トロピカ-初心者向けアクアリウム、熱帯魚水槽、金魚、メンテナンスの情報メディア

フォローする

ベタの色がくすんできた!原因と色揚げの方法!鮮やかな体色を保つには!

ベタは飼い込むにつれ、体色に劇的な変化が現れることもあります。色鮮やかな状態になってくれればいいのですが、ときには体色がくすんでくることも。

色がくすんでくると「老齢なのかな?」と思ってしまう、ベタ飼育初心者さんがいるかもしれませんね。しかし、ベタの体色がくすむ理由は年齢だけでなく、次のようなものが原因になっている可能性があります。

  • 水質が合わない
  • 栄養不足
  • 水温が低い
  • 水流が強い 

またくすんだ体色を改善するには、原因を解決しつつフレアリングで体力を上げることで、鮮やかさを取り戻すこともあります。

今回はベタの体色がくすむ原因と、鮮やかな色を保つコツについてお話ししていきます。

ベタの体色がくすむ理由

ベタの飼育慣れしている人でも、色がくすむと老齢かと思うことありますよね。実際、私も過去に飼育していたベタは飼育年数が長くなると、色がくすんでくることが多かったです。しかし若いベタでも体色がくすんでくる理由には、年齢以外にも次のようなものがあるんです。

水質があっていない

ベタの体色がくすんでくる理由には、老齢というだけでなく、ストレスなどさまざまな説があります。しかし若いベタの体色がくすむ理由を考えると、基本的なことなのですが「水質があっていない」ということが多いです。

これも意見が分かれるところなのですが、一般的にはベタが得意とする水質は弱酸性といわれています。しかし色を出すためにブリーダーやベタ専門のファームなどでは、中性~弱アルカリ性の水で飼育していることもあるんです。

実際、飼育水に少し塩を入れると元気が出るという飼い主もいるほど(ちなみに私は塩を入れる派です)で、弱アルカリ傾向の水でも飼育は可能です。

色がくすむ・黒くっぽくなってきたと思ったら、水質を見直してみることをおすすめします。

ただ、先述したようにベタは成長や年齢で体色が変化することも珍しくないので、その点も注意して育てているベタに適切な水質調整をおこないましょう。

ベタに合う水質など基本的な飼育方法については、この記事をチェック!

栄養不足

B-blast 究極の餌 ベタ用 10g ベタ 顆粒

ベタの体色は、必要な栄養が不足しているときも薄くなってきたりくすんできます。水質の見直しとともに、高栄養・高たんぱくな餌をあげることで、ゆっくりと色のくすみが改善していきます。

栄養不足の解消や色揚げなどを考えるのであれば、「ひかりベタアドバンス」「B-blast究極の餌ベタ用」などがおすすめですよ。

ベタの餌については、この記事もチェックしてくださいね!

水温が低い

ジェックス ベタヒーター SH10 観賞魚用ヒーター

ベタは原産地が日本と比べると温かい地域なので、飼育環境でもやや高温(27℃前後)の環境を好む魚です。水温が低くなるとベタの活性が下がってしまい、体色もくすんできてしまうです。

ある程度の水量がある飼育容器や水槽で耐熱性のあるものであれば、温度調整機能のついた水槽用のヒーターを使って温度を一定に保つことで、水温原因による体色のくすみを防ぎやすくなりますよ。

トロピカがおすすめする、ベタ用ヒーターについてはこの記事をチェック!

水流が強い

オスベタの場合、大きなヒレを持っていることもあって、水流に弱いです。もともと水流の弱い場所や、水流がなく水溜まりのようになっている場所に生息している魚なので、飼育環境でも強い水流だと必要以上に体力を消耗し、弱ってしまうこと。

また水流が強すぎることがストレスになってしまい、気力・体力ともに低下して、体色がくすみやすくなってしまいます。

水槽飼育の場合、ろ過フィルターを使用する人が多いですが、排水口の水流を調節してあげましょう。ただ、今まで強い水流だったものを急激に弱めてしまうと、水中の酸素が減ってしまって、油膜ができてしまうこともある点は注意ですよ!

水流を弱めるにはろ過フィルターから流れ出る水の当たるところに、浮草を水面に浮かべたりマツモなど葉が柔らかくベタのヒレを傷つけない水草を入れ、緩衝材にするという方法もあります。

フレアリングで鮮やかな体色になる!?

これはベタ飼育初心者さんや、アクアリウム初心者さんにとっては意外に思うかも?

ベタのフレアリングはオスベタの大きなヒレが癒着するのを防ぐ効果がありますが、体色がくすむのを防ぐのにも役立つんです。

ベタの体が活性化すると体色が戻りやすい

フレアリングは人間に例えると、ジムなどで体を鍛えるのと同じようなもの。そのためベタの体液(人間で例えるなら血液)が体の隅々までしっかりと流れます。その結果、体内で必要な栄養や酸素が十分供給されるので、体色がくすむのを防ぎ、鮮やかさを取り戻しやすくなります。

体色がくすんでいるベタが、フレアリング後に気持ち色が綺麗になっている?と思ったら効果が出てきている証拠と考えてよいでしょう。

やりすぎは逆効果

ベタに体力をつけ、活力UPもできるフレアリング。しかし何事もやりすぎは禁物なのは人もベタも同じ。フレアリングのし過ぎは、ベタにとって激しく体力を消耗するだけでなく、大きなストレスになってしまいます。フレアリングは、1日3~5分程度にしましょう。

広い水槽での飼育がおすすめ

ジェックス サイレントフィット300 水槽セット 静音・省電力フィルター付

一般的にベタは小さな容器で飼育できると言われていますよね。トロピカでも、過去にベタのボトル飼育についての記事を作成しています。

実際、ベタは小さな容器で飼育することは可能ですが、アクアリウム初心者さんの場合、水質維持が難しいですし、やはり元気にのびのびと育てるのであれば、水槽での飼育がおすすめです。

水槽飼育でのメリットや、小さな飼育容器で飼育するメリットについては次のようなものがあります。

水質・水温を保ちやすい

アクアリウムメーカー各社から、ベタ専用の小さな飼育容器や水槽セットが販売されていますよね。しかし小さな飼育容器だと、1匹飼育で水量が2.1くらいのものが多いです。

1匹でも元気にのびのびと育てたいのであれば14L(30cm規格水槽で約13L)くらいの水量があったほうが、アクアリウム初心者さんやベタ飼育初心者さんでも、水質の維持がしやすく健康に育ってくれますよ。水温も専用の小さな容器より維持しやすく、広い場所でゆったりと過ごせるため、発色も豊かになり良い状態を維持しやすいです。

10L以下の飼育容器は観賞用に適している

テトラ (Tetra) テトラ 静かなベタ飼育セット SF-17BF

まとめ:ベタの色がくすんできた!原因と色揚げの方法!鮮やかな体色を保つには

アクアショップなどでひとめぼれして購入したベタでも、色がくすんでしまうとがっかりですよね。色がくすんできたな、と思ったら、今回お話ししたポイントを振り返ってみて、飼育環境や餌を変えてみたり、フレアリングで体力を付けるなどの色揚げ方法を試してみてください。

小さな容器でも飼育が可能な魚ですが、しっかりとくすみのない色を出したいなら、最低でも14Lくらい(規格水槽で30cmサイズ程度)の飼育容器で飼育しましょう。

「色がくすんで汚くなったからいらない」そんなこと言う人は、この記事を読んでいないと思いますが…。

飼育しているベタと出会ったのも、きっと何かのご縁です。一度飼育すると決めたなら、最後まできちんとお世話してあげてくださいね。