカは何匹飼えるの

ボトルアクアリウムに使用する容器は人それぞれで、それこそコップのような小さな容器で飼育する人もいます。しかし容器が小さくなると、必然的に飼育可能な数も少なくなりますよね。ボトルアクアリウムでメダカを飼育するとなると、何匹が最適なのか迷う人は多いです。

メダカ1匹に必要な最低水量

アクアリウム界では古くから「魚1cmに対して必要な水は1リットル」と言われていますが、これまでの飼育経験からいうと1匹に対して最低でも3リットル以上の水量がある方が急激な水質悪化を招きにくいです。ボトルアクアリウムだから水量が多いのはダメ、ということはないのでよほどの事情がないかぎりはなるべく水量は多めに確保しましょう。

これまでの経験から、個人的にはボトルアクアリウムでの飼育は1~3匹くらいがちょうどよいのではないかと思っています。

水槽サイズに対する最適な飼育数や、過密状況判断などについてはこちらの記事で解説していますよ。

メダカを多く飼い過ぎると起こる問題

ボトルアクアリウムに限ったことではないのですが、メダカをひとつの容器で多く飼育することで起こりやすい問題があるんです。過密状態までいかなくてもこれらのトラブルは起こることがあるので、ボトルアクアリウムで飼育するときは、容器や飼育数に余裕を持つことが大切ですよ。

成長が遅れる

飼育容器が小さい場合でも「まだ泳げるから」と、ぎゅうぎゅうにメダカを入れてしまう人がごくまれにいます。メダカだけでなく魚は十分な水量と遊泳スペースがなければしっかりと大きく育ってくれません。

また成長が遅れ気味になることも多いので、しっかりと元気で丈夫に育てるためにも、ボトルアクアリウムの場合は飼育数は少なめにすることをおすすめします。

産卵が止まる

メダカの飼育数が多いことで、飼育容器内に十分なスペースを確保することができていなければ、産卵もうまくいかないことが多いです。単純煮卵を産まない、というだけでなくメスの命にかかわる『卵詰まり』を起こすこともあるんです。

メダカは水草などに卵を産み付けるため、ボトルアクアリウムでも水草は必須になるので、メダカの数だけでなく水草のスペースも考えて飼育数を決めましょう。メダカは卵をよく産むので、繁殖させたいのであれば採卵して別容器で稚魚を育てると稚魚の死亡率を下げやすくなりますよ。

メダカの産卵についてはこちらの記事をどうぞ!

突然、死んでしまう

ボトルアクアリウムで一番大変な『水質管理』ですが、メダカの飼育数が多いと、普通の水槽より水量が少ないため急激な水質悪化が起こりやすいです。特に気温の高くなる夏は要注意で、元気がなくなるだけならまだよいのですが、水質悪化がひどくなると病気になりやすくなるだけでなく、ある日突然まとめて死んでしまった、ということも起こりえます。

こまめなメンテナンスをしていても、餌の食べ残しやフンなどをすべて取り除くのは難しいので、原因となる過密飼育は避けるべきです

突然死を防ぐメンテナンス方法については、こちらで解説しています。

またメダカ飼育に最適な水質に関してはこちらの記事をどうぞ! 

まとめ:ボトルアクアリウムに最適なメダカ5選!何匹飼えるかの目安も解説です!

今回はボトルアクアリウムで飼育するのに最適なメダカ5種類の紹介、さらに飼育数や過剰飼育で起こりやすい問題についてお話ししました。

一般の水槽でも過密状況での飼育はトラブルが絶えません。小さな容器で幻想的な世界を作ることもできるボトルアクアリウムは、水量が少ないため水質悪化などのトラブルが起こりやすいので、飼育数は少なめにするのがポイント。

ボトルアクアリウムでは『欲張らない』のが長期飼育を成功させるコツと言えるでしょう。