トロピカ-初心者向けアクアリウム、熱帯魚水槽、金魚、メンテナンスの情報メディア

フォローする

杠葉 狼一覧

アクアリウムの流木特集!水槽レイアウトにおすすめの種類を解説・ご紹介

アクアリウムの流木特集!水槽レイアウトにおすすめの種類を解説・ご紹介

熱帯魚飼育や両生類・爬虫類飼育、ネイチャーアクアリウムなどの飼育でも使われている流木ですが、「自然流木」や「枝状流木」といった種類があり、アク抜きなどの処理が必要ですが、インテリアとしてピッタリな水槽を作ることができます。今回はアクアリウムで使用されることの多い、流木の種類について説明してきます。

ザリガニにおすすめの餌とは!与える量は?食べない場合は?疑問を解説!

ザリガニにおすすめの餌とは!与える量は?食べない場合は?疑問を解説!

ザリガニは雑食性の生き物なので、野性環境下では生きている小魚やイトメなどはもちろん、水草なども食べることがあります。成長するために脱皮を行いますが、しっかりと硬い外殻を作りきちんと脱皮するためには、カルシウムは必要不可欠。今回はザリガニ飼育をする上で、おすすめの餌を8種類ご紹介していきます。

メダカには省エネヒーターがおすすめ!省エネヒーターの特徴と商品5選!

メダカには省エネヒーターがおすすめ!省エネヒーターの特徴と商品5選!

アクアリウムで使用するヒーターは、機材の中で一番ランニングコストが高いのですが、最近は省エネヒーターが販売されています。飼育容器の水量が少なくても使用でき、電気代が安く本体サイズがお手頃とメリットが多いです。今回は省エネヒーターについてや、メダカ飼育でおすすめな省エネヒーターを5つご紹介していきます。

水槽の『フランジ』は必要?ヒビが入ったら使えない?機能と疑問を解説

水槽の『フランジ』は必要?ヒビが入ったら使えない?機能と疑問を解説

水槽に取り付ける『フランジ』には、開口部の『フランジ』と水槽の中央付近を横断する『センターフランジ』があります。フランジの主な機能には、水槽内部からの水圧への耐性をUPさせ、水漏れや生き物の脱走防止といったものがあります。今回は水槽のフランジの機能などについて解説していきます。

熱帯魚アクアリウム業界で働きたい!ショップ?問屋?就職先をまとめました

熱帯魚アクアリウム業界で働きたい!ショップ?問屋?就職先をまとめました

世の中にはさまざまな職業がありますが、趣味や鋤なことを仕事にと、誰もが一度は考えることでしょう。しかしアクアリウム業界への就職はどうしたらよいのかと、悩む人も多いです。そこで今回はアクアリウム業界の就職経路や、主な就職先についてお話ししていきます。

共生ハゼを飼ってみよう!飼育方法と混泳エビの組み合わせ!底砂は?

共生ハゼを飼ってみよう!飼育方法と混泳エビの組み合わせ!底砂は?

ハゼの仲間はいろいろな種類がいますが、「共生ハゼ」はエビと一緒に暮らしているハゼのこと。有名な組み合わせにはテッポウエビとネジリンボウやギンガハゼの組み合わせがあります。今回はエビと共生ハゼを飼育するときのおすすめの組み合わせや、飼育の注意点などについてお話ししていきます。

ウールマットのおすすめ種類とメーカー!バクテリアや汚れに良いマットとは

ウールマットのおすすめ種類とメーカー!バクテリアや汚れに良いマットとは

ろ過機で使用するウールマット、シートタイプだけだと思っていませんか?実はウールマットと一口に言っても、成型タイプやシートタイプどの形状があり、いくつかの種類があります。今回はろ過機で使用するウールマットの種類やその特徴の解説と、おすすめのウールマットを4つご紹介していきます。

アクアリウムオーナメントおすすめ10選!迫力のオブジェで簡単本格レイアウト

アクアリウムオーナメントおすすめ10選!迫力のオブジェで簡単本格レイアウト

アクアリウムの水槽レイアウトで使うオーナメントには、水槽レイアウトの質の向上や生き物の隠れ家を作るというメリットがある反面、形状や穴のサイズ、素材、設置場所に注意しなければなりません。今回は水槽レイアウトでオーナメントを使用するメリットや注意点、おすすめのオーナメントを10個ご紹介していきます!

