トロピカ-初心者向けアクアリウム、熱帯魚水槽、金魚、メンテナンスの情報メディア

フォローする

おすすめ人気の殺菌灯ベスト3を紹介!熱帯魚水槽に使用すると3つの効果が!

熱帯魚を飼育していると、魚が病気にかかってしまったり、水槽にコケが大量に生えてしまったり、と様々なトラブルに見舞われることがあると思います。
そんなときに、使用をお勧めしたいのが殺菌灯です。
殺菌灯って聞いたことあるけど、よくわからない…という、アクアリウム初心者の方もいるかもしれませんが、殺菌灯はまさに初心者が陥りやすいトラブル解決の力になってくれるアイテムです。
ここでは、殺菌灯の効果やお勧め機種をご紹介していきたいと思います。

殺菌灯とは?

殺菌灯とは、紫外線の力を利用して水の殺菌・消毒を行う飼育アイテムのことです。
水中ポンプやホースと組み合わせて使用します。
水中ポンプで吸いだした水を、殺菌灯の中に通すのですが、このとき水に紫外線を当てて殺菌・消毒を行い、水槽に戻します。
紫外線には、良くも悪くも、物質を変質させる強い力があります。
紫外線を浴びすぎたことで皮膚がんになる確率が高まる、というのは、紫外線が人間の皮膚を変質させてしまった結果と言われています。
殺菌灯は、そんな紫外線の強い力を利用して、水中を漂う病原体や苔の胞子を死滅させたり、フンや餌などの有機物を分解したりする器具なのです。

殺菌灯は必要?効果は?

殺菌灯は、熱帯魚を飼育するときの必須アイテム!!というわけではありませんが、熱帯魚を飼育するうえで起こるトラブルを抑制する効果が期待できるので、ぜひ取り付けておきたいアイテムです。
特に海水魚を飼育するうえでは、取り付けておいて損はないアイテムといえるでしょう。
殺菌灯で期待できる効果は主に以下の3つがあげられます。

病気の抑制効果

魚のかかる病気には、菌由来のものと寄生虫由来のものがありますが、そのどちらも抑制することができるといわれています。
病気の中でも特に効果的なのが、白点病の予防です。
白点病は寄生虫が魚に寄生して起こる病気です。
殺菌灯は魚に直接当てるものではないので、すでに白点病を発症してしまった魚には効果はありません。しかし、寄生虫が水中を漂っているときであれば、寄生虫を殺菌灯で殺すことが可能ですので、水槽内に白点病が蔓延するのを防ぐことができます。
病原体は直接目に見えるわけではないので、なかなか実感がわかないかもしれませんが、病気の予防という意味では、効果が期待できるでしょう。

熱帯魚の病気についてはこちらの記事参考にしてください。

コケの抑制効果

コケの胞子はどこからともなくやってきては水に溶け込み、水槽にコケを生やします。
殺菌灯は水に溶け込んだコケの胞子を死滅することができるので、コケが生えるのを抑制する効果が期待できます。
ただし、あくまで胞子を死滅させるだけなので、すでに水槽や水草などに生えてしまったコケには効果はありません。
生えてしまったものは別の方法で除去しましょう。

コケのお掃除についてはこちらの記事参考にしてください。


汚れの抑制効果

餌の食べ残しや魚のフンなどの有機物は水が汚れる原因となります。
殺菌灯にはそのような有機物を分解する効果があるため、水が汚れるのを抑制することができます。
といっても、もちろん水換えが不要になるわけではありません。
定期的な水替えは必要ですが、その頻度を減らすことは可能です。
分解した有機物を取り除くのであればプロテインスキマーも併用するとよいでしょう。

プロテインスキマーについてはこちらの記事で詳しく解説しています。

お勧めの殺菌灯ベスト3

殺菌灯は大きさにもよりますが、大体1万円~4万円ぐらいで購入できます。
水槽の大きさや予算に合わせて選ぶとよいでしょう。
それではここで、お勧めの殺菌灯ベスト3をご紹介します。

No.1 カミハタ 「ターボツイストZ」

カミハタ ターボツイスト Z 36W

殺菌灯といったらこれ、というぐらい一般にも広く使用されている殺菌灯です。
とてもシンプルな作りなので、水槽への取り付けや、殺菌ランプの交換も簡単に行えます。殺菌灯を初めて使用する方でも安心ですね。
種類は水槽のサイズに合わせて3種類用意されているので、大抵の水槽で使用することができます。

No.2 ゼンスイ 「UVバズーカ」

500Lまでの水槽に適合 ゼンスイ UVバズーカ(UV殺菌灯)

ほかの機種に比べて安価なので、手を出しやすいのが魅力です。
コストをあまりかけたくない、とりあえず使ってみたいという方にはこちらの機種がお勧めです。
サイズは500L以下用の1種類しかありませんが、No.1でご紹介した「ターボツイストZ」の600L用に近い能力を兼ね備えているので、一般の家庭にある大体の水槽で使用できると思います。
また、ホースソケットが4種類付属しているのも使いやすい点です。

No.3 ナプコリミテッド 「ライフガードQL殺菌灯」

ナプコ 紫外線殺菌灯 QL-25

なんといっても殺菌能力の高さが魅力の機種で、マニアに大変人気がある殺菌灯です。
高価な魚、貴重な魚、大切な魚に一番良い殺菌灯を使ってあげたい、とい方にはこちらの殺菌灯をお勧めします。
ただし、初心者には接続口の接続が他機種よりやや難しかったり、本体に高さがあるため、水槽台の中に収めることが困難だったりするので注意が必要です。

殺菌灯を使用するときの注意点

まず注意しなければならないのが、殺菌灯単体では使用することができないということです。
水中用ポンプなどの、水を循環させる器具を別途用意する必要があります。
また、殺菌灯は紫外線を水に照射するため、どうしても水温が上がりがちです。
同時に使用する水中ポンプも水温を上げる原因になりますので、水槽用クーラーを併用するなど、水温を下げる工夫をしましょう。

LNSTUDIO 水中ポンプ 2018年新型 吐出量3000L/H 最大揚程2.8M 水陸両用 ミニポンプ 循環ポンプ 給水・排水ポンプ 潜水インストール 水族館給水 水槽水循環 静音設計 説明書付き (45W-2.8M)

水槽内の水温については以下の記事も参考にしてください。



それから、殺菌灯は海水魚に使用されることが多く、淡水魚ではあまり使用されません
淡水魚を飼育するうえでは、ろ過バクテリアの繁殖が大切なのですが、殺菌灯を使用すると有害なバクテリアと一緒にろ過バクテリアも減少させてしまうのがその理由のようです。
ちなみに、海水では元々ろ過バクテリアが繁殖しにくい環境なので、あまり気にする必要はありません。
淡水魚で殺菌灯を使用したいときは、殺菌灯の効果とバクテリアのバランスを見極めて、使用を検討する必要があるでしょう。

熱帯魚飼育に殺菌灯は必要?おすすめ人気の殺菌灯を紹介まとめ

熱帯魚に関するトラブルで多いのが、白点病などの病気で魚を死なせしてしまうことなのだそうです。
殺菌灯には病気を予防する効果が期待できますので、トラブルでお悩みの場合は使用してみる価値はあると思います。
ただし、殺菌灯を使用したからといって病気にかからないわけでも、水槽の掃除が不要になるわけでもありません。
日々のメンテナンスはもちろん必要です。
殺菌灯はあくまでメンテナンスの補助的な役割をするものとして、割り切って使用するようにしましょう。