トロピカ-初心者向けアクアリウム、熱帯魚水槽、金魚、メンテナンスの情報メディア

フォローする

上原巧一覧

金魚が弱ったとき!死なせないためにできる対処5選!治療から養生まで!

金魚が弱ったとき!死なせないためにできる対処5選!治療から養生まで!

金魚は比較的丈夫で飼育しやすい魚種ですが、環境や給餌法などが不適切だと弱ってしまいます。衰弱した金魚を養生させる際は、消化不良を起こしやすいことや、強い水流を嫌うことなど、金魚の性質を理解しておくことが重要です。ここでは、金魚が衰弱してしまった時に、死なせないためにできる対処法を5点あげ、それぞれの方法について解説していきます。

水槽のフタが汚ない!その原因と対策、お掃除方法をプロが解説します!

水槽のフタが汚ない!その原因と対策、お掃除方法をプロが解説します!

水槽のフタは観賞魚の飛び出し防止のために欠かせない物ですが、使用し続けていると汚れてしまいます。フタが汚れていると鑑賞性を損ねるだけでなく、不衛生な状態になってしまうので飼育している生体にとっても良くありません。ここでは、水槽のフタが汚れる原因と対策、フタの掃除方法を解説していきます。

アンモニアの影響とは!水槽内でのアンモニア被害や下がらないときの対策

アンモニアの影響とは!水槽内でのアンモニア被害や下がらないときの対策

アンモニアは生体の代謝で必ず発生し、硝化菌の養分になるものなので、アクアリウムにおいて切り離せない存在です。しかし、濃度が高くなりすぎると生体が死亡するなどの弊害が発生するため、しっかりと管理しなければなりません。ここでは、水槽内でのアンモニアによる悪影響や、アンモニア濃度が下がらない時の対処法などについて解説していきます。

グッピーの病気!白点病や尾ぐされ病など種類や治療薬を解説!塩は効く?

グッピーの病気!白点病や尾ぐされ病など種類や治療薬を解説!塩は効く?

グッピーは丈夫な魚種ですが、飼育環境の管理を怠ると病気になってしまうので注意してください。グッピーが病気になる大元の要因はストレスによる免疫力の低下があるので、水換えなどのメンテナンスをきちんと行うことはもちろんのこと、混泳相手にも気を付ける必要があります。ここでは、グッピーの病気について種類や治療法などを解説していきます。

ミナミやヤマト、エビがすぐに死ぬ?水質悪化など、よくある原因と対策!

ミナミやヤマト、エビがすぐに死ぬ?水質悪化など、よくある原因と対策!

ヤマトヌマエビやミナミヌマエビに代表されるエビ類はクリーナー生体として優秀で、特にコケ取りを主眼に導入されることが多いです。そんなエビ類ですが水質の変化に敏感なので、きちんと飼育環境を管理しないと魚は元気なのにエビだけが死ぬ、といった状況が起きてしまいます。ここでは、エビ類が死んでしまう原因と、その対策について解説していきます。

金魚が痩せた!病気?金魚のお腹がガリガリになってしまった時の対処法!

金魚が痩せた!病気?金魚のお腹がガリガリになってしまった時の対処法!

餌をあげているはずの金魚が痩せてお困りの方はいませんか。金魚が痩せてしまう原因は、病気・餌取りが下手・水温と水質が不適切の3点が主に考えられます。よって、金魚が病気になっていないか、環境は適切であるか、すべての個体が餌を食べられているか、などをチェックすることが重要です。ここでは、金魚が痩せてしまう原因と、その対処法について解説していきます。

メダカの品種改良を楽しもう!改良の歴史や自宅でもできる改良方法とは!

メダカの品種改良を楽しもう!改良の歴史や自宅でもできる改良方法とは!

メダカの品種改良に挑戦してみませんか。メダカは現在では人気の観賞魚ですが、そのきっかけは「楊貴妃メダカ」などの新しい改良品種の登場でした。品種改良は交配により行うことが基本で、メンデルの法則を理解してある程度狙った遺伝形質を発現させられれば、また違った世界が見えてきます。ここでは、メダカの品種改良の歴史や、入門者向けの簡易的な改良法をご紹介します。

金魚におすすめのろ過装置ベスト6!エアレーション効果も重視して厳選!

金魚におすすめのろ過装置ベスト6!エアレーション効果も重視して厳選!

金魚の飼育において溶存酸素量は重要なファクターです。溶存酸素を確保するためにはエアレーションを施すことが一般的ですが、フィルターからの排水を工夫することで、エアレーションと同等の効果を得られたり、その効果を向上させることが可能です。ここでは、金魚の飼育おいておすすめのフィルターを、エアレーション効果も期待できる物を中心にご紹介します。

かっこいい熱帯魚13選!水槽で存在感抜群な、中型魚などを厳選しました!

かっこいい熱帯魚13選!水槽で存在感抜群な、中型魚などを厳選しました!

