トロピカ-初心者向けアクアリウム、熱帯魚水槽、金魚、メンテナンスの情報メディア

フォローする

青水(グリーンウォーター)の作り方の基礎編!メダカなどに最適な濃度とは

青水(グリーンウォーター)は、植物プランクトンを豊富に含んでいて、メダカや金魚の稚魚にとっては餌になります。

稚魚の口に入る大きさで、食べたいときに食べられるということもあって、稚魚期には飼育水を青水にする場合も少なくありません。ただ、いざグリーンウォーターを作ろうとしても、

「うまく青水にならない」

「青水になるまで時間がかかる」

といった意見も少なからずあります。

そこで、今回は青水の作り方をご紹介します。

基礎的な部分が中心なので、初心者の方でも心配ありません。メダカや金魚の飼育で青水作りに挑戦される方は参考にしてみてください。

青水(グリーンウォーター)の作り方

青水は、植物プランクトンが増殖した緑色の水を指します。

「青水を作る=植物プランクトンを増やす」

ということを、念頭に置いておきましょう。

青水の主な作り方は、

  • 濃縮クロレラから作る
  • 自然に作る

この2通りです。

どちらにもメリットとデメリットがあるので、実践しやすい方法で作ってみてください。

濃縮クロレラから青水にする方法

濃縮生クロレラ 30ml 1本 グリーンウォーター 300リットル相当 【クール便発送】

濃縮クロレラから青水にする方法をご紹介する前に、「クロレラ」について解説します。

クロレラは植物プランクトンである緑藻類の1種で、クロレラ(もしくはミドリムシ)が増えると良質な青水になります

一方で、藍藻類(シアノバクテリア)が増えた青水は、毒性があったり酸欠の原因になったりと生体に悪影響を与えることも少なくありません。藍藻類の青水は不快な臭いがするので、簡単に判別できます。

話を戻すと、濃縮クロレラがあれば良質な青水を作ることが可能で、クロレラは通販で簡単に入手することができます。継続的な青水化を考えているなら、鮮度が良いものを使用しましょう。

手順としては、

  • 酸素が豊富な飼育水に濃縮クロレラを添加する(飼育水10Lあたり1ml)
  • かき混ぜて日光の当たる場所に置く

効率良く増殖させるためには、硝酸塩などの養分が必要なので、使う水は飼育水が良いでしょう

植物プランクトンということもあって、日光は重要です。30度を優に超える高温にならない程度で、日向に置き光量を確保します。

ポイントは、「水草や底砂を入れないこと」。水を浄化して、クロレラの栄養を奪ってしまいます。青水化が目的であれば、なにも入れないベアタンク状態がおすすめです。

自然に作る方法

青水は濃縮クロレラを使わなくても、作ることができます

ただし、青水になるまでに時間がかかるので、必要になる2~3ヶ月前から作り始めた方が良いです。自然にクロレラやミドリムシを発生させるには、エアレーションしつつ飼育水を日光に当てましょう。

養分である硝酸塩のほどよく入った飼育水が最適ですが、

  • 水草を痛めて入れる
  • ハイポネックスなど液肥を養分として投入する

といった方法もあります。

しかし、水質が悪化する可能性があるため、安全性という点ではやはり濃縮液や飼育水から発生したものを強くおすすめします。

自然に作る方法は時間がかかるものの、一度作ってしまえば次からはその青水を使うことで、すぐに新しい青水を作ることができます。

青水は最適な濃度に保とう!

金魚やメダカの稚魚にとって好条件な青水ですが、濃すぎるのも良くありません

酸欠になったり水質が悪化したりと、稚魚に悪影響を与えることもあります。そのため、青水は最適な濃度に保つことがとても重要です。

青水は濃すぎると危険!

青水は濃度が濃すぎると危険なので注意する必要があります

青水に多く含まれる植物プランクトンは、夜間は呼吸をして酸素を消費するため、濃い青水は酸欠になりやすいです。特に天候が悪く、光量が確保できない状態が続くと酸欠の危険性が高まります。

心配な場合は、エアレーションをするか水換えして薄めた方が良いです。

また、濃い青水は水が悪くなりやすい(アンモニアや菌が増えやすくなるなど)ので、適度な濃度に保つのが大前提です。臭いも気になりますし、気温が高い時期は雑菌の温床になってしまうことも少なくありません。

さらに、観察しにくい透明度になるため、観賞性が下がるだけでなく天敵であるヤゴなどが侵入してもわからないことも。これらの危険を避けるためにも、定期的に水換えして「うっすら底床が見える程度」の濃度に保ちましょう

稚魚飼育は薄めが良い

稚魚は、免疫力も未成熟なので上記のような危険性を減らすためにも薄めをおすすめします。

「薄いと餌が少なくなるのでは?」

そう思われるかもしれませんが、濃い青水で飼育するリスクを避けることを優先した方が良いです。餌に関しては、人工飼料やミジンコ・ゾウリムシなどの生き餌を併用すれば問題ありません。

むしろ、青水単体よりもこれらの餌を与えることで、より丈夫に育てることができます。本格的に飼育や繁殖させたい場合は、青水を薄めに維持して、人工飼料や生き餌を適度に与えることが多いです。

青水からミジンコ飼育へのステップアップが可能!

ミジンコ

青水に多く含まれる植物プランクトンはミジンコの良い餌なので、少し成長した稚魚や成魚のために、ミジンコへステップアップするのも良いですね。

青水で飼育すると、簡単に増やすことができますし、栄養価も高いので、おすすめです。ただし、ミジンコを入れると、すぐに青水ではなくなってしまうので要注意。

餌がなくなるとミジンコの数も次第に減っていき、維持することが難しくなります。そうならないためにも、ミジンコとは別に青水単体の容器を作っておくことをおすすめします。

ミジンコが入った容器の青水が薄まっても、その都度青水を補充することができます。

まとめ:青水(グリーンウォーター)の作り方の基礎編!メダカなどに最適な濃度とは

青水は、メダカや金魚の稚魚の餌にもなる植物プランクトンを多く含んでいるので、稚魚期の飼育水を青水にすることも少なくありません。

効率よく青水を作りたい場合は、

  • 濃縮クロレラから作る
  • 自然に作る

この2つから、実践しやすい方法で作ることをおすすめします。

ただ、濃すぎても良くないので、水換えをして薄めに調節することが大切です。良質な青水は稚魚の健康にも良いので、飼育に役立ててみてください。