トロピカ-初心者向けアクアリウム、熱帯魚水槽、金魚、メンテナンスの情報メディア

フォローする

金魚が浮く・沈む?!転覆病と便秘・消化不良の関係と対処法とは!

金魚を長く飼育していると、ある病気が発症する場合があります。

水槽を覗くと、金魚が水面に浮いている?!

でも口やエラははパクパクと動いていて、しっかり生きている。生存を確認してホッとした、そんな経験をされた方もいらっしゃるかもしれません。

その状態を『転覆病』と言います。転覆病は難治性の疾患ですが、初期ならば治る場合があります!

金魚の体が水面に浮いてしまったり、または沈んでしまったりする病気『転覆病』原因と対処法について考えていきます!

金魚の転覆病とは

転覆病(てんぷくびょう)とは、一言で言えば、『金魚が自分の浮力と平衡感覚をコントロールできなくなる病気』です。

転覆病には2タイプあり、水面に浮いてしまうタイプと、底に沈んでしまうタイプがあります。そのほとんどが難治性で、先天的なものと後天的なものがあります。

そのどちらも、和金型よりも琉金型(丸い金魚)の金魚の方がかかりやすいです。

先天性の場合、発症してしまうと治すことはほぼ不可能とさえ言われていますが、後天性の転覆病ならば、ちょっとした工夫で軽快もしくは対処できることがあります!

ちなみに先天性とは、後述しますがもともと体の浮力を調節する器官である浮袋が、不完全(未発達)でおきた転覆症状のことです。

金魚が浮いてしまう転覆病

金魚が浮いてしまう転覆病:症状

金魚が体を斜めにして浮いてしまいます。

水中に潜るのが困難で、頑張って潜っても、すぐにフワーッと水面に浮かんでしまう場合は、浮くタイプの転覆病です。
軽症の場合は、餌をあげてすこし時間が経ち消化が始まったころに、症状が多く見られます。

金魚の餌に関してはこちらもご参考にしてください。

金魚が浮いてしまう転覆病:原因

浮いてしまうタイプの転覆病の原因は、主に『消化不良による内臓疾患』です。

金魚のお腹にあわないエサや、古くなったエサを与えると罹りやすくなります!

消化不良を起こすと、金魚は、お腹の中で発生するガスを上手く排出できなくなります。
するとガス=気体ですから体の浮力が増してしまい、水中に潜ることが困難になっていきます。そして重症化すると、空気の入った風船のような感じで浮いてしまうのですね。

大抵の場合はフンなどと共にガスを排出し、実際に浮いてしまうことは少ないです。しかし、それでも重度の消化不良の場合は浮いてしまうことがありました。

上手くガスを排出して元の体勢に戻れるのなら、転覆病としてはごく初期であり、治る見込みがあります。

もちろん、それだけが原因ではなく、最近では平衡感覚の障害により起こる転覆病もあると言われています。

先天性の転覆病とは

金魚は身体の浮力を調整する器官として、浮袋を持っています。

浮袋の中にもガス(気体)が満たされています。通常はそのガスを腸に送り込むことで浮袋のサイズを調整し、潜ったり水面の方へ泳いだりすることができます。

その浮袋を調節する筋肉に何らかの異常をきたすとガスの調節(浮袋のサイズ調節)がうまくいかず転覆病になるともことがあるようです。

浮袋は前室・後室の2部屋に分かれています。それがうまく形成されておらず転覆病にかかることがあるようです。ただし、上手く形成されていないからと言って必ず転覆するわけではないようです。

いずれにせよ、体調不良から起こりやすくなるのでは、と考えられます。

消化不良に関してはこちらもご参考にしてください。

金魚が浮いてしまう転覆病:対処法

消化不良が原因の場合は、腸の調子を整えてやれば良いのです。

下痢の場合は消化の良い餌をあたえたり、便秘の場合は植物性の餌をあたえたりと、餌を工夫してやることで、症状は良くなっていきます!

また、クロレラスピルリナなどの植物性の餌が非常に高い効果を発揮します。

悩んでいる方は、与えてみてください!

