トロピカ-初心者向けアクアリウム、熱帯魚水槽、金魚、メンテナンスの情報メディア

フォローする

【覚えると得】育成が簡単な水草と難しい水草の違い!やさしく解説します

アクアリウム界ではさまざまな水草が水槽レイアウトなどに使用されていますが、アクアリウム初心者さんの場合、どの水草が育てやすいのかわからないことが多いですよね。

育成が簡単な水草には共通する特徴が3つあります。

  • 強い照明が無くても育つ
  • CO2添加をしなくて良い 
  • 特別な肥料を必要としない

逆に育成が難しい水草の特徴は次のようなものになります。

  • 水槽など育成のための設備にハイレベルなものが必要
  • 長い照明時間が必要
  • 水質や養分の見きわめが難しい

今回は育成が簡単・難しい水草の特徴とその代表的な水草をいくつかご紹介しますので、水草選びの参考にしてくださいね。

育成が簡単な水草の特徴

まず最初は、アクアリウム初心者さんでも育成が簡単といわれる水草の特徴から見ていきましょう。ポイントは「光」、「CO2(二酸化炭素)」、「肥料」の3つ。アクアリウム初心者さん向きといわれるほど育成が簡単な水草は、「必要とする栄養分・光が少ない、CO2(二酸化炭素)なしでもOK」というのがポイントです。

水草が育つのに必要なもののレベルが低く、成長が遅いものともいえますね。成長が遅いとトリミングする回数も減るので、育成がぐんと楽になります。

強い照明が無くても育つ

まず第一に水草に必要な光量が少なくても育ちやすいというところがポイントになります。強い光が必要な場合、水槽用の照明で光量を調整しなければなりませんが、光量が少なくて済む場合は自然光や室内の照明程度のものでもOKなことが多いです。

CO2添加をしなくて良い

ふたつめは光と共に光合成に必要なCO2(二酸化炭素)の量。一般的に育成が簡単といわれている水草は、水槽内に熱帯魚やエビなどの生き物がいるだけで、必要なCO2を賄えることが多いです。

逆に育成が難しい水草の中には、水槽内の生き物の出すCO2だけでは足りず、CO2を添加しなければならないものが多い傾向にあります。

特別な肥料を必要としない

水草を育成するにはどんなものでも特別な肥料が必要だと思っていませんか?

アクアリウム初心者さんでも育成しやすいといわれる水草の場合、飼育している熱帯魚やエビ類などの餌の食べ残しやフンから出る成分が肥料代わりになり、わざわざ肥料を追加しなくても育ちやすいものが多いです。

だからといって日ごろの水槽メンテナンスをさぼっていると、水草が栄養を吸収しきれない場合は、水質悪化が進んでしまうのでメンテナンスは必要ですよ。

育成が簡単な水草例

育成が簡単な水草の代表的なものにはアナカリスなどがあげられますが、ここでは3つご紹介します。

アヌビアス・ナナ

(水草)巻きたて アヌビアスナナ付 溶岩石 S(7~10cm)(1個)

アヌビアス・ナナはアクアショップなどで、アクアリウム初心者さんに対して育成しやすいとおすすめされやすい水草です。サトイモ科でアフリカ大陸で生育しているんですが、「アヌビアス・ナナ・ミニ」などのような改良品種がたくさん作られています。

丈夫という点もさることながら、日陰でも育成可能・CO2の添加不要ですし、熱帯魚などの生体を同じ水槽内で飼育しているのであれば、フンなどから肥料になる栄養が水中に出るため追肥の必要もありません。

ただ成長が遅く葉の部分にコケがつきやすいため、コケ対策にエビ類やオトシンなどの生体を入れる人が多いです。

アヌビアス・ナナについて詳しく知りたい人はこのページをチェック!

マツモ

(水草)国産 無農薬マツモ(10本)

トロピカ内のほかの記事でもメダカや金魚などに向いていることや、アクアリウム初心者向け・育てやすいということで紹介されているマツモ。国内で自生しているものもあり、国内で古くから慣れ親しまれてきた水草のひとつです。

こちらも低光量でCO2添加なしでOK、私が水槽に入れていたときは放置していても夏場に2~3日で10cm以上伸びたこともあります。

伸びすぎたものをカットしてそのまま水槽にいれておけば、簡単に増えますし、脇芽もでやすいため増やしやすいです。

マツモの育て方など詳しく知りたい方はこちらをチェック

ウィローモス

(水草)育成済 ウィローモス 備長炭 DX(無農薬)(1個)

熱帯魚だけでなくエビ水槽にぴたったりなウィローモス。産卵床やエビの隠れ家作りなどにも活躍してくれ、水槽レイアウトでは岩や流木などに巻き付けて使われることが多いですよね。

こちらの水草(正式にはコケの仲間ですが)も、低光量・CO2なし、追肥不要という環境でもよく育ってくれますよ。

ウィローモスについて詳しく知りたい方はこちらをチェック!

