トロピカ-初心者向けアクアリウム、熱帯魚水槽、金魚、メンテナンスの情報メディア

フォローする

高井 るりこ一覧

メダカや稚魚に最適な餌!ミジンコを自宅で飼育する方法と殖やし方とは

メダカや稚魚に最適な餌!ミジンコを自宅で飼育する方法と殖やし方とは

ミジンコ、って聞いたことがありますか? 池や田んぼで生育するちいさなプランクトンの1つですね。案外可愛いんですが、アクアリストにとっては「稚魚の餌」として有名です。 あなたの飼っている可愛い熱帯魚の餌にいかがですか?活餌はおいしいらしく食いつきもいいですし、稚魚を健康に育てることができます。 こちらのページでは活餌として最適なミジンコの殖やし方・飼育方法についてご紹介していきます!

金魚やメダカに最適な水草、カボンバの育て方、増やし方、コケ掃除などまとめ

金魚やメダカに最適な水草、カボンバの育て方、増やし方、コケ掃除などまとめ

可愛い金魚・涼しげなメダカは飼育しやすいので、アクアリウム初心者に人気ですね。まずは金魚かメダカからアクアリウムに挑戦する人も多いと思います。 そんな金魚・メダカ水槽によく使われる水草の「カボンバ」。私たちからしたら変わった名前に感じますが、どんな水草なのでしょう。 こちらでは、カボンバの育て方、増やし方、コケ掃除など、カボンバの全てをお伝えします。美しいグリーンのカボンバをたくさん育てて、癒しのアクアリウム作りに挑戦してください。

熱帯魚水槽に発生するガンコで硬いコケを取るおすすめの方法と対策

熱帯魚水槽に発生するガンコで硬いコケを取るおすすめの方法と対策

熱帯魚水槽をお持ちの方なら、誰でも一度は悩まされるのが「コケ」問題ではないでしょうか。 水草をキレイに育てたいから肥料をやればコケ、光量を増やせばコケ、じっくり水草を育てればその葉の上にコケ、もう、どうしたらいいのー!ってなりますよね、わかります……。 こちらのページでは、熱帯魚水槽に発生するコケのうち、特にガンコで硬いコケの正体、硬いコケを取り去る方法、除去した後は、同じコケが再発生しないようにする対策についてご説明していきます。

グリーンウォーターでメダカや金魚を飼育する?メリットやデメリットとは

グリーンウォーターでメダカや金魚を飼育する?メリットやデメリットとは

「グリーンウォーター」って聞いたことがありますか?その名の通り「緑の水」です。「青水」と呼ばれることもあります。 うっ、何それ……管理が悪いんじゃないの?すぐ水換えしなきゃ!と思われる方も多いかもしれませんが、グリーンウォーターは、メダカや金魚を育てるのに向いているんです。 グリーンウォーターはどうして緑色をしているのか、どうしてメダカや金魚の飼育に向いているのかなど、気になるグリーンウォーターの情報をこちらでご紹介します。 グリーンウォーターって何?

熱帯魚を死なせないために!熱帯魚の代表的な死因をすべて紹介

熱帯魚を死なせないために!熱帯魚の代表的な死因をすべて紹介

大切にそだててきた熱帯魚が死んでしまった……こんなに悲しく、ショックなことはありません。熱帯魚が死んだけど、理由がわからない!という場合もあると思います。理由がわからないと、また同じ結果を招いてしまうかもしれませんので、理由と対策を知ることはとても大切です。 こちらのページでは、熱帯魚の代表的な死因をご紹介します。みなさんの大切に育ててきた熱帯魚が、一日も長く元気でいてくれるように、ご一読ください

水草には水上葉と水中葉がある!?それぞれの違いや特徴、扱い方について

水草には水上葉と水中葉がある!?それぞれの違いや特徴、扱い方について

水槽の中を美しく彩ってくれる水草には、様々なものがありますね。水草の中には「水の外で育つ姿(水上葉)」と「水の中で育つ姿(水中葉)」が全く異なるものがあるって、ご存知でしたか?こちらのページではそんな水上葉と水中葉の違い、特徴や扱い方についてお話していきます。

熱帯魚水槽のバクテリアを増やそう!水をきれいにするバクテリアについて

熱帯魚水槽のバクテリアを増やそう!水をきれいにするバクテリアについて

底砂やろ過材に棲息しているバクテリア。熱帯魚の老廃物や餌の食べ残しなどを分解して、水の維持に役立っています。バクテリアが十分に増殖した水槽は水がピカピカですが、バクテリアが上手く働いていない水槽では、水が白く濁ったり不快な臭いがしたりします。「水質維持に欠かせないバクテリア」について考えていきます。

【簡単水抜き】サイフォンの原理を使えば熱帯魚水槽の水がすぐ抜ける!?

【簡単水抜き】サイフォンの原理を使えば熱帯魚水槽の水がすぐ抜ける!?

「サイフォン式」なら水抜きが簡単にできる!水槽の水換えや掃除は大変です。水は重いし冷たいし…と、ついおっくうになってしまいます。飼育している熱帯魚たちのことを考えれば定期的に行ってあげたいもの。電源なしに、高価な器具も使わずに簡単に水が抜ける「サイフォン」についてご説明します!

1 7 8 9 10 11