トロピカ-初心者向けアクアリウム、熱帯魚水槽、金魚、メンテナンスの情報メディア

フォローする

エアレーションが必要な水槽ってどんな状態?濁り・臭いなどから確認しよう

00金魚やメダカなどアクアリウムではエアレーションなしで飼育できる生き物は多いです。しかし生き物の種別ではなく、水質の維持管理をするえでどうしてもエアレーションが必要になる水槽があるのを知っていますか?

エアレーションを必要な状態になってしまったときに起こりやすい現象は、次の5つが考えられます。

  • 水面に油膜が張る
  • 飼育水の白濁り
  • 魚が鼻上げをする
  • 飼育水の生臭いにおい
  • 水温が高い状態

水草水槽に使用するときには、CO2の添加状況により注意が必要です。わかりやすい症状が起こっている水槽にエアレーションを使うと、飼育水の活性化・育てている生き物の発育を促進しやすくなるというメリットを得ることができるんです。

エアレーションが必要な水槽とは

水作 水心 SSPP-3S

基本的にエアレーションが必要な状態になっていると考えられる水槽では、水質悪化が起きている・酸欠状態になっていることがほとんど。よく見られる特徴で分けてみると、5つの状態が浮かんできます。

油膜が張っている

メダカや熱帯魚などをはじめとした水棲生物の水槽で、餌のやりすぎなどで水面に油膜が貼ってしまってなかなか改善できない、なんて現象に当たったことのあるアクアリストは多いでしょう。水面に油膜が貼っている場合は、水中で一度増えたバクテリアが酸素不足に陥ってしまい、酸欠死しているのが原因となっていることもあります。

軽度の場合は水換えをすることで症状を改善できることもありますが、水中に酸素を加えることでバクテリアの酸欠と油膜を防ぎやすくなりますよ。

ちなみに似ているものに、池や沼でよくみられる油膜状のものああります。これは土の中に生息している細菌『鉄バクテリア』というもので、鉄バクテリアの作り出している油膜の場合は、油臭いにおいはなく、触ると油膜が割れてしまって元の形状に戻ることがないという特徴があります。

なお、油膜はフィルターの水流の向きを調整することでも、解消できることがありますよ。

エーハイム ナチュラルオーバーフローパイプ

外部フィルターなら、このようなパイプを上向きに取り付けることで、水面の揺れをやさしく増やして解消できます。

水が白濁りしている

水槽立ち上げ時などによく問題になる『飼育水の白濁り』は、アンモニアが真っ先に原因としてあげられます。飼育してある程度の期間が経過しているのであれば、白濁りが起きてしまう原因は、ゴミまたはバクテリアの死骸が水槽内で舞い上がって水が白く濁って見えているんですよ。

水中に酸素が少ないためバクテリアの大量死が起こった、ろ過能力が足りない・低下してしまうことで起こることがほとんどです。

魚が鼻上げしている

水面近くまで魚が上がってきて、口をパクパクさせる行為、餌をおねだりしていると思っていませんか?

実際、おねだりの事が多いですが、このように魚が水面で口をパクパクする『鼻上げ行動』を見せるときは、水槽内の酸素がかなり少なくなり深刻な状況になっていることも。『鼻上げ』とは魚が水面に顔を出して、口をぱくぱくさせて空気を吸っているように見える状態で、水中に必要な量の酸素がないめ空気を取り込んで補給しようとするしぐさです。

見分け方としては、餌のおねだりは動きを止めることがありますが、鼻上げの場合は断続的に行ったり、魚の元気が無かったりします。

ベタのようなラビリンス器官のある魚なら、空気中の酸素を取り込むことができますが、一般の魚は空気中から酸素を取り込むことができないため、鼻上げ状態が長時間続くと窒息死してしまうことも。