平衡感覚に障害がでた場合は治療は難しいです。しかし、それに至るまでには消化不良などの内臓疾患をおこしている可能性がとても高いです。

詳しい原因はいまだ解明されていませんが、体調不良(病気)がストレスとなり神経に影響を与えているのでは、と考えられます。

そうならないためには、底砂の清掃や、水換え、餌を与えすぎないなどの日々のケアが大切です。

便秘対策に関してはこちらもご参考にしてください。

水温で金魚の消化機能は変わる

金魚の消化を良くするには、水温も重要です。

金魚は変温動物ですから、身体の機能を外的な温度(水温)に頼っています。ですので、水温が低いと金魚の消化機能は落ちます

23~25度程度を目安に、水温を調整してやると良いです。

冬などの寒い季節や、気温が不安定な時期には、ヒーターで加温してやると消化機能が回復します。

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

GEX NEW セーフカバー ヒートナビ80 関東当日便
価格:2620円(税込、送料別) (2019/12/9時点)

ショッピングサイトを選べます

その他、ヒーターについては、以下の記事で詳しく解説しています。

金魚に適切な水温とは?

水温は、金魚飼育で大きな意味を持ちます

金魚は観賞魚の中でも、病気にかかりやすいと言われています。
そして、水槽には必ず菌が存在していて、病気の原因になるエロモナスやカラムナリスなども常在菌です。金魚のお腹の中にも存在していますが、金魚に特に悪さをしない他の菌も一緒にいるため、急に病気になることはないです。

しかし、もしも病原菌に適した環境になったら、どうでしょう。
病原菌は勢力を増し、他の菌をおしのけて優先的に存在し始めます。すると金魚はふとしたことで感染症にかかりやすくなってしまいます。

ふとしたストレス・消化不良→抵抗力低下→感染症、というように進んでいき、それがさらなるストレスになり…というように、負のスパイラルになることがあります。

なぜここでこれを書くのかというと、転覆病になる前・なった後に他の疾病を併発するケースが多いと思えるからです。また、平衡感覚の障害も、もともと体調不良ならば起こりやすいのではと考えています。

エロモナスやカラムナリスなど、ありがたくない常在菌たちが特に活発になる水温が、だいたい26度前後です。つまり、金魚が活発になる温度に近いですよね。

ここが微妙なところですが、26度ではなく、やはり23~25度にしたほうが病気になり難い、といえます。
実際、26℃から23℃に水温を下げたら尾ぐされ症状が回復したこともあります。
(単に治るタイミングだったのかもしれませんが…)

魚類は変温動物ですので、水温によって体のパフォーマンスが大きく変わってきます。

なぜか病気になりやすい、消化不良を起こしやすいと感じたら、水温に注目してみるのも良いですよ。

ただし、転覆病になってしまったら、急激な温度変化は避け、水温を変える場合もゆっくり(1日1度づつくらい)にしましょう。

浮いてしまったら、体が乾燥しないように応急処置!

もしも浮いてしまった場合、体の一部が空気に触れることになります。

多少の時間ならば平気ですが長い期間、空気にさらされると金魚の体は乾燥し、ただれたり、雑菌に感染してしまいます。金魚の体を守っているのは、体を覆う粘膜(ぬめり)です。乾燥してしまうとその効果がなくなってしまいます。

それを防ぐため、なんとか体を水に浸さなければなりません。応急処置ですが、通水性の良い網やネット、プラスチック製のカゴなどで、体を沈めてやるしかありません。

少々、乱暴なようですが、このようなネットを逆さまにして、浮いてしまった金魚に被せるようにして水中で固定します。

体を空気に触れさせるよりはマシかな、という感じではありますが、空気に触れる面積が多い場合には有効です。

金魚が浮いてしまう場合の具体的な対処法

  • 餌を適切なもの(新しいものや消化しやすいもの)に変える
  • 植物性の餌も食べさせる(クロレラやスピルリナも効果が高い)
  • 消化を助けるため、水温は25度前後に設定してやる
  • 水温の急激な変化は避ける
  • 水換えを増やすことで金魚の代謝を促してやる

