熱帯魚・金魚の水槽・アクアリウム情報メディアサイト「トロピカ」

フォローする

スポンジフィルターの選び方!メリット・デメリットとおすすめ商品5選

スポンジフィルターはそのシンプルな構造で、手軽に導入できる便利なろ過フィルターです。

スポンジ部分から給水するので、稚魚などを吸い込む心配がないため、小型魚や小型エビの飼育で採用されることが多いです。

また、エアレーション効果が高いため、金魚や大型魚などの飼育でもおすすめです。
接続がシンプルでサブフィルターとしても活躍します。

スポンジフィルターの特徴や選び方、おすすめの商品などをご紹介します。

スポンジフィルターの選び方を動画で見る!

この記事の内容は動画でもご覧いただけます。

スポンジフィルターの選定方法とおすすめ商品を音声付きで解説します。

【安いのに効果大】スポンジフィルターのススメ!おすすめ商品ベスト5!

トロピカではYouTubeチャンネル『トロピカチャンネル』を公開しています。

熱帯魚飼育に必要な機材・資材の解説から病気などのトラブル解決策を随時配信しています!

チャンネル登録をぜひお願いします!

スポンジフィルターとは?

構造・仕組み

スポンジフィルターの構造はシンプルで、基本的にはプラスチック製のパイプとスポンジ、吸盤で構成されています。

エアーポンプと接続することで動作するろ過装置です。
スポンジ中央の円筒部分に空気を通すことで水流を発生させ、スポンジ部分に汚れを吸い寄せたり、ろ過に必要なバクテリアを繁殖させることで水質を浄化します。

製品によってはセラミックろ材を追加できるタイプもありますが、スポンジフィルターのろ材は基本的にはスポンジのみで、スポンジ部分で生物ろ過を行うことが可能です。

無駄がない構造なのですが、スポンジがゴミや汚れで目詰まりを起こしてしまうと、ろ過機能を発揮できなくなります
定期的に組み上げた飼育水の中で揉み洗いや濯義を行い、通水性を維持しましょう。

スポンジフィルターのメリット

スポンジフィルターには、下記のメリットがあります。

  • 価格が安く購入しやすい
  • 水流に弱い稚魚などのが吸い込まれない
  • メンテナンスが簡単
  • エアレーション効果が高い

使用するには別途にエアーポンプが必要ですが、スポンジフィルター本体は数あるフィルター類の中でも最も安価な部類なので予算をかけずに導入できます。

エアーポンプで発生する水流は比較的穏やかで、動作音も静かです
そして取水口にスポンジがあることから、稚魚などの水流に弱い生体をフィルターに吸い込んでしまうこともありません。

水流が落ちてきたら、スポンジ部分を取り外して洗えば良いのでメンテナンスが簡単です。
また、エアーポンプと接続した状態で使用するのでろ過と一緒に酸素供給ができます。そのため、バクテリアの繁殖が円滑で、水槽の立ち上げをスムーズに進めることができるのです。

スポンジフィルターのデメリット

反対に、デメリットとしては以下の点が挙げられます。

  • ろ過能力がそれほど高くない
  • 小まめなメンテナンスが必要
  • 水槽内で目立つ

フィルターの生物ろ過能力は、バクテリアが住み着ける、ろ材の量に比例しています。そのため、基本的にスポンジ部分しかろ材がないスポンジフィルターは、外部フィルターなどと比べてろ過能力が低いです。

また、使用している環境にもよりますが、フンの多い生体を飼育していると、スポンジが目詰まりを起こしやすいです。
機能を維持するためにはメンテナンスはこまめに行わなくてはならないことも、管理ペースによってはデメリットと言えるでしょう。

そして、スポンジフィルターはその構造から水槽内で場所を取りやすいので、目立ってしまう点にも注意してください。

スポンジフィルターの選び方

現在では、スポンジフィルターのバリエーションが増え、さまざまな製品が発売されています。

スポンジフィルターの選定方法としては、まずは生体と水槽のサイズを念頭においてください。
前述の通り、スポンジフィルターのろ過能力は他のろ過装置と比べて控えめです。しかし、飼育匹数や水槽サイズが適合していれば、大変使い勝手が良いろ過装置になります。

