トロピカ-初心者向けアクアリウム、熱帯魚水槽、金魚、メンテナンスの情報メディア

フォローする

エビ水槽をはじめてみよう!エビの飼育・繁殖のコツを徹底解説します

金魚水槽やメダカ水槽など、アクアリウムではコケ対策として水槽に入れられることの多いエビですが、鑑賞用の種類はカラフルでエビだけの水槽を作っている人は多いです。

エビと水草だけの水槽も美しいものがありますが、水槽の立ち上げ方から飼育繁殖までとなると難しいと感じる人が多いようです。特に産卵まではうまくいったものの、稚エビを上手く育てられないという人も多いのではないでしょうか?

今回はエビ水槽を作るうえで知っておくべきエビの飼育や繁殖のコツについてお話していきます。 

繁殖可能なエビの種類

初心者でも飼育が簡単で淡水で繁殖可能なエビには、次のような種類がいます。

ミナミヌマエビ

(エビ)ミナミヌマエビ(20匹)+(2匹おまけつき) 北海道航空便要保温

もはや説明すら不要なくらい、水槽の掃除やコケ取り役として知られているミナミヌマエビは、熱帯魚と同じ水槽で飼育していても繁殖しやすい種類です。アクアリウム初心者でも簡単に飼育することができます。

ビーシュリンプなどの小エビ類

初心者向き レッドビーシュリンプ おまかせ 10匹+補償1匹(飼料3品付き)[生体]

ビーシュリンプやレッドチェリーシュリンプなど、観賞目的で品種改良された小型エビも単独で飼育すると比較的繁殖しやすいです。ミナミヌマエビやヤマトヌマエビと比べるとコケ処理能力は落ち、低温に弱いという特徴があります。

エビの種類や育て方を詳しく知りたい方はこちらの記事も参考にしてください。

ヤマトヌマエビは淡水では繁殖できない?

【生体】ヤマトヌマエビ 30匹 エビ 飼育用・餌用にも

【生体】ヤマトヌマエビ 30匹 エビ 飼育用・餌用にも

ヤマトヌマエビは飼育や産卵までは淡水で問題ありませんが、稚エビは塩分のある「汽水」でなければ育つことができません

エビの育て方のコツとは?

エビ類は初心者でも飼育が容易な生き物です。

エビ水槽の場合は生物はエビだけのことが多いため、ここではエビのみで飼育するときのコツについて説明していきます。

エビ水槽に最適な水槽サイズは?

エビの数が少ないのであれば、30cm以下のキューブ水槽でも十分です。しかし繁殖を考えている場合はペアを作る必要があるため、10~20匹程度の数を水槽内に入れなければなりません。

そのため水草を入れることも考える必要があるため、45cm以上の水槽での飼育が望ましいといえます。

水質を安定させるためにフィルターを使おう!

エビの飼育には水質を安定させる必要があります。そのためにはしっかりと水中にある不要な栄養分や、ごみ・有害な物質を除去する必要があります。

しかし水槽掃除だけでは水質を維持するのが難しい場合が多いです。

ろ過フィルターを使用すれば、水質悪化のペースが遅くなるので、水換えの頻度を減らすことができます

エビ水槽に最適な水質・水温は?

比較的淡水エビは丈夫な生き物で、よほど水質が悪くならない限りは元気に泳いでいます。

エビ類の飼育に適している水質・水温は次のとおりです。

  • 水質:中性(pH6.0~7.5前後)を目安にしましょう。
  • 水温:20℃~25℃

繁殖を考えているのであれば、水質・水温を安定させておく必要があります。

エビ水槽の水換えの頻度は?

エビ水槽では、ろ過フィルターのあり・なしで水換えの頻度が変わってきます。

  • フィルターあり:1~2週間に1回
  • フィルターなし:3~5日程度に1回

このペースはあくまでも目安なので、汚れ具合がひどい場合には都度水換えを行いましょう。

水換えの量はどちらも水槽の3分の1程度の量を交換します。

エビ水槽に底砂は必要?

底砂を敷くことで生物ろ過に必要なバクテリアが繁殖し、水質を安定させやすくなります

根のある水草の場合は、砂利だけでなくソイルも使用しましょう。

ソイルは水質をエビ飼育に最適なpHにしてくれますし、水草がしっかりと根を張ることができます。

エビ水槽に水草は必須!

(水草)国産 無農薬マツモ(10本) 本州・四国限定[生体]

エビ水槽では水草は欠かせない存在でしょう。水中にエビが必要とする酸素を供給してくれますし、二酸化炭素や水中の栄養を吸収するので、水質が安定しやすくなります。

水槽レイアウトでも必需品ですし、エビは種類によっては神経質な種類もあるので、隠れ家としても最適です。

エビ水槽でおすすめな水草には次のようなものがあります。

  • マツモ
  • カボンバ
  • アナカリス
  • ウィローモス
  • グロッソスティグマ

もちろんこのほかの水草でもエビ水槽を作ることはできます。アクアリウム初心者は、育てるのが簡単な水草から初めて、水草飼育にも慣れてきてから飼育の難しい水草にチャレンジしてみましょう。

エビの餌は何がいい?