実例:浮くタイプの転覆病の治療

著者の家の金魚も、軽い転覆病にかかっていました。

普通は転覆病にならないという和金型の金魚です。完全に著者の落ち度です。ガス入りのフンをするようになり、気づいたときには斜めに浮いていました。

頑張って潜ろうとヒレをバタバタさせる姿がかわいそうで、必死に治療方法を探しました。

しかし、答えはシンプルでした。

良いと信じてあげていたエサが、実は金魚のお腹にあっていなかったのです…。

消化が良い、と書かれている餌でしたので信頼しきっていましたが、金魚は飼育されている環境や年齢によって、ぴったりとくる餌が違います。

転覆病にきくと噂の餌(沈降性)に切り替え、植物性の餌も食べさせました。

すると…

見事に回復!
さいわい、初期の転覆病だったので、今では元気に水中を泳いでいます

仕事で日中は面倒が見れないのですが、元気にエサクレ(おねだり)をするようになりました。

植物性の餌をまぜることで、フンも健康的になり、分解も早いです。

現在でも気を抜くとすぐにガス交じりのフンをしますから、無理をさせないようにしっかりとケアしています。

このように、幸運な一例かもしれませんが、快方に向かう場合もあります。
諦めずに対処してあげましょう!

金魚の餌に関してはこちらもご参考にしてください。

金魚が沈んでしまう転覆病

金魚が沈んでしまう転覆病の症状

浮いてしまうのとは反対に、底に沈んだまま、水中を泳ぐことができなくなります。
それでもエラや口はぱくぱくと動いており、死んでいるわけではありません。

金魚が沈んでしまう転覆病:原因

金魚の体内の浮袋の損傷・障害です。

強すぎる水流により、浮袋がつぶれてしまうと、金魚は泳ぐことができなくなります。水槽の水深が深すぎても、水圧でつぶれてしまう場合があります。

浮いてしまうタイプの転覆病が悪化しても沈んでしまいます。それは、体内にたまったガス(排出や調節がうまくいかなくなったガス)が、浮袋を押しつぶしてしまうからです。

それだけでなく、先天的に浮袋が不完全な場合もあります。

浮袋をうまく調節できなくなることで起こる場合もあります。複数の要因が重なって症状が起こることもあり、詳しい原因はいまだ解明されていません。

金魚が沈んでしまう転覆病:対処法

沈むタイプも浮くタイプも転覆病はとにかく『予防すること』が重要です。

なぜなら、現時点で完治方法がないからです。

予防方法としては、消化不良を起こさないために餌をやりすぎず、水温も一定に保つ、水換えも適切にする…という、ごく普通とも思えることがあげられます。しかし一定の環境で育つことこそ、ストレスに弱い金魚にとって、この上ないことです。

そして沈む金魚は、実は、浮くよりも長生きできます。

浮いてしまうと金魚の体が水面に出てしまい、その部分が炎症し、菌に感染するなどしてしまうからです。複数の病気に感染した金魚は、治療がとても困難です。

金魚が沈んでしまう場合の具体的な対処法

  • とにかく、『マイルドな飼育環境』にしてやること
  • 水流は弱く、水深はなるべく浅くしてやる
  • 消化不良を予防する

理想のイメージはランチュウ水槽です。

ジェックス マリーナ ガラス水槽 600L

ランチュウはとてもデリケートな金魚の為、非常に浅い水槽で飼育されます。そこまではいかなくても深すぎる水深や、激しい水流は控えてあげましょう。

水槽の深さは、金魚のサイズにもよりますが、個人的には30~36cm程度で十分です。

まとめ:金魚の転覆病と便秘・消化不良の関係と対処法とは!

『金魚はフンの観察が大事』いうように、消化不良は金魚の体に多大な悪影響を及ぼします!フンが浮いている、空気が入っている場合などは注意深く観察し、餌などを見直してやりましょう。
ストレスで消化不良を起こす場合もあるので、そのときは飼育環境を整えてあげてください!それが転覆病へとつながることがあります。

金魚や熱帯魚の健康は、飼い主頼みです。
しっかり、チェックしてあげたいですね!

【関連記事】

シェアする

フォローする

コメント

  1. RINGO より:

    家の金魚は沈んでしまうタイプなので野菜などが入っている消化がいい餌をあげてみます

    参考になり、とても役に立ちました( ^ω^ )
    ありがとうございます(≧∀≦)

    • 中島 より:

      転覆病は消化不良から罹りやすいです。消化のいい餌で解消されることも多いです!頑張ってください。

  2. 世界の傍観者 より:

    うちの金魚の一匹が凄く太っていて逆さまに沈んでるんですが、こうゆう場合はどうすればいいでしょうか?

