熱帯魚・金魚の水槽・アクアリウム情報メディアサイト「トロピカ」

フォローする

機材なしで水草水槽にCo2を添加する方法!利点とおすすめアイテムを紹介

水草水槽にとってCO2はうまく生育させるために使用しますが、ハードルが高いので添加装置を設置せず、添加剤などを使う初心者の方も少なくありません。
機材を使わずCO2を添加するメリットとして以下のものが挙げられます。

  • 導入コストが安い
  • 手軽で簡単に添加できる
  • ボンベを切らしたときの応急処置としても使える

もちろん本格的なCO2添加装置を導入できればそれに越したことはないですが、手軽にCO2を添加できるアイテムもさまざまなものが販売されています。
今回は機材を使わずCO2を添加するメリットや、添加できるアイテムなどについてお話ししていきます。

機材なしでCO2を添加する利点


水草を水槽で生育する際に前提とされることが多いCO2の添加ですが、添加装置を導入しているアクアリストも少なくない中で、設置場所を用意できないケースや、初期費用などのコストからハードルが高かったり、装置に手間がかかるのを嫌ってなかなかCO2添加ができていないケースもあります。
しかし装置がなくてもCO2をしっかりと添加するためにさまざまなアイテムが発売されています。まずはそのアイテムを利用するメリットをご紹介していきます。

導入コストが安い!

装置にもよりますが、本格的なCO2添加装置を導入しようとすると1~2万円の初期費用がかかってしまうものがほとんどです。しかし添加材などのアイテムを利用する場合は、装置を導入するのにかかる初期費用よりもはるかに安くCO2を添加できるので、導入コストをかけたくない場合にはおすすめです。

水草によってはCO2添加が不要なものもあるので、生育している水草がどちらかわからない場合はこちらの記事も参考にしてください。

手軽で簡単に添加できる!

CO2添加装置はアクアリストの間でも水草水槽に使われているアイテムですが、ボンベやレギュレーター、スピードコントローラーなどさまざまな機器を組み合わせて設置するので手間がかかり、装置を設置するだけでも一苦労です。
添加アイテムなどを利用する場合はこれらの苦労がかからないので、仕事などが忙しいなどで添加装置を導入する時間がなかなか取れない、という人でも簡単にCO2を添加することができます。

CO2添加装置の導入を考えている人や、設置の仕方が分からないという場合はこちらの記事を参考にしてください。

ボンベを切らしたときの応急処置としても!

きちんとした本格的なCO2添加装置を導入しているケースもありますが、ミドリボンベとも呼ばれる大型のCO2を使っていた場合でもボンベ切れは起きてしまいがちなトラブル。
このような場合でも添加剤などの添加アイテムがあれば、新しいボンベが用意できるまでの応急処置にすることができます。普段は使わないとしても予備で用意しておくことで、トラブルに対応できる幅を広げることも可能ですよ。

機材なしでCo2を添加できるアイテム

CO2添加装置を無理に導入しようとしなくても、販売されているCO2添加アイテムを利用することで得られるメリットについてご紹介してきましたが、どんなアイテムがいいのか悩んでしまいがちです。
そこでここからは液体やタブレットタイプの添加剤から発酵式のスターターキットなどジャンルごとのおすすめアイテムについてお話していきます。

テトラ CO2 プラス

テトラ (Tetra) テトラ CO2 プラス

ドイツに本社があるアクアリウム用品メーカーであるテトラ(Tetra)が販売している液体タイプのCO2添加材です。
液体タイプなので水槽の大きさに合わせて量の調節ができますし、1回の添加で約1週間効果が持続するので、装置がつけられないような小さい水槽や、ボトルアクアリウムをしている人におすすめ。
長く使用する場合にはボンベなどと比べると若干コストがかさむのは難点ですが、CO2を添加する設備がない状態で添加をしたい場合にはいいアイテムです。

ジェックス 水草一番 CO2ブロック

ジェックス 水草一番 CO2ブロック

ジェックスが販売している「水草一番 CO2ブロック」はタブレットタイプのCO2添加材で、水槽の中に入れるだけでCO2を出してくれるので、量などを考えずにすみます。
ただCO2添加装置と比較した場合、このアイテムでは気泡があまり出ないのと、タブレットが溶けでなくなるというタイプではないので、いつ効果が終わったかがわからないのが欠点。
普段使いに使うにはやや厳しい部分がありますが、ボンベ切れなどの緊急処置用に向いているアイテムといえるでしょう。

タイムストップ NEO CO2 30DAYS

タイムストップ NEO CO2 30DAYS

タイムストップが販売しているこのアイテムは、ボンベやスピードコントローラーなどは使わず、培土にイースト菌と自然由来の成分を利用してCO2を発生させるボトル。
一般的に「発酵式」と呼ばれるタイプのCO2添加アイテムで、CO2発生量の調節ができないのはデメリットですが、手軽に発酵式のCO2添加をしたい場合や、そこまでCO2添加にこだわらない場合に使いやすいアイテムです。

ジェックス 発酵式水草CO2スターターセット(エアーチューブ・拡散器・中栓・キスゴム付き)

ジェックス 発酵式水草CO2スターターセット(エアーチューブ・拡散器・中栓・キスゴム付き)

名前のとおり発酵式のCO2添加スターターキットです。水草水槽用にCO2添加を始めたい場合に必要になるアイテムが一通りそろっているので、水草水槽を立ち上げた後などに使いやすいですよ。
この商品に限らず発酵式のCO2添加アイテムに共通する話ですが、気温によってCO2の生成量に大きく差が出ることがあるのは知っておく必要があります。
中に入っている専用パウダー(酵母)1袋でCO2を発生させられるのは1カ月間程度なので、これさえあれば万全というわけではありませんが、CO2添加装置を導入するまでのつなぎなど使える幅は広いです。

テトラ (Tetra) CO2キット

テトラ (Tetra) CO2キット

エアーチューブ、CO2ボンベ、小型の拡散筒がセットになったCO2添加キットです。設置が簡単ですし、発酵式のように気温に左右されないボンベタイプなのも使いやすいポイント。
ですが簡易式なのでCO2添加量はとても多いということはなく、筒の下が空いているので小さい熱帯魚が同じ水槽にいる場合には置き方を考えないと魚が入ってしまう危険もあるので注意が必要です。
コンパクトなので小型水槽にも使えますし、ボンベを交換すれば継続して使い続けられますよ。

まとめ:機材なしで水草水槽にCo2を添加する方法!利点とおすすめアイテムを紹介


水草水槽に必須とされるCO2を添加するには、添加剤を使ったり、CO2添加装置を導入したりとさまざまな方法がありますが、ちゃんとした装置を導入するには手間もコストもかかります。
また添加装置が導入できないような小型水槽やボトルアクアリウムでは添加アイテムの重要性が高くなります。
安定性や長期間使い続けることを考えれば、ちゃんとしたCO2添加装置を導入することを考えたほうがいいですが、小型水槽など機材を使えない環境で水草を育てる場合は、今回ご紹介したアイテムなどを利用して、きれいな水草を育ててあげましょう!