エビは雑食性ですが、ミナミヌマエビやヤマトヌマエビはコケも食べてくれます

水槽内にコケがあるときは、特別餌を与える必要はありませんが、水槽の景観を損ねてしまうので、人工飼料を与えている人が多いです。

オトシンやコリドラス用の沈下性の餌や、エビ専用の餌、また生餌や冷凍アカムシなども食べてくれます。しかし生餌や冷凍アカムシは人工飼料よりも水を汚しやすい点に注意しましょう。

人工飼料や生餌などを与える場合は、1日に1~2回、少量を与えるようにします。

エビの餌についてはこちらの記事で詳しく解説しています。

脱走に気を付けよう!

エビは大人しそうに見えますが、意外に飛び跳ね事故が多い生き物です。しばらく姿を見ないと思ったら、水槽を飛び出して水槽台の影で死んでいた、なんてこともあるんです。

またヒーターなどの配線を登って脱走することもあるので、エビ水槽では必ず水槽のフタをして飛び出し事故や脱走できいないようにしておきましょう。

エビの繁殖のコツとは?

ここからはエビの繁殖のコツについてお話していきます。エビの繁殖を考えているのであれば、まずペアを作らなければなりません

しかしエビにも1匹1匹性格や相性があるため、オス・メス1匹ずつ入れても必ずペアになるとは限りません。またショップの店員さんがオス・メスの区別がつかないことが多いため、一般的に水槽に10~20匹入れて抱卵まで様子を見ることが多いです。

繁殖を考えるなら他の生き物とは一緒にしない!

金魚やメダカなどと一緒の水槽に入れられることの多いエビですが、幼生や稚エビだけでなく親が魚に食べられてしまうことが多いです

またエビ類は神経質な一面もあるので、魚がいる状態だとペアができてもなかなか抱卵できない、抱卵しても食べられてしまう可能性が高いです。

繁殖を考えているのであれば、エビだけの水槽を作ってそこでペアを作ることをおすすめします。

産卵から孵化まで

エビの繁殖を考えているのであれば、水温は最低でも20℃以上は維持する必要があるので、ヒーターを使用して水温を一定に保ちましょう。

後は水質を一定に保ち、エビが落ち着いて過ごせる環境を保って抱卵するのを待つだけです。餌は様子を見ながら少し足りないかも?と思う程度の量で与えましょう

メスが抱卵したら別に用意しておいた産卵用の水槽やケースにメスを移動させましょう。産卵用のケースにも隠れ家となる水草を多めに入れておきます。大きな水槽の場合は隔離ケースを使うのもおすすめです。

お腹から落ちた卵は死んでいるので、見つけ次第スポイトなどで取り除きましょう。

稚エビが孵化した後は?

o-o-(オーオー) 微生物の素 10gエビ メダカ エサ 水質改善 生存率アップ

o-o-(オーオー) 微生物の素 10g?エビ メダカ エサ 水質改善 生存率アップ

卵から孵化した稚エビはとても小さく、親が食べてしまうことが多いです。そのため卵が孵化したのを確認でき次第、メスは元の水槽に戻します。

親と同じ姿形をしているので水槽内のコケや餌の食べ残し、微生物などを自分で探して勝手に食べはじめます。

この時水槽内に餌が少ないと、当然餓死してしまうので、心配ならプランクトンなどを与えましょう。

ヤマトヌマエビの繁殖のコツは?

もしもヤマトヌマエビの繁殖を考えているのであれば、メスが抱卵してから約2週間を目安に、産卵ケースに移します。

メスが卵を放出した後は、メスを元の水槽に戻します。

卵だけになったら卵にカビが生えないよう、エアレーションを強めにして水流を作り、水槽内の水も毎日全部換えましょう

孵化した後は?

ヤマトヌマエビが孵化して幼生が動き出したら、約70%程度の濃度の汽水で幼生を育てていきます。

幼生はとても小さくただ漂っている状態です。はじめは水中にいるバクテリアを餌にしているので、特別な餌を与える必要はありません。

孵化後、約1ヵ月で稚エビになります。

稚エビになってからは少しずつ塩分濃度を下げて、約20日で淡水になるように調整していくことで、淡水飼育に切り替え親と一緒に飼育することが可能になります。

バクテリアはどうやって発生させる

バクテリアは汽水を日光や蛍光灯などの光を当てることで、自然発生しやすくなります

まとめ:エビはコツを抑えれば飼育・繁殖が簡単!エビ水槽を作ってみよう!

エビ水槽を作るために必要な、エビ飼育やエビの繁殖のコツについて解説しました。

エビは水質・水温を一定に保ち落ち着いた環境を作ることができれば、比較的簡単に抱卵します。孵化してから稚魚になるまでの幼生時代の飼育に成功すれば、比較的簡単に成長させることができます。

エビ水槽には水草が必須なので、アクアリウム初心者は水草・エビともに飼育しやすい種類を選ぶことで、綺麗なエビ水槽を作ることができます。

エビだけの幻想的な水槽を作りにチャレンジしてみませんか?