プラスチック水槽とは!手頃な小型水槽セットからFRPなど強化素材を解説

プラスチック水槽とは!手頃な小型水槽セットからFRPなど強化素材を解説

プラスチック製の水槽は軽く大きな割れを起こしにくい反面、透明度が素材に左右されやすく傷付きやすいです。しかし「FRP(強化プラスチック)」素材なら、頑丈なので錦鯉のような大量の水量を必要とする生き物の飼育も可能なんです。今回はプラスチック水槽の特徴と、おすすめのプラスチック水槽をご紹介していきます。

ビーシュリンプの飼育方法!小型シュリンプの飼育環境・脱皮・抱卵を解説

ビーシュリンプの飼育方法!小型シュリンプの飼育環境・脱皮・抱卵を解説

ビーシュリンプの飼育がうまくいかないときは、飼育環境を見直しましょう。基本的な飼育環境だけでなく、エアレーションの有無や、相性の良い底砂・水草を選ぶことがポイント。脱皮や抱卵時の対応も大切なポイントです。今回はビーシュリンプの飼育の基本的な環境から、脱皮・抱卵までを解説していきます。

ガラス水槽とアクリル水槽どっちが安い?重さは?大きさと板厚と価格の関係

ガラス水槽とアクリル水槽どっちが安い?重さは?大きさと板厚と価格の関係

アクアリウムで使用する水槽は「ガラス製」と「アクリル製」がメインですが、その違いわかりますか?ガラス水槽・アクリル水槽共にそれぞれ特徴があり、同じ規格水槽でも、板厚や重さ・価格が異なります。今回はガラス水槽とアクリル水槽の特徴や重さなどの違いと、価格の差などについてお話ししていきます。

グッピーが死んだ!成魚・稚魚が突然死んでしまう4個の原因と対策を解説

グッピーが死んだ!成魚・稚魚が突然死んでしまう4個の原因と対策を解説

今まで元気だったグッピーが突然死んでしまったり、やせ細って死んでしまった、なんて経験ありませんか?このような場合はpHが合っていなかったり餓死などの原因があるはずです。この記事では、グッピーが突然死んでしまう原因や、死なせないための対策などについてお話ししていきます。

こんな形はできるの?特殊水槽とは!販売している場所やオーダーメイド!

こんな形はできるの?特殊水槽とは!販売している場所やオーダーメイド!

イベント会場や水族館、ホテルなどで使用されることのある多角形や仕切りが付いている「特殊水槽」は、市販されておらずほとんどがオーダーメイドなんです。今回はこの特殊水槽に対して施すことのできる加工について、東京アクアガーデンのオーダーメイド水槽を例にご紹介していきます!

熱帯魚が死んだ時に浮く理由と沈む理由!魚が死ぬとどうなるのかを解説!

熱帯魚が死んだ時に浮く理由と沈む理由!魚が死ぬとどうなるのかを解説!

魚は死んでもすぐに水に浮くことはなく、死後に体内に発生したガスが原因で浮いてしまうことがほとんど。餓死や老衰の場合は沈んでいます。死んだ魚を見つけたら、他の魚が食べたり、病原菌の発生を防ぐためにすぐに取り除きましょう。今回は魚が死んだときに浮く・沈む理由と死ぬとどうなるかについてお話ししていきます。

上部フィルターのしくみ!水槽にあわせて選ぶ注意点やメリットデメリット

上部フィルターのしくみ!水槽にあわせて選ぶ注意点やメリットデメリット

上部フィルターには、酸素を取り込みやすくろ材内が嫌気性になりにくいというメリットがあります。しかし水音が気になる、チョウバエなどの虫がわきにくい、フレームレス水槽には設置できないというデメリットもあります。今回は丈夫フィルターのメリット・デメリットだけでなくその仕組みについても解説していきます。

1 2 3 4 14