熱帯魚には、天然に存在していることが不自然に思えるほどに色彩豊かな種類が存在しています。例えば、淡水魚ではテトラ系、海水魚ではヤッコ類などが挙げられ、そのような魚種は否が応でも目を引くので、生体メインのアクアリウムでは大いに活躍してくれます。ここでは、水槽内で存在感を発揮する中型魚を中心に、美麗でかっこいい熱帯魚をご紹介します。

金魚の消化不良が治らない!改善策と絶食の必要性!季節ごとの餌やりとは

金魚の消化不良が治らない!改善策と絶食の必要性!季節ごとの餌やりとは

金魚は基本的には丈夫な魚種なのですが、消化器官があまり発達しておらず、消化不良になりやすい一面があるので注意してください。消化不良になると痩せるだけでなく、各種病気にかかりやすくなるため、給餌は正しく行わなければなりません。ここでは、金魚の消化不良について焦点を当て、なりやすい理由やその弊害、改善策などを解説していきます。

採取した魚をそのまま水槽に入れてはいけない理由!危険性を解説します!

採取した魚をそのまま水槽に入れてはいけない理由!危険性を解説します!

採取してきた魚は、そのままメインの水槽に入れてはいけません。なぜなら、天然魚は病原体を保有していることが珍しくないうえに、人工飼料を食べないことが普通なので、餓死の危険があるからです。ここでは、採取してきた魚をそのまま水槽に入れてはならない理由と、採取魚を飼育する際に危険を回避する方法などについて解説していきます。

【初心者におすすめ】スポンジフィルターの選び方!おすすめ商品ベスト5

【初心者におすすめ】スポンジフィルターの選び方!おすすめ商品ベスト5

スポンジフィルターは、ろ過装置の中では安価な部類のため、手軽に導入できるメリットがあります。ろ過能力はあまり高くありませんが、小型の生体であればメインフィルターとして機能しますし、大型魚の飼育ではサブフィルターとして優秀です。ここでは、スポンジフィルターについて、特徴や選定方法、おすすめの商品などをご紹介します。

熱帯魚屋へ行くのはちょっとまった!新魚の受け入れ準備はしていますか?

熱帯魚屋へ行くのはちょっとまった!新魚の受け入れ準備はしていますか?

新魚の受け入れはしっかりと準備をしてから行いましょう。新魚は流通の過程で病気を保有していることがあり、いきなりメイン水槽に入れてしまうと病気が拡散する恐れがあります。また、先住魚が居る場合は相性を考慮しないと、激しく喧嘩する危険もあります。ここでは、新魚を受け入れる時の準備や注意点などについて解説していきます。

金魚に砂利は必要?砂利を敷くメリット、最適な大きさと砂利をつつく理由

金魚に砂利は必要?砂利を敷くメリット、最適な大きさと砂利をつつく理由

金魚の飼育において砂利はあってもなくても構わないのですが、砂利を敷くことで金魚のストレス軽減や、体色が褪せることを防止できるメリットが生じます。金魚水槽に砂利を導入する場合は、細かいものを入れてしまうと誤飲することがあるので注意してください。ここでは、金魚の飼育において砂利を敷くメリットとデメリット、おすすめの砂利などをご紹介します。

カラシンのおすすめ10選!多様な種類から初心者でもできる飼育方法を解説

カラシンのおすすめ10選!多様な種類から初心者でもできる飼育方法を解説

カラシン目は約1600種類が知られている淡水魚の一大グループです。代表的な魚種としてはネオンテトラが知られており、色鮮やかな体色を持ち安価、かつ丈夫で飼育しやすいため熱帯魚飼育の入門種としても最適です。ここでは、カラシンでおすすめの種類を10種選び、それぞれの特徴などを簡単に説明するとともに、飼育法などを解説していきます。

ソイルを再利用してみよう!アクアリウム用ソイルを続けて使うメリット!

ソイルを再利用してみよう!アクアリウム用ソイルを続けて使うメリット!

ソイルを再利用してみませんか。ソイルは水草育成においてよく使用されている底床材で、寿命があるため1年ほどで交換が必要だと思われがちです。しかし、状態によっては再利用が可能で、継続して使用することによるメリットもあります。ここでは、アクアリウム用ソイルを再利用するメリットや、再利用時の注意点などについて解説していきます。

メダカが卵を産んだ!正しい孵化方法と稚魚のお世話・飼育容器・管理方法

メダカが卵を産んだ!正しい孵化方法と稚魚のお世話・飼育容器・管理方法

メダカの卵を孵化させるためには、カビの発生に気を付けなければなりません。そのうえで、水質や水温、日照時間などが適切な状態になるよう、環境を整えることが重要です。そして、稚魚育成の際には餌に注意が必要で、プランクトンなどの微細なものが必要です。ここでは、メダカの卵を孵化させる方法と、稚魚育成のポイントなどを解説していきます。

ベタの病気7つ!綿がつく?腹が膨れる?その予防と治療方法を徹底考察!

ベタの病気7つ!綿がつく?腹が膨れる?その予防と治療方法を徹底考察!

ベタは丈夫で酸欠に強いことから、ボトルなどで飼育されていることも多いです。しかし、小型容器だと水温や水質が変化しやすく、ベタのストレスの原因になりがちです。ベタがストレスを感じると免疫力が低下し、病気にかかりやすくなってしまいます。ここでは、代表的なベタの病気を7つ挙げ、それぞれについて原因と症状、対処法などを解説していきます。

1 2 3 4 7