トロピカ-初心者向けアクアリウム、熱帯魚水槽、金魚、メンテナンスの情報メディア

フォローする

メダカ水槽の暑さ対策!水温や酸欠、水質悪化に注意して夏を乗り切ろう

夏はメダカが一番元気な季節というイメージを持っている人は多いのではないでしょうか。しかし、メダカ水槽を観察していると夏の暑い時期は、ぐったりとして元気がないものが多いことに気づくのではないでしょうか。

水中にいるとはいえ水温が上がりすぎると、メダカも人間と同じく夏バテを起こし体調を崩してしまうことが多いです。

また水温が高くなれば、水槽内の水質悪化が早まり、水中の酸素が少なくなるためメダカ飼育環境が悪化するというデメリットがあります。

今回は夏のメダカ水槽の暑さ対策について解説していきます。

どうして夏はメダカ水槽の水温が高くなるのか

夏になると日陰や涼しい場所にメダカ水槽を移動しても、水温が予想以上に上がってしまうことが多いです。

一般的に水槽の水は外気温の変化を受けやすく、室内の温度が上がっていけば、外気温で水槽内の水が暖められてしまうため、水温が上がってしまうのです。

また室内でも日光の当たる場所や、水槽用照明を使っている場合は光によって水が暖められるので、自然とメダカ水槽内の水温も上がっていきます。

室内に置いてあるメダカ水槽で煮えてしまう?

アパートやマンションなど、コンクリの建物は建物の中に熱が蓄積されてしまうために、閉め切っていると室内が異常な温度になってしまうことあります。

外出時にエアコンや扇風機などを切って、窓を閉め切った状態にしていると室内の気温がどん上がっていき、メダカ水槽の温度が40℃近くなることもあるんです。さすがにここまで水温が上がると、メダカが煮えてしまうということが起こります。

締め切った室内に置いておくくらいなら、ベランダなど外の日陰にメダカ水槽を置いておいたほうが水温が上がりにくいです。

メダカ水槽の水温が高くなると起きるデメリットとは?

メダカ水槽の水温が上がることで、メダカがバテたり煮えてしまうこと以外にもデメリットが2つあります。

まず水温が上がるとメダカの新陳代謝が活発になり、フンなどの排せつが増え、餌の食べ残しが腐るのも早くなるので、水質悪化が早まるのです。

また新陳代謝が活発になると、必要とする酸素量が普段よりも多くなることから、メダカ水槽内で必要となる酸素量が増えます。しかし水は高温になると酸素を含む量が減ってしまうため、水槽内で酸欠が起こりやすくなるのです。

メダカ水槽が酸欠かどうかを判断するには、メダカの様子を観察しましょう。水面で口をパクパクと開け閉めしている状態なら、酸素が少ないサインです。

水質悪化や酸欠は、こまめに水換えを行ったり、エアレーションを入れることでメダカ水槽内の環