熱帯魚・金魚の水槽・アクアリウム情報メディアサイト「トロピカ」

フォローする

光が弱くても育てやすい水草10選!手頃な照明で育成できる種類をご紹介

アクアリウムといえば魚やエビですが、忘れてはいけないのが水草です。

水にそよぐ水草の美しさは例えようもなく、眺めているだけで日常の疲れが癒されていくようですね。

「水草は育ててみたいけど、特別なライトがないと育てられないんでしょう?」という印象をお持ちの方も多いと思います。確かにそういう種類も多いのですが、水草のすべてが強い光を必要とするわけではありません。

今回は、光が弱くても育てやすい水草を10種ご紹介します!育てやすい水草がたくさんありますので、水草育成にチャレンジする際には参考にしてみてくださいね。

水草専用照明でなくても育つ種類

「水草は水草育成用の強い光を放つライトが無いと育てられない…」と思っていませんか?

実は水草の中には、普通のアクアリウム用のライトでも十分育成できるものがあります。
特別な設備が無くても育てられるので、水草をあまり育てたことの無い初心者の方でもチャレンジしやすいです。

もちろん、初心者向けだからといってショボい水草ばかりということはなく、しっかり育てられれば素敵な水草水槽を作ることもできます。

ただし、このような水草にはならではの注意点も。

弱い光でも育てられる水草は、ゆっくり成長するものが多く、コケが付きやすい傾向にあります。
葉にコケがついてしまうと、光合成が妨げられて水草が傷んでしまうこともありますので、水流を起こしてコケを予防したり、コケ取り生物やメンテナンスでコケを除去したりするようにしてください。

ただし、コケ取りの代表格であるエビ類は、コケだけでなく水草も食べてしまう事があります。食害を避けたいならば水草を食べないオトシンクルスなどがおすすめです。

コケ対策については、下のリンクでご紹介しています。

光が弱くても育てやすい水草10選

「水草は育ててみたいけれど、大掛かりな装置や強い光のLEDライトを購入するほどでは…」
「水草を初めて育てるから、まずは育てやすい種類を知りたい」

このようにお考えの方に特におすすめな、光が弱くても育ってくれる水草を10種類ご紹介します。

  • アヌビアス・ナナ
  • ミクロソリウム
  • ボルビティス
  • バリスネリア スピラリス
  • クリプトコリネ ウェンティーグリーン
  • アヌビアスナナ・ゴールデン
  • アヌビアス・バルテリー
  • ルドウィジア グリーン
  • ウィローモス
  • アマゾンチドメグサ

どれも特殊なライトや機材が無くても育てることのできる水草です。水草を育ててみたい方は、ぜひ参考にしてみてくださいね。

アヌビアス・ナナ

(水草)巻きたて アヌビアスナナ付 溶岩石 S(7~10cm)(1個) 北海道航空便要保温

アヌビアス・ナナは非常に丈夫で育てやすい水草です。ツヤツヤした緑色の、小さく丸い葉をいくつも広げます。

アヌビアス・ナナは成長がとてもゆっくりのため、あまりトリミングをしなくても草姿が変わりにくい優秀な水草ですが、コケが生えやすいので注意が必要です。

コケが生えてしまったら、ヤマトヌマエビやオトシンクルスなどのコケを食べてくれる生物を導入してお掃除をしてもらうと良いですよ。

アヌビアス・ナナの詳しい育て方については、下のリンクをご覧ください。

ミクロソリウム

(水草)ミクロソリウム プテロプス ソードリーフ(1ポット分) 北海道航空便要保温

ミクロソリウムは、ほっそりした緑色の葉をスッと伸ばす、涼やかな印象の水草です。
こちらも成長がゆっくりなので、初心者の方でも手入れが簡単で人気があります。

葉の形が異なる様々な種類がありますので、お好みのミクロソリウムを探してみると楽しいですよ。

ソイルに植えても育てられますが、流木や岩に活着して育てることも多いです。活着するとデザイン性も高くなるので、ぜひ挑戦してみてください。

ミクロソリウムについては、下のリンクをご覧ください。

ボルビティス

(水草)ボルビティス ヒュディロティ ミニ鉢(無農薬)(1鉢) 北海道航空便要保温

ボルビティスは、シダを小型にしたような、切れ込みの入った繊細な葉が人気の水草です。
環境が整うと50cmもの長さになる大型の水草なので、大きな水槽に向いています。

