熱帯魚・金魚の水槽・アクアリウム情報メディアサイト「トロピカ」

フォローする

アクアテラリウムで使う水槽のおすすめ人気商品を紹介!ベスト3

陸上と水中の様子を一つの水槽に再現して楽しむ、アクアテラリウム
しかしいざやってみると、いまいちレイアウトが決まらなかったり、せっかく作り上げたレイアウトの見映えが悪い気がしたり…。
そんなお悩みの原因は水槽の選び方にあるかもしれません。

アクアテラリウムは、陸地と水中の両方を再現する複雑なレイアウトが必要となるため、普通の四角い水槽では、見映えが悪くなってしまうことがあります
アクアテラリウムを成功させるには水槽選びがとても重要なのです。

そこで今回はアクアテラリウムで使う人気商品の水槽ベスト3をご紹介します。
合わせて水槽選びのコツもまとめましたので、あわせて確認してみてください。

アクアテラリウムで使う水槽選びのコツとは?

アクアテラリウムで使う水槽を選ぶ際にはどのようなものを選んだらよいのでしょうか?
選ぶ上での疑問点を解消していきましょう。

水槽選びについては、以下の記事も参考にしてください。

どんな形の水槽使えばよい?

レイアウトやメンテナンスのしやすさ、見映えなどを考えて、アクアテラリウム専用の前面がカットされたタイプの水槽がおすすめです。

アクアリウムと違い、アクアテラリウムでは水を満水まで入れることはありません。
そのため、普通の四角い水槽だと、水の入っていない上の部分に水垢などの汚れがついてしまい、メンテナンスの手間がかかります。

ならば、底の浅い入れ物でもでもよさそうに思えますが、横や後ろの面は陸上部分のレイアウトを組むときに、流木や岩の支えに利用できるのであった方が便利です。
そういう意味でも、専用に作られたアクアリウム専用の水槽が最適といえます。

ただし、アクアテラリウムに使う水槽に、絶対にコレでなければならない!という決まりがあるわけではありません。
お手持ちの水槽を利用することもできますし、極端な例でいえば、最近流行りのボトルアクアリウムで使うような100円ショップの瓶でもアクアテラリウムを作ることはできますよ。

アクリル水槽とガラス水槽はどちらが向いているの?

結論から言いますと、ガラス水槽の方がおすすめです。
ガラス水槽の方が、傷がつきにくく、水垢汚れなどを落としやすいからです。
ただ、ガラス水槽は大きさによってはかなりの重さになるものもありますので、置場所には注意してください。

しかし、これもどちらを使わなければならない、というものではないので最終的にはお好みの方を選んでいただいて構いません。
アクリル水槽でもアクアテラリウムを十分楽しむことはできます

アクアテラリウム用水槽のおすすめ人気商品ベスト3!

それではここで、アクアテラリウムに使う人気の水槽ベスト3をご紹介します!

1位:寿工芸 レグラスポニックスシリーズ

コトブキ工芸 kotobuki レグラスポニックス 600 水槽セット

初めてアクアテラリウムを作るという方におすすめしたいのが、寿工芸 レグラスポニックスシリーズです。
植物を植えるための土台が最初から設置されているので、初心者でも簡単に陸地を作ることができます
また、植えた植物を利用した水の循環システムにより、自然な形で水を浄化し綺麗に保ち、水換えの手間を軽減します。
水槽の大きさは3種類ありますので、お好みのものを選ぶことができるのも嬉しいですね。
日々の管理やメンテナンスもしやすいので、アクアテラリウムにはこちらの水槽がおすすめです。

2位:寿工芸 レグラスネイチャーシリーズ

寿工芸 レグラスネイチャーS400

机に置けるような小型の水槽をお探しならば、寿工芸 レグラスネイチャーシリーズがおすすめです。
大きさは3種類ですが、全て上部の蓋が接着されているため、置き方によって2通りのレイアウトを楽しめるのが特徴です。
奥行きを広くして生き物を泳がせることもできますし、高さを出して植物を育てることもできます。

3位:水作 アクアテリアシリーズ

水作 アクアテリア メダカ用KGN190

手軽にアクアテラリウムを楽しみたい方におすすめなのが、水作 アクアテリアシリーズです。
生き物に合わせて、ベタ用、メダカ用、金魚用の水槽が用意されています
自然界に近い循環システムを活用することで、水を浄化し水換えの頻度を減らします

ベタ用やメダカ用では電源を使うようなろ過機も不要のため、置場所にも困りません。
(ベタやメダカのような、ろ過機を使わなくても生きていられる丈夫な生き物を、適切な匹数飼育した場合に限ります。)

小さくて見た目も可愛いので、お部屋のインテリアにもおすすめです。

ここが違う!アクアテラリウム専用水槽のよいところは?

普通の四角い水槽に比べると、少々割高になるアクアテラリウム専用水槽。
アクアテラリウムを作るのに便利な利点を考えてみましょう。

メンテナンスがしやすい

アクアテラリウムでは、陸地に植えた植物に霧吹きやじょうろで水をあげるのですが、普通の水槽だと、隅々まで水が届かないことがあります。
また、コケを植えたり、植物をトリミングしたりと細かい管理が必要なとき、水槽の前面が邪魔になることも多いです。
その点専用の水槽は、前面がカットされているので日々の管理がしやすく、余計なストレスがかかりません

陸地が作りやすい

アクアテラリウムの重要な要素の一つが陸地ですが、作るのに意外と苦労し、ここでつまずいてしまう方も多いと思います。
水面より高い土台を作らなければならず、プラスチック段ボールなどを使った工作技術が必要なので、苦手な方はなかなか思うようにいかないことも…。

そんなとき、陸地用の土台が据え付けられている専用の水槽を使えば比較的簡単に陸地を作ることができます

湿気を防げる

アクアリウムでも湿気に悩まされることはあると思いますが、アクアテラリウムでも湿気の悩みはつきません
水面からは水が蒸発しますし、日々の植物への水やりも湿気の原因になります。
滝の設置された水槽だとなおのことです。

湿気が発生することにより、水槽内にカビや曇りが発生してしまいますので、なんとか対策したいところ。

専用水槽は、前面がカットされている分通気性に優れており、湿気がこもりづらくなり、カビや曇りの抑制になります

まとめ・アクアテラリウムで使う水槽のおすすめ人気商品を紹介!ベスト3

アクアテラリウムには、アクアリウムとは違った魅力があると同時に、レイアウトを組んだり、植物の管理が必要だったりと、何かと手間もかかります。

そういった手間を少しでも減らし、アクアテラリウムを楽しむために、最初はアクアテラリウム専用の水槽を使用してみるとよいでしょう。

これを機会にぜひアクアテラリウムにチャレンジしてみてください!

アクアテラリウムについては以下の記事でもご紹介しています。