ベアタンクって何? ベアタンクの特徴に迫る!!

ベアタンクという言葉を聞いたことがあるでしょうか。

ベアタンクとは、水槽内に底砂を一切敷かずに水棲生物を管理する方法のことを指します。

ベアタンクのベアはbareと書き、和訳すると裸や剥き出しという意味です。つまり、水槽底がむき出しになっているという事です。

さらに、定義では底砂を敷かないということですが、ベアタンクで管理している多くの方は水槽内に砂だけでなく、レイアウト物や水草なども入れない方がほとんどです。

では、何故ベアタンクで管理するのでしょうか。

ベアタンクで管理するメリット、デメリットを解説していきたいとおもいます。

ベアタンクで管理するメリットとは

ベアタンクで管理するメリットは、何と言っても水槽の掃除をしやすい点にあります。

底砂を敷いていないため、水槽底に溜まった餌の残りや糞を発見しやすくメンテナンスが簡単です。

掃除も管理も簡単ということが最大の特徴で、ベアタンクの最大のメリットとなります。

また、底砂に白点虫などの原虫も定着しないため、病気の抑制にも一役かっていることでしょう。

そのため、飼育生物の管理に優先順位を重視した水槽を目指す方が取り入れる管理方法となります。

熱帯魚ショップではあまり見かける機会が少ないかもしれませんが、私どもが仕入れを行う問屋さんではベアタンクで販売管理しているケースがほとんどです。

入荷出荷を繰り返すため、魚を掬うことも考えるとベアタンクが理想的となりからです。

ベアタンクで管理するデメリット

ベアタンクで管理するデメリットは、水槽底が剥き出しのためコケ汚れや糞などが目立つことです。

メリットに糞や餌の残りが目立つことと書きましたが、観賞という観点からすればデメリットにもなってしまいます。

そのため、ベアタンクで美しい水槽を保ちたい場合は、それだけメンテナンスの手間がかかってしまいます。

また、底砂を敷かないという事は底砂分のバクテリアが不足してしまいがちです。そのため、ベアタンクにする場合、ろ過機材の選定をメーカー水量の1.5倍以上強力なろ過機材を選定することをオススメします。

そうすることで、底砂分のバクテリアをカバーすることができます。

ベアタンクで管理している水槽をご紹介

では、ベアタンクでのメリット・デメリットを解説したところで、ベアタンクで管理している水槽をご紹介していきたいとおもいます。

アロワナ水槽

まさにベアタンクの代表的な魚といえばアロワナではないでしょうか。

何故、アロワナがベアタンクの代表的な魚と言えるかと言いますと、排泄物が多いためです。

それは、アロワナは肉食性の生き物ゆえ、金魚やコオロギなども生き餌を与えます。それも相当な量を食べるため排泄物が多くなり、同時に水質が悪化します。

そのため、底砂が無くすぐ糞を除去できるベアタンクは大変オススメであり、アロワナ愛好家の間ではベアタンクで管理されている方がほとんどかとおもいます。

活魚水槽

こちらは飲食店様の活魚水槽です。

水槽内にはタイやヒラメなどの活魚が泳いでいますね。

活魚水槽の場合は大抵ベアタンクで管理されていることが多いかとおもいます。

やはり、魚を水槽から取り上げる頻度が多いため砂やレイアウト物があると邪魔になるためです。

そして、この水槽はベアタンクのデメリットとなるコケの抑制をするために、ある加工をしています。

それは、水槽底と背面側面の水槽板を黒色にアクリル板を使用しています。

これにより、水槽に生えるコケを目立たなくし観賞面も美しく維持できる期間を長くする工夫をしているのです。

スッポン水槽

こちらはクリニック様の待合室に設置してあります。

開業時から大切に飼育されており大型水槽のベアタンクで管理されています。

このスッポンも40センチ近いサイズがあるため、餌の量が多くなることで排泄物も比例してでるため汚れやすくなります。

このように、水槽内の生物が大きく汚れやすい場合はベアタンクが好ましい飼育スタイルになりますね。

まとめ

いかがでしたか。

ベアタンクの特徴について理解できましたでしょうか。

わたしがベアタンクを初めて知ったのは、今から23年程前の学生時代です。

友人のお父さんがディスカスを飼育していたことで初めて知り、ディスカスは水質に敏感なため良好な水質を保つためにベアタンクという管理方法をしているんだと教えていただきました。

その後、熱帯魚業界で仕事をしているとアロワナなどもベアタンクで管理している方が多いことを知り、さらには問屋さんもベアタンクで管理している姿を目の前で見たことで、改めて熱帯魚管理において水質が大変重要なんだということを覚えました。

それ以降、自身で管理する生体ストック方法の一部にもベアタンクを取り入れることで、より簡単に管理することに成功しました。

インテリアとしては少し劣るかもしれませんが、水槽板を黒くするなど工夫次第では十分美しく管理することもできます!!

魚を大切に管理するためにベアタンクを検討している方はオススメですよ!

熱帯魚業界歴もうすぐ20年!
海水やアクアテラリウムなど、さまざまな水槽を担当してるアクアリストです。
よろしくお願いいたします!

シェアする

フォローする