熱帯魚・金魚の水槽・アクアリウム情報メディアサイト「トロピカ」

フォローする

良い流木・悪い流木の見分け方!導入前にチェックしたい5つのポイント!

水槽レイアウトの定番アイテムとも言える流木
アクアショップでは大小さまざまな形状のものが販売されていますが、どれが水槽に合うのかわからず悩んだという経験はありませんか?

流木には良いものと悪いものがあり、悪い流木はすぐに浮いてきてしまったり、どんなに煮沸してもアクが出きらないなどの特徴があります。
実はこの流木の良し悪し、ポイントを押さえれば簡単に見分けることができるんです!

今回は良い流木と悪い流木の違い見分け方のポイントについて、わかりやすく解説していきます。

良い流木・悪い流木とは

流木には水槽のレイアウトに向いた良い流木と、そうでない悪い流木が存在します。
なんとなく形が格好良くて重みのある流木が良さそうなイメージですが、実際はどうなんでしょうか?

ここではまず、良い流木と悪い流木の違いについて解説をしていきます。

流木の良し悪し=扱いやすさ!

流木の良し悪しは結局のところ、扱いやすさや使い勝手の良さによって決まります。

水槽のサイズや水量・飼育している生体によってどんな流木が使いやすいかが変わってくるため、まずは流木のサイズ・枝ぶり・大きさ・アクの出方など、どのような条件のものが自分の水槽に合っているかを見極めましょう。

大型は良質なものが多い

沈水流木 90cm水槽 ゆったりと120cm以上 大型水槽 アクア根流木 水草 ADA ブランチ 淡水魚 海水魚 大型流木 爬虫類 テラリュウム B

流木の良し悪しは使用する水槽によって変わってくるものの、大型の流木は比較的高価な値段が付けられ、高級品として扱われる傾向にあります
小型の流木よりは大型のものの方が、品質的にも優れていることが多いです。

大型の流木が高級である理由には、流木そのものの性質が関係しています。
流木とはそもそも植物の余計な部分が腐ってはがれた骨のような存在のため、大きなサイズを維持していられるということは、中身が詰まっていて頑丈である何よりの証拠なのです。
もともとが脆い植物であれば、大きさを保てずに小さく割れてしまいます。

そのような理由から大型の流木はなかなか流通することがないため、見かけたらかなり貴重です。

プロ目線!扱いやすい流木の見分けポイント5つ

大型の流木は良質のものが多い傾向ではありますが、もちろん小型水槽にマッチする小さな流木の中にも質の高いものは存在します

では一体、流木のどこを見れば良し悪しが判断できるのでしょうか?
ここからは扱いやすい流木の見分け方ということで、

  • 流木の種類・太さ
  • 虫食いが無いか確認する
  • 軽い流木は扱いにくい
  • 水槽に対してのサイズ・立体感
  • 人気ブランドの流木はクオリティが高い

これら5つのポイントについてご紹介をしていきます。

ポイント1:流木の種類・太さ

ヒカリ (Hikari) ブラックホール 徳用 60cm水槽用 5回分

流木を購入する前にまず確認しておきたいポイントが、流木の種類や大きさです。

アクアショップで販売されている流木のほとんどは、アフリカや東南アジアから輸入されています。
主な種類としてはサバンナウッドやアイアンウッド、マングローブなどが挙げられますが、中でもマングローブ系の流木はアクが出やすく、どんなに煮沸してもアクが抜けきらないという特徴があるので覚えておきましょう。

アクの強い流木は水槽設置後に活性炭(キョーリンのブラックホールなど)を使って吸着させるためそこまで気にしないというアクアリストも多いですが、やはり流木としては使いにくいという方もいます。

また、流木の太さは表現したいレイアウトのイメージによって選ぶポイントが変わってきますので、まずはどんなレイアウトにしたいかを明確にしておくことが大切です。
繊細なレイアウトでは細い枝が豊富な流木、大胆で迫力のあるレイアウトでは太い流木や動物の角のような形状をしたホーンウッドが好まれる傾向にあります。


ポイント2:虫食いが無いか確認する

虫食いがあるかどうかは必ず確認しておきましょう。
万が一虫が入り込んでいる場合はアク抜きと同時に取り除くことが可能ですが、虫食いのある流木はボツボツと穴が空いていて見た目があまり良くないですし、品質的にも優れているとは言えません。

ポイント3:軽い流木は扱いにくい

流木の重さも重要な確認ポイントです。

手に持ったときに適度な重さを感じる、中身の詰まった流木の方が扱いやすいですね。
軽い流木はしっかりアク抜きをしても水に浮いてきてしまい、扱いづらいことがあります。

もし流木が浮いてしまうような場合は、数日間水に浸けて内部の空気を取り除いてみましょう。
石と流木を使ったレイアウトの場合は、水に浮かない石を流木に貼り付けて無理やり沈めてしまうのもおすすめです。

ポイント4:水槽に対してのサイズ・立体感

あらかじめ、必要な流木のサイズをある程度決めておくのも大切です。
「買った流木をいざ水槽に設置したら思ったより大きかった(小さかった)」というのは意外とよくあることなので、レイアウトする水槽に対してのサイズ感立体感をイメージしてから購入しましょう。
実際にレイアウトするときにも、スムーズに作業を行なうことができます。


ポイント5:人気ブランドの流木はクオリティが高い

確実にクオリティの高い流木を手に入れたい場合は、人気ブランドのものを購入するのもひとつの方法です。

アクアリウム用の流木にはADA(AQUA DESIGN AMANO)など人気ブランドが存在します。
お値段は高めですが色や形状・重量などのクオリティが高く、特にADAのホーンウッドは枝振りが良くとても人気です

アクが出やすい流木はメリットもある

天然 マングローブ 流木 3個セット R(サイズ・約15~20cm位)

アクが出やすい流木は水を黄ばませてしまったり、水の硬度を下げてしまう性質があります。
そのため見た目が悪くエビや巻き貝の飼育にも不向きなことから、多くのアクアリストからは嫌煙されがちです。

しかし実は、流木のアクにもメリットがあることをご存知でしたか?

流木のアクはフルボ酸やタンニンなどから構成される腐植酸によるものなのですが、この腐植酸には水質を弱酸性に傾ける性質があります
つまりアクの多い流木を使えば、アマゾン川を流れるブラックウォーターの水質を再現することができるのです。

弱酸性の水質を好むテトラ類やベタの飼育にはとても向いていますし、アクを多く含んでいる分、頑丈な流木とも言えます。

まとめ:良い流木・悪い流木の見分け方!導入前にチェックしたい5つのポイント!

今回はプロのアクアリストが注目する、流木の見分けポイントについて解説をしてきました。

良い流木とは結局のところ扱いやすさや使い勝手の良さで決まりますが、どのような流木が使いやすいかは水槽によってさまざま。
まずはレイアウトのテーマや流木の配置などをある程度決めて、それに合ったサイズ・形状の流木を選ぶことが大切です。

ただし虫食いがあったり軽い流木は見栄えが悪く扱いづらい傾向にありますので、そのような流木は形が良くても避けておくのが無難ですね。

初心者の方は水草が活着した流木などを使いつつ、センスの光るレイアウトにチャレンジしてみましょう!