メインのフィルターとして機能できるのは、小型水槽で少数の小型魚を飼育する場合や稚魚水槽などです。
大型水槽で大型魚や多数の生体を飼育する環境では、サブフィルターとしての導入・エアレーション効果を期待する使い方が一般的です。

次に、生体の特徴を考慮して導入するタイプを決めます。スポンジフィルターで管理したい生体が水を汚しやすいかで導入すべき規格も変わってくるからです。

具体例としては、稚魚やメダカなどのあまり水を汚さない生体であれば、単独のスポンジが付いたシングルタイプでも十分に機能してくれます。しかし、金魚などの大食漢でフンの量が多い魚種に使用したいのなら、大型のシングルタイプ(直立タイプ)やスポンジが二つ付いているツインタイプがおすすめです。

ただし、鑑賞性を重視したい場合には、どうしても目に入ってしまう点にはご注意ください。

おすすめのスポンジフィルターベスト5

テトラ ツインブリラントフィルター

テトラ (Tetra) ツインブリラント フィルター

オーソドックスなスポンジフィルターですが、スポンジが二つ付いたタイプなのでろ過能力が向上しており、稚魚やメダカ、エビが居る水槽で使用するのに適しています。色合いも水槽内で目立たない配色になっており、鑑賞性も考慮されている点がポイントです。

LSS研究所 LS-100S

エルエスエス(LSS) スポンジフィルター LS-100S

直立タイプのスポンジフィルターです。
スポンジ部分が大きくパワフルなので、金魚飼育などにも向いています。

サイズは大きめなので、60cm以上の水槽におすすめです。大型水槽ではサブフィルターとしても使えます。

ニチドウ コネクト・スポンジフィルター

ニチドウ コネクト・スポンジフィルター

コンパクトなデザインのスポンジフィルターで価格も手ごろなので、サブフィルターとして導入しやすいモデルです。その大きさからプラケースなどにも最適で、上~中層のろ過を主眼とした「U-スタイル」と、底面のろ過をメインとした「L-スタイル」を目的に応じて使い分けることが可能です。

スドー ベタのフィルター

スドー ベタのフィルター

その名の通り、ベタ水槽に導入することを考慮して設計されたスポンジフィルターです。”ベタのフィルター”とありますが、もちろんベタ以外の生体にも使用が可能で、強い水流を好まない小型の生体にはおすすめです。

スポンジはバクテリアが定着しやすい構造の物を使用しており、本体が左右に分かれるのでメンテナンス性も優れています。
ただし、水流がマイルドなぶん、ろ過能力は他のスポンジフィルターよりも控えめです。

飼育する生体や飼育水槽のサイズに合わせて、選定しましょう。

懐古堂 オリジナルスポンジフィルター シリーズ

金魚の飼育を主眼にしたスポンジフィルターで、同フィルターのみでも金魚を飼育できるように設計されています。他のスポンジフィルターとは異なり底面に直接設置する方式で、底面と接触する「ウェイト部」は丈夫かつ重量があるので、金魚などに動かされたり倒されることもありません。

まとめ:スポンジフィルターの選び方!メリット・デメリットとおすすめ商品5選

スポンジフィルターは安価で導入しやすくメンテナンスも容易です。ろ過能力は控えめですが、稚魚などの水を汚しにくい生体の飼育であれば、メインフィルターとして十分に機能してくれます。

また、使用する時に強い水流が発生せず、生体を吸い込む心配がない点もポイントです。選定の際には、スポンジフィルターに期待する役割と、生体の大きさや数を念頭に置いたうえで、鑑賞性との兼ね合いを考慮すると良いでしょう。

スポンジフィルターは上手に使えば、飼育環境の維持管理に大いに役立ってくれるので、ぜひ導入してみてください。