こちらも、活着して育てられる水草なので、流木などに活着して育てると良いでしょう。

エビ類との相性も良いので、コケ取り生体として一緒に育てると素敵な水槽になりますね。

エビ類と相性の良い水草については、下のリンクでご紹介しています。

バリスネリア スピラリス

(水草)バリスネリア スピラリス ミニ素焼き鉢(無農薬)(3鉢) 北海道航空便要保温

これぞ水草!というスラっとした草姿が力強い水草です。明るい黄緑色が水槽をパッと明るく演出してくれます。

最長80cmと非常に長く成長するので、水槽に迫力を出したいときに向いています。水流にそよぐ姿は圧巻です。

バリスネリア スピラリスは、寒さにも強く冬場でもヒーターなしで越冬できるほど。丈夫で特別な設備が無くても育てられるので、初心者の方でも安心です。

ヒーター無しでも育てられる水草については、下のリンクをご覧ください。

クリプトコリネ ウェンティーグリーン

(水草)クリプトコリネ ウェンティー グリーン(無農薬)(1束分) 北海道航空便要保温

緑~茶色の葉をもつ水草です。光が当たるほど茶色に変化しやすいため、緑が好みの方はむしろあまり光が当たらない環境を作ると良いとされています。

水質変化に弱いので、急激に水温やpHが変わらないようにしてあげましょう。

クリプトコリネについては、下のリンクをご覧ください。

アヌビアスナナ・ゴールデン

(水草)アヌビアスナナ ゴールデン 流木付 Sサイズ(1本)(約15cm) 北海道航空便要保温

上でご紹介した、アヌビアス・ナナの色違いがこちら。アヌビアス・ナナの葉が深い緑色なのに対し、アヌビアスナナ・ゴールデンは鮮やかな黄緑色になります。

水槽を明るい雰囲気にしたいときにはこちらがおすすめです。

育て方や特徴はアヌビアス・ナナと同じですが、こちらのほうが葉の色が明るいため、コケが生えたときに目立ちやすくなってしまいます。コケ取り生体を導入したり、こまめなメンテナンスでコケを取り除きましょう。コケの予防には水換えも有効です。

コケの予防については、下のリンクをご覧ください。

アヌビアス・バルテリー

アヌビアス バルテリー[生体]

30cmほどにまで成長する、アヌビアスの仲間です。ハスの葉のようなエキゾチックな雰囲気が魅力的ですね。

アヌビアス・バルテリーは同じアヌビアスの仲間に比べてかなり大きくなるため、小型水槽ではすぐに窮屈になってしまいます。90cm以上の大型水槽への導入がおすすめです。

大型水槽におすすめの大きな水草については、下のリンクでご紹介しています。

ルドウィジア グリーン

ルドウィジア グリーン(5本) ◆ライトグリーンの葉が綺麗◆ メダカにも最適

2cmほどの丸い葉をつけた、可愛らしい雰囲気を持った水草です。

ルドウィジアの育成に光はあまり必要ないのですが、CO2を添加してやるとよく成長してくれます。ある程度伸びると下葉が落ちてしまうことがあるのですが、新芽を差し戻してやると美しく整えなおすことができます。

CO2の添加については、下のリンクをご覧ください。

ウィローモス

(水草)無農薬 自家産 ウィローモス 10cm×8cm 約10グラム あおぞら市場

一般的な照明でもぐんぐん伸びてくれる、頼りがいのある水草です。

筆者が初心者のころに初めて育成をした水草もこのウィローモスでした。何といっても放っておいても勝手に伸びる!伸びたらチョキンと切るだけのお手軽さが今もお気に入りの水草です。

ウィローモスはカットされた部分から新芽を出して分岐するように成長するので、こんもりと育てたい場合はこまめにカットしましょう。

ウィローモスの詳しい育て方については、下のリンクをご覧ください。

アマゾンチドメグサ

アマゾンチドメ (3本) ◆簡単丈夫な万能選手◆

丸い、ハスのような形の葉をいくつも展開する可愛らしい雰囲気の水草です。

葉が柔らかいため、水槽内の生体を傷つける心配がないのがメリットの一つです。長いヒレを傷つけやすいベタとは相性が良くおすすめです。

育てやすい種類ですが根張りが弱いため、細かめのソイルや砂で育てるのに向いています。

ソイルについては下の、リンクが参考になります。

まとめ:光が弱くても育てやすい水草10選!手頃な照明で育成できる種類をご紹介

光が弱くても育てやすい水草を10種類ご紹介しました。どれも一般的なアクアリウム用のライトや、太陽の光だけで育てられる水草です。

葉の形、色などいろいろな種類がありますので、お好みのものを見つけていただけたらと思います。

強い光を必要としない水草は、成長がゆっくりです。頻繁にトリミングをしなくてよいのが利点ですが、コケが付きやすい傾向にあります。コケ取り生体などを上手に導入しながら育成してみてください。

ぜひこの時期、水草育成にチャレンジしてみましょう!

【関連記事】