    • 中島 より:

      便秘が悪化して転覆病か、もしくは腹水病になってしまったのかと思われます。
      フンは出ているでしょうか?3日以上絶食し、フンが出て動けるようになったら便秘です。
      フンが全く出ず、症状も改善しないなら腹水病です。食べられるようなら薬餌を与えてください。
      消化器の病気なので、薬浴より直接的に薬が効きます。
      こちらの記事も参考にしてみてください!

      https://tropica.jp/2019/07/06/post-29030/

  3. よっくん より:

    うちの琉金は体長15cmぐらいで、沈んで横向きのまま水槽の底を泳いでいます。もう1年くらい経っていて、たまに起き上がる事はあっても、絶対に浮いて来ません。
    転覆病だと思いますが、なんか治療方法はありませんか?

    • 中島 より:

      立派な琉金ですね!転覆病は、消化器の不調から起こります。
      たまに起き上がれることを考えると、完全に戻すことは難しいですが、多めの排便によって少し改善できる可能性もあります。
      フンをたくさん出す方法としては、2~3日ほど絶食した後、思い切ってしっかりめに水換え(1/2以上、できればほぼ換水)します。
      刺激でフンがでたら成功です。(結構なスピードでフンを出すことがあります。)その後は消化の良い餌(メディゴールドなど)を与えます。
      ただ、フンがでたからと言って治るほど転覆病は簡単ではないのがつらいところです。あまり有益な情報でなくて申し訳ないです。

    • ゆっくん より:

      真っ白い金魚なのですが、逆立ちをしたり、ひっくり返って底に沈んでます。たまに、泳ぐのですが、何かの病気でしょうか?
      最近、あまり糞をしてないので、便秘かも?とは思っているのですが、よい治療法はありませんか?

      • 中島 より:

        コメントありがとうございます。
        転覆気味なんだと思います。水温を安定させて3日程度絶食させてあげると、フンがでやすくなります。

  4. ゆい より:

    小さな出目金を飼ってます。
    体が浮いてます。ひっくり返ることはないです。ヒーターを購入して水温を25度前後にしましたが、浮いてます。
    植物性のエサを購入し食べてくれるなら元気になるでしょうか?
    浮き始めて1日半経ちます。。

    • 中島 より:

      コメントありがとうございます。ご返信が遅くなりました。
      体が浮いていてまだひっくり返っていないならば、比較的初期です。
      3~5日ほど絶食し、様子を見てください。また、水換えをおこなうことも金魚に刺激を与え排便を促せます。
      水換えは、そっと水を注ぐようにしてあげてください。
      おそらくお腹にガスが溜まっているので、フンがでれば改善の兆しではありますが、温度を一定にして様子を見てあげてください。

  5. かーな より:

    熱帯魚でも同じですかね?

    • 中島 より:

      熱帯魚も、同じ症状になる場合があります。
      その場合も対処法は確立されていないですが、金魚と同じでよいと考えています。
      やはり消化不良・内臓の細菌感染などでおこる可能性が高いからですね。

  6. より:

    金魚がお腹をぱんぱんにして浮いています
    でも、今朝見ると沈んでいました
    フンはおしりに付いているのですがどうすればいいですか?

    • 中島 より:

      コメントありがとうございます。
      症状から、腹水病かな、とも思います。
      体内の病気ですので、薬餌のほうが薬浴より効きますが、餌を食べられる体力が無い場合は与えられません。
      まずは塩水浴から薬浴を行ってみると良いです。

      こちらもご参考になってみてください。
      https://tropica.jp/2018/10/20/post-22827/

      • より:

        黒いデメキンが転覆病らしきものにかかってしまってずっと底で横になって泳いだりぐったりしてたりです
        体に傷がつかないように砂利はのけました
        フンは半透明かなと思います
        治る見込みはありますか

        • 中島 より:

