トロピカ-初心者向けアクアリウム、熱帯魚水槽、金魚、メンテナンスの情報メディア

フォローする

冬にメダカ・金魚にあげるエサは何がいい?消化の良い餌ベスト5と与え方

冬にメダカ・金魚にあげるエサは何がいい?消化の良い餌ベスト5と与え方

冬といえば、アクアリム水槽においては、飼育しているメダカや金魚の消化能力が落ちやすくなる時期です。

冬は水温が下がりやすく、熱帯魚に比べると、メダカや金魚の水槽にはヒーターが設置されていないことが多いのが原因のひとつだと言われています。

今回は、冬にメダカや金魚にあげるエサで、消化の良い餌について、ベスト5とエサの与え方をご紹介したいと思います。

消化の良い餌で、メダカや金魚の健康を守りましょう!

冬にメダカ・金魚にあげるエサは何がいい?消化の良い餌ベスト5と与え方

冬は注意!メダカや金魚の餌の消化が悪くなりやすい時期

メダカや金魚は、低水温になると活動が低下しやすい変温動物です。

メダカや金魚の、消化活動が活発な水温は、20℃以上です。

冬時期は、暖房を切っている室内では、12~14℃程度までに水温が下がることが多いです。

つまり、冬は、オートヒーターを設置していない水槽では、餌切りをするほど完全には水温が下がりきらないものの、メダカや金魚のエサの消化が悪くなりやすい時期なんです。

冬はエサを与えないというアクアリストの方もいらっしゃいますが、室内飼育の水槽で、完全な餌切りは、メダカや金魚にとっては、栄養不足になりやすいです。

そんな冬時期の、消化活動の低下しやすい季節に、消化の良いエサを与えることは、当然のことといえますよね。

冬にメダカ・金魚にあげる消化の良い餌ベスト5

メダカや金魚に餌はあげなくちゃいけない、でも、普通のエサでは、消化の悪くなりやすい冬…であれば、『消化の良い餌』を与えるまでです。

冬向きの、メダカや金魚に向いている消化の良い餌ベスト5をご紹介いたします。

金魚編・消化の良い餌ベスト5

金魚にとって消化の良いエサは、顆粒の細かいエサです!

しかし、体長の大きい金魚にとって細かいエサは食べにくいので、水で練って与えるなどすると食べやすくなります。

ヘルシーラブスター

ヘルシーラブスター 金魚用 クランブルタイプ 機能性・栄養強化飼料 240g 関東当日便

ヘルシーラブスターは、非常に粒が細かく、消化に優れた金魚のエサです。

大きい金魚の場合は、食べるのに時間がかかったり、食べ残す場合があるため、水で練って与えるようにしましょう。

ミシロ 彩金魚 胚芽育成用

ミシロ 彩金魚 胚芽育成用 SS 沈下性 200g

ミシロ 彩金魚 胚芽育成用 SS 沈下性 200g

ミシロ 彩金魚 胚芽育成用は、普通のサイズのエサですが、消化の良いエサです。

ただし、与え過ぎや、エサの酸化には注意が必要です。餌を与える頻度を抑え、賞味期限に注意して与えるようにしましょう。

土佐姫 C 顆粒タイプ 

どじょう養殖研究所 土佐姫 C 顆粒タイプ 120g

どじょう養殖研究所 土佐姫 C 顆粒タイプ 120g

土佐姫 C 顆粒タイプは、消化を妨げやすい、小麦粉を排除した、海藻類が多く含まれている金魚のエサです。

栄養バランスと品質が良いことで人気があります。孵化した年の金魚やらんちゅうに向いているエサですが、冬の消化能力のさがりやすい大きな金魚にも向いているエサです。

懐古堂 金魚専用餌 9番 沈下性


懐古堂 金魚専用餌 9番 沈下性 200g 【4,980円以上購入で送料無料】 関東当日便

懐古堂9番は、金魚の稚魚や成魚にとって、消化が良いエサです。

金魚の活性が良ければ10℃でも与えられる、という説明がある通り、消化の良さ・食いつきはとても良いです。しかし、それでも低水温時にあげ過ぎると、やはり浮くフン(消化不良)になります。低水温での与えすぎは厳禁です。

