トロピカ-初心者向けアクアリウム、熱帯魚水槽、金魚、メンテナンスの情報メディア

フォローする

エビの食害から水草を守る!水草水槽でエビを飼うコツと食害対策3選!

人気の水草水槽で、エビを飼育している方も多いと思います。

そのエビがせっかくキレイに育てた水草を食べてしまうので困る、という方いらっしゃいませんか?

今回は、水草水槽でエビを飼うコツ、エビに水草を食べられないための対策を3つご紹介します。

水草育てたい!エビも可愛い!という方におすすめです。

水草はエビに注意?!食害とは

熱帯魚初心者でも簡単!エビのおすすめ種類と飼育方法を紹介!

柔らかい水草はエビに食べられやすいです。

水草を食べるエビは主にヤマトヌマエビとミナミヌマエビです。

水草水槽に良く導入されるエビは普段、水槽に生えたコケなどを食べています。エビは柔らかいものを食べる性質があるので、水槽内で一番柔らかい食べ物=コケを優先的に食べます。

そのため、コケ取り生体として導入されていることが多いですが、エビは雑食性です。

食べられるコケがなくなると、次の食べ物を探し始めます。魚の残した餌なども食べますが、エビにとっては水草もちょうど良い食糧になるのです。

そうなると食べやすい柔らかい種類の水草からかじられ、食害にあうことになります。

つまり、食害が始まるということはエビに十分な餌が無い状態である、ということなんです。

ちなみにアクアガーデンでも、大型水槽に時間をかけて植え付けた水草をヤマトヌマエビに食べられてしまったことがあります…!かなりガックリしますよね。

エビの食害にあいやすい水草

ではどんな水草をエビは好んで食べるのでしょうか。特に注意が必要な水草を紹介します。

リシア

前景向けの美しい緑色の人気の水草です。特に気泡を出している時の美しさは、他の水草に追随を許さない光景です。

やわらかくフワフワの可愛い水草ですが、その柔らかさが仇となり、エビに食べられやすいです。また、エビが餌を探すときに引き抜いてしまうこともあるので注意が必要です。

リシアはレイアウト水草の中でも人気で、植え付けにもちょっとコツが必要な、難易度の高い水草です。

苦労して植えたリシアがボロボロになったら悲しいですし、元に戻すのもかなり面倒な作業となります。

リシアを栽培する時はエビの餌を切らさないようにしましょう。餌が十分にあれば、エビはリシアにちょっかいを出してきません。

ロタラ

(水草)ロタラミックス(水上葉) 4種(無農薬)(計20本) 本州・四国限定[生体]

ロタラは後景によく使われる水草です。背が高くなり、繊細で色も豊富なのでとても人気のある水草ですね。肥料が大好きなことでも知られています。

ロタラも新芽が柔らかいため、そこから食べられてしまいます。

新芽を食べつくしたあとは通常の葉も食べるため、放っておくとあっというまに棒のようになってしまうこともあります。

ウィローモス

(水草)無農薬 自家産 ウィローモス 10cm×8cm 約10グラム

ウィローモスは活着させることのできる苔の仲間で、細くて繊細な葉を展開するのでとても人気のある水草です。生育条件がさほど厳しくないため、初心者の方にもおすすめできる水草です。

エビと相性の良い水草、ということでエビ水槽の基本の水草ですが、やはり食べられます。葉がとても細いので食べやすいのでしょう。

ただ、ウィローモス自体の伸びるスピードもかなり速いので、食べられても再生することがあります。

そういう意味でも、エビに向いているのかもしれません。

エビの食害を減らす対策3選

こちらの項ではエビの食害を減らすコツを3つお伝えします。

  • エビの数を減らす
  • 硬い水草を使う
  • 餌を豊富に与える

の3つです。詳しいことは以下をご覧ください。

対策1:エビの数を減らす

単純に、導入しているエビの数を減らします。

エビたちが増えすぎたかな…?と感じたら少し数を見直しましょう。

しかし、食害の原因をなくさないかぎり、応急処置であることは否めませんので、この対策だけで食害が無くなるとは言い切れません。

対策2:硬い水草を使う

植える水草をエビの好まない・食べられない硬いタイプにするのも一つの手です。

アヌビアスナナやミクロソリウム、シペルスなどは葉が硬いので、エビに食べられることがありません。これらの水草であれば安心してエビと同居させられます。

硬い水草は一般に成長もゆっくりのため、水槽内の光景を維持しやすいというメリットもあります。

(水草)アヌビアスナナ(1ポット分) 本州・四国限定[生体]

(水草)ミクロソリウム プテロプス ソードリーフ(1ポット分) 本州・四国限定[生体]

対策3:餌を豊富に与える

水草以外の食べ物があれば、エビはそちらに向かいます。

エビ用の沈降性のエサなどを与えると良いですよ。以下のリンクからエビの餌を探してみてください。

ただ、与えすぎてコケを食べにくくなることもあるので、量に気を付けましょう。

他にも以下の記事のような、マイクロサイズの餌もエビは好んで食べてくれますよ。

食害を防ぐには水槽のバランスを確認しよう

エビによる水草の食害はエサ不足で起こります。

エビたちもお腹が空いてはたまりませんから、仕方なく水草を食べているのです。コケがあればコケのほうが柔らかいため、水草を食べることはほとんどありません。

コケが少ないのは良いことに思えますが、水草水槽の場合、逆に照明不足や栄養不足が疑われます。

コケがあまり生えないのは、水草にとっても居心地の良い環境ではない可能性が高いからです。コケも水草も同じ植物の仲間ですからね。

照明は十分か?カリウムなどの栄養素は足りているか?などを改めてチェックすることをおすすめします。

まとめ:エビの食害から水草を守る!水草水槽でエビを飼うコツと食害対策3選!

エビが水草を食べて困っている方向けに、コツと対策をご紹介しました。

エビが水草を食べたくなる前に、エビをお腹いっぱい、満足な状態にしてあげましょう。

コメント

  1. トシ より:

    ミナミヌマエビが悪さをしています❗️とても参考になりました。
    ありがとうございます。

  2. aoi より:

    エビは1匹だけでも大丈夫ですか?

    • 中島 より:

      コケ取り生体としてみた場合、一匹ではパワー不足感が否めないです。
      水槽サイズにもよりますが、3~5匹程度いたほうがきれいになりますね。