          沈むタイプの転覆病は治療が非常に難しいです。私も成功したことはないです。
          それでも、浮くタイプより長生きする傾向にあります。
          砂利をのけてあげたのは正しい判断です!
          餌を食べれる場合、半透明のフンは消化不良ですので、水温を保ちつつ様子を見てあげるのが良いです。
          あまり有益な情報でなくてすみません。

  7. みかん より:

    ここ最近金魚が横向きになって沈んでいます。
    多分上に浮き上がってこれてないと思うのでここ2、3日はエサを食べたいないです。
    金魚は和金で太ってはいないです。
    とりあえず明日は学校が速く終わるので明日水槽を掃除しようと思っているのですが、どのような対策をとればいいですか?

    • 中島 より:

      コメントありがとうございます。
      返信が遅くなりましたが、その後いかがでしょうか。
      沈んでしまったら、まずは砂利などの体を傷つける恐れのある障害物を取り除いてやります。
      水温を維持して体力を温存し、様子を見てあげることですね。元の体勢に戻るには、金魚の体力が頼りです。
      沈んでしまうと、治療が大変困難です。
      あまり役に立つ情報ではなくて申し訳ないです。

  8. より:

    3びき金魚をかっていてそのうちの1ぴきが沈んでいるんですけど水槽をうつしかえたほうがいいですか?

    • 中島 より:

      コメントありがとうございます。
      できるなら、別の容器や水槽に隔離してあげると良いですね。

  9. ミホネコ より:

    はじめまして。お祭りですくった琉金を飼育しています。ホームセンターから出目金を迎えたところ、たくさん突進され尾腐れ病にもなり底でじっとしているのがもうそろそろ一ヶ月になります。(水槽を別にしました)餌はフレークを使っていましたが反応しなくなりピンセットで口元に持ってきても食べません。しばらく食べていないのでお尻から長い糸のようなフンが出ています。
    パタパタしているものの浮上も難しいようなので浮き袋にも異常が出てしまったかもしれません。籠を使って水深を浅くしました。
    どうしたらいいかわからないので教えてほしいです。お願いします。

    • 中島 より:

      コメントありがとうございます。
      琉金はかなりつらい状態だと思われます。まずは体力を回復してやることが必要ですので、塩水浴を行うと良いかもしれません。

      こちらの記事もご参考になってみてください。
      https://tropica.jp/2019/09/17/post-30830/

      • みほねこ より:

        返信ありがとうございます。記事を読み、塩水を続けています。ヒーターは持っていません。
        状態は未だに底でじっとしています。このまま続けて大丈夫でしょうか。
        何度もすみません

      • ミホネコ より:

        ご報告にきました。先程亡くなっていく様子を見ました。調子を悪くしてから一ヶ月と1、2週間くらい頑張ってくれました。
        このサイト様にはとてもお世話になりました。ありがとうございました。

        • 中島 より:

          ご返信が遅くなり申し訳ございません。
          とても頑張ってくださいましたね…。
          あまり効果的な対策を立てられなかったです。こちらこそありがとうございました。

  10. らん より:

     一匹ランチュウを飼っています。16年ほどいます。2か月位まえから転覆して底にいましたが、今は転覆していませんが底に沈み動きません。お腹も日に日に大きくなってきて、かわいそうです。餌も食べないので上げていません。どうしたら良いかアドバイスお願いします

    • 中島 より:

      とてもご長寿ですね!
      日に日にお腹が大きくなってきているのは、体液などの排出がうまくいっていないのかな、と思います。
      かなりのご高齢ですのであまり無理はさせられませんね。
      餌は食べないのであれば与えなくて良いです。水換えを少しづつ行って様子を見てあげてください。

  11. BOWIE より:

    体長7㎝ほどの小さい金魚です。2年ほど元気にしていましたが、昨夜、突然沈んでいました。最初は沈んでいるだけでしたが、いまは沈んで横たわっています。生きてはいますが、かなり弱っているように見えます。とりあえず、水槽を移して塩欲と絶食をしてみます。なにかアドバイスありましたら、お願いいたします。

    • 中島 より:

      2、3歳の金魚が横たわってしまう原因として、消化不良を起因とする疾患があります。
      絶食と塩浴は良い対処だと思います。水温を上げつつ様子を見てあげてください。