ニチドウ メディスーパーゴールド

ニチドウ メディスーパーゴールド

ニチドウ メディスーパーゴールド

メディスーパーゴールドは、消化酵素が配合されているエサで、金魚の色あげの効果もあります。

冬時期は、与え過ぎに注意が必要ですが、適正量を守って与えれば、金魚の消化を助けることができるエサです。

メダカ編・消化の良い餌ベスト5

メダカは金魚と比べると消化能力が高く、基本的に冬でも普通のエサを与えてもいいのですが、色あげ用や、太らせることを目的とした脂質の高いエサ、産卵用のエサなどは、こってりしすぎて消化が悪くなりやすいです。

キョーリン メダカのエサ

キョーリン メダカ(タナゴ・フナ)のエサ 50g

キョーリン メダカ(タナゴ・フナ)のエサ 50g

キョーリン メダカのエサは、粒が小さく、消化しやすいメダカのエサです。

冬は、エサの量を減らしながら与えるようにしましょう。

ヒカリ メダカの天然食

ヒカリ (Hikari) ひかりメダカの天然食 22g

ヒカリ (Hikari) ひかりメダカの天然食 22g

ヒカリ メダカの天然食は、メダカにとって好物のイトミミズをドライフード化し、メダカでも食べやすいサイズに加工されているエサです。

メダカの食いつきがよく、アクアリウム初心者向けのエサとも言われています。

冬は与え過ぎに注意しながら、少量ずつ与えるようにしましょう。

ヒカリ (Hikari) すくすくメダカ 

ひかり 飼育教材シリーズ すくすくメダカ 40g

ひかり 飼育教材シリーズ すくすくメダカ 40g

ヒカリ すくすくメダカは、食べやすいサイズに加工された、水を汚しにくいエサです。

消化酵素が配合されているため、メダカの消化を助けます。

ヒカリ (Hikari) メダカプロス 

ヒカリ (Hikari) メダカプロス 48g

ヒカリ (Hikari) メダカプロス 48g

メダカプロスは、メダカの消化を助けるW生菌が配合されている、水を汚しにくく食べやすいフレークタイプのエサです。

顆粒のエサに比べると、メダカが食べやすいのがフレーク状のエサです。加えて水を汚しにくい成分と、消化を助ける成分が配合されているので、冬時期の消化能力の落ちやすい低水温期にむいているエサです。

ジェックス メダカ元気 パウダーフード

ジェックス メダカ元気 パウダーフード 20g 稚魚から成魚まで対応 便利なスプーン付

ジェックス メダカ元気 パウダーフード 20g 稚魚から成魚まで対応 便利なスプーン付

ジェックス メダカ元気 パウダーフードは、とても細かい顆粒のメダカのエサで、稚魚から成魚のメダカに与えることができます。

メダカの活動が活発な時期は、成魚に与えるとすぐにエサが無くなってしまうほど細かいエサですが、量を調整して与える必要のある、冬に向いた消化のいいエサです。

冬時期のメダカや金魚のエサの与え方 5つのポイント

冬時期のメダカや金魚に向いたエサの与え方には、5つのポイントがあります。

  1. 細かいエサを大きい金魚に与える場合は、水で練って食べやすくする。
  2. 低水温でも消化しやすいエサを、少量ずつ、与える頻度を落としながら食べさせる。
  3. 酸化したエサは、消化不良や病気を招きやすいため、エサの賞味期限に注意する。
  4. 赤虫は、水分を多く含んでいるので消化は悪くないが、10℃以下の水温では与えないようにする。
  5. 普通のエサを与えたい場合は、水槽にオートヒーターを設置する。

魚が食べやすいサイズのエサであること、粒が小さく、消化しやすいエサを選ぶことも大切です。

まとめ・冬にメダカや金魚にあげるエサでおススメなのは?消化の良い餌ベスト5と与え方について

【プロが教える】金魚の餌は何が良いのか!?赤虫?ドライフード?コケ?

水温が下がりやすい冬は、メダカや金魚にとっては、水温が下がって活動が低下しやすい季節です。

そんな冬時期でも、消化しやすいエサを、量や頻度を落として与えることで、メダカや金魚の健康を守ることができます。

金魚の種類によっては、浮遊性のエサよりも沈降性のエサを好む場合もあるので、基本的に沈降性のエサを選ぶようにしておけば、転覆病などにかかりにくくなりますよ。

冬のメダカや金魚にとって消化の良い餌を選んで、春まで元気に過ごさせてあげてくださいね。

【関連記事】