トロピカ-初心者向けアクアリウム、熱帯魚水槽、金魚、メンテナンスの情報メディア

フォローする

45cm水槽特集!最適な熱帯魚の数から機材をご紹介!水量も豊富です!

45cm水槽には大きな魅力があることをご存知でしょうか。

あまり注目されにくいサイズではありますが、45cm水槽が好きなアクアリストは多いとおもいますし、筆者も非常に好きな水槽サイズです。

60cm水槽より横幅が無いため、45cmだと小さいイメージを持たれるかもしれませんが、奥行きと高さも45cmある45cmキューブ水槽はじつは水量が多く、そして迫力ある水景を作ることができます。

ここでは、45cm水槽の魅力について解説していきます。

45cm水槽の魅力

30cm水槽だと少し小さい、60cm水槽だとちょっと大きいという方にうってつけの水槽です。

30cmの場合、空間を空けて奥行きを演出する水槽レイアウトを作るのは、なかなか難しいものです。

しかし、45cm水槽の場合は30cmより10cmも余裕があるため、空間を上手に使いながら凹型構図に挑戦しやすくなります。

そして、意外にも45cm水槽用のアクアリウム用品はたくさんメーカーから販売されていますので、数ある水槽用品から選ぶこともできます。

さらに、人気サイズの45cmキューブ水槽に至っては、60cmスタンダード水槽(横幅60×奥行き30×高さ36cm)よりも水量も多く、横幅として場所を取らないため、省スペースで迫力ある水景を作りたい方にとって最適です。

45cm水槽は、横幅を抑えたいけど本格的な水景を作りたい方にとっては、最高の水槽となります。

45cm水槽に最適な熱帯魚

45cm水槽に最適な熱帯魚ですが、45cmキューブ水槽ならばゴールデングラミーやマーブルグラミー、エンゼルフィッシュなどの中型熱帯魚も飼育することが可能です。

また、普通の45cmスタンダード水槽で、ネオンテトラサイズの熱帯魚を最大何匹程度入れられるかと気になる方もいるとおもいます。

仮に45cm水槽の高さと奥行きがともに30cm仮定した場合、水槽水量は約40リットルです。

もし、1リットルに対し1匹と設定すれば、最大40匹近くも飼育することができます。

あくまで最大なので、ベストな所で言えば30匹程度に抑えていただくことがおすすめですが、30匹となればなかなかの数を飼育することができるとおもいませんか。

さらに、これが45cmキューブ水槽ともなれば、90リットル近くの水槽水量となるため、最大90匹近い小型熱帯魚を飼育することができます。

30cm水槽では小さい、60cm水槽では大き過ぎるといった方にとって、45cm水槽は、飼育する熱帯魚の数としても十分満足できる方も多いはずです。

45cm水槽に最適な水槽機材

45cm水槽に最適な水槽機材をいくつかご紹介していきます。

45cmスタンダード水槽

寿工芸 プログレ450 5点 LED

30cm水槽では小さい、60cm水槽では大きすぎるといった方にとって最適な水槽サイズです。

その場合は、まずこちらの水槽セットを購入することで、アクアリウム初心者の方は導入しやすいでしょう。

1つ1つ水槽機材を選ぶことが難しい、または面倒だと思う方にとって水槽セットは非常に楽です。

そして、ただ楽なだけでなく多くの水槽セットは、一般的な熱帯魚を飼育するには問題ありませんので、はじめの導入としておすすめです。

45cmキューブ水槽

寿工芸 寿工芸 コトブキ レグラスフラット F-450EX

45cmキューブ水槽は、セットがほとんど無いため水槽機材をすべて選んでセットしていくことになります。

水槽管理に自信が無い方は、専門店にアドバイスを聞きながら購入すると良いでしょう。

45cm水槽用ろ過フィルター

テトラ (Tetra) オートワンタッチフィルター AT-60

45cm水槽用ろ過フィルターのなかで、設置と管理がとても簡単なろ過フィルターです。

45cmキューブ水槽の場合は、エーハイムの外部式ろ過フィルターがおすすめですが、スタンダードの45cm水槽であれば、外掛け式フィルターで十分熱帯魚を飼育することができます。

45cm水槽用照明

ゼンスイ LED PLUS ストロングホワイト 45cm

45cm用の水槽照明も充実しています。

一般的な熱帯魚を飼育するだけでなく、水草の育成に定評のあるゼンスイ社のLED照明がおすすめです。

LED照明に拘りが無い方は、ゼンスイ社のストロングホワイトを選べば間違いないでしょう。

なお、45cmキューブの場合で水草を育成させるのであれば、2本設置することをおすすめします。

45cm水槽用ヒーター

ジェックス セーフカバーナビパックSH160 【水槽用品】 【ペット用品】

45cm水槽でも水槽水量がさまざまなので注意が必要です。

水槽水量が64リットル以下の45cm水槽であれば、GEX社のナビパック160がおすすめです。

もし、45cmキューブ水槽に使う場合は、ワンランク上のナビパック220がおすすめです。

使い方も簡単で、他メーカーと比較し安価です。

ただし、水槽用ヒーターは使い方や設置環境により消耗が激しいため、定期的に交換するようにしましょう。

まとめ: 45cm水槽特集!最適な熱帯魚の数から機材をご紹介!水量も豊富です!

いかがでしたか。

45cm水槽の魅力について解説しました。

横幅だけ聞くと、大きさを感じさせないと思いがちですが、45cmでも奥行きと高さを兼ね備える45cmキューブ水槽となれば迫力あるアクアリウム水槽を作ることができます。

これから新水槽を設置することを考えている方で水槽サイズ迷われている方は、是非45cm水槽も検討してみてください!