育成が難しい水草の特徴

ここからは育成の難しい水草についてお話ししていきます。育成が難しいとされる水草は、光や肥料、CO2などを求めるレベルが高く、さらに水質にも注意する必要があります。グリーンよりもレッド系の水草の方が、必要とするものが多く育成難易度が高いです。

ハイレベルな設備が必要

育成の難しい水草は必要とするものが多いため、水槽設備もそれなりにハイレベルなものが必要となってきます。

  • 水草育成用の照明器具
  • CO2添加装置
  • ソイル
  • 液肥や固形肥料 

上記のようは設備や肥料が必要になってくるため、それなりに初期費用・維持費がかかります。

水草飼育に最適な水質や、必要な機材などについてはこちらのページを参考にしてください。

長い照明時間が必要

育成が難しい水草は強い光が必要なものが多いですが、その中でも赤系のものは照射時間が8時間では足りないんです。種類によっては1日約11~12時間の照射時間が必要になるものもあるんですよ。

そのため水槽に導入しようと思っている水草があるのであれば、光量だけでなく照射時間も考慮して育成が難しいかを見極める必要があります。光の照射時間が長くなれば水槽内にコケも発生しやすくなるので、オトシンやエビなどコケ対策の生態やコケ除去剤などの導入を考える必要もでてきます。

水質や養分の見きわめが難しい

育成難易度の高い水草は、たくさんの肥料を必要とするものも多いですし、水質にうるさい品種もあります。しかし残念ながら水中の肥料の量や水質は肉眼ではわからないもの。

水質チェッカーを使えば水質の傾きはわかりますが、肥料が必要かどうかは育成者が水草の状態を確認して判断するしかなく、飼育水の中に含まれている栄養分の比率があわずに、枯れてしまうなんてことも珍しくありません。

またレッド系のものは、葉の色を綺麗に出すためには鉄分の追肥が必要ですし、リンや窒素、カリウムといった成分の有無も重要なポイントになってきます。

育成が難しい水草例

それではここからは育成が難しい水草の代表的なリシアやアポノゲトンなどをご紹介していきます。

リシア

(水草)リシア(無農薬)(1パック分)

アクアリウム水槽内では、前景として利用されることが多いリシアですが、本来は浮草のため水槽内に沈めるためには金網などに固定して浮かないようにするなどといった手間がかかります。設置時にきっちり浮かないようにレイアウトしても成長するに従い、浮力(浮く力)が強くなるため、定期的にセットし直さなければなりません。

育成では光量とCO2が必要で、充分に光合成をおこなえないと綺麗な発色も難しくなりますし、ゆっくりと成長するためコケが付きやすいというポイントもあります。

リシアについてはこちらのページを参考にしてくださいね!

アポノゲトン

海水水槽にありそうな、ワカメに似た形状の葉を持つアポノゲトン。ちょっとマニアックな分類になる水草ですが、透明感のある色合いが人気です。光量が少ないと調子が悪くなりやすいですし、肥料を多く必要とするため追肥が必要、水流を好むという特徴があります

アラグアイア・レッドロタラ

(水草)アラグアイア レッドロタラ(水上葉)(無農薬)(10本)

控えめな赤い色合いが水槽内を明るくしてくれるアラグアイア・レッドロタラは、水槽レイアウトなどにもよく使用されていますが、ソイル・CO2添加は必須。強い光も必要で、綺麗に発色させるためには追肥も必要です。

まとめ:【覚えると得】育成が簡単な水草と難しい水草の違い!やさしく解説します

アクアリウム初心者さんは、自宅水槽で育成しようと考えている水草が熱帯魚やエビ類などに合うかだけを重点的に考えがちです。しかし水草の育成難易度が高いものは光やCO2、肥料(追肥)などが必要になってきます。

まずは育成難易度の低いもので、飼育する生き物にピッタリなものをチョイスしたほうが、失敗しにくいですよ。

アクアリウム初心者さん向けの水草や水草水槽に必要な設備については、こちらのページを参考にしてくださいね。

シェアする

フォローする