そのためろ過フィルターが目詰まりなどなくしっかりと機能している状態かどうか、水槽内でしっかりと水流ができていてよどみがないかを確認し、必要ならエアレーションを飼育環境に取り入れて水中に十分な酸素を補給してあげる必要があります。

飼育水が生臭い

水槽内の飼育水からどぶ臭い、何ともいえない生臭い臭いがするようになっているのであれば、水槽の中によどみができてしまい嫌気性バクテリアが増えていることが原因となることもあります。

ろ過フィルターの水流を調整することで水槽の中で水がよどんでいる場所ができないように工夫したり、水槽内にエアレーションをプラスすることで嫌気性バクテリアの増殖を防ぎやすくなりますよ。

どうしても臭いが取れない場合は、活性炭をろ過フィルター内に忍ばせるのがおすすめです。

ヒカリ (Hikari) ブラックホール 徳用 60cm水槽用 5回分

おすすめの活性炭はこちらで特集しています!

水温が高い

夏はどうしても外気温が高くなって日差しも強いので、飼育水の水温が上がってしまう日が続きますよね。飼育水の高温状態が続くと、水中に含まれる酸素の濃度を示す溶存酸素量が下がってしまう傾向にあるので、生き物が酸素不足になりやすいという特徴があります。

エアレーションを取り入れることで、生き物・バクテリアにとって必要不可欠な酸素の不足を解消し、酸欠死を防ぐことができますよ。

エアレーションが水槽に与えるメリット

エアレーションを飼育水槽で使用することの一番のメリットは、『水槽内で水流をつくり、酸欠を防ぐ』こと。しかしそれ以外にも2つのメリットがあるんです!

エアレーションについては、こちらのページでも解説しているので、もっとエアレーションについて知りたいのならチェック!

飼育水の活性化

エアレーションを入れることで酸欠を防ぐと、アンモニアを分解してくれる『好気性の硝化バクテリア』の動きが活発になっていき、水質を改善することが期待できるんですよ。

好気性バクテリアが増えれば、病気を引き起こしやすい嫌気性菌を抑制できますし、実際に良い水のできた水槽の魚は、病気にもなり難いと感じます。

バクテリアについてやその働きについて詳しく知りたい人は、こちらの記事をチェック!

生体の発育促進

エアレーションを使い水中の酸素量が増えることで、飼育している生き物の動きが活発になり、発育を促す効果も期待できるんです。金魚でよく知られていますが酸素量の多い飼育水で育てた場合、極端な例だと通常の倍以上の大きさになることも。

熱帯魚や金魚などでわかりやすいのですが、酸素量の多い水で飼育することで体格がよく丈夫に育ってくれますよ。

水草水槽へのエアレーションは注意

生き物にとってメリットが大きいエアレーションですが、水草をメインに育てている水槽での使用は少し注意が必要。CO2添加をして水草を育てている場合、エアレーションで酸素を供給することでせっかく添加したCO2が逃げてしまうというデメリットがあるんです。

そのため基本的にCO2添加している水槽には、エアレーションは不向きと考えてください。

水草飼育をメインにしている水槽でのエアレーションについては、こちらの記事で解説していますよ。

まとめ:エアレーションが必要な水槽ってどんな状態?濁り・臭いなどから確認しよう

油膜が張る・飼育水の白濁り・魚の鼻上げ・飼育水が生臭い・水温が高い、といった状況ならエアレーションが必要な水槽になってしまっているのかもしれません。

エアレーションが必要な状況に陥ってしまったときは、飼育の基本となる水槽メンテナンスもしっかりとおこなったうえで、エアレーションを使いましょう。そうすることで水槽内の環境を改善しやすくなり、生き物・バクテリアが育ちやすい環境を作りやすくなります。

ただし水草をメインに育てている水槽の場合でCO2添加しているときは、エアレーションを使うのは避けたほうが無難でしょう。

自宅水槽の環境をしっかりと把握して、生き物や水草の過ごしやすい環境を作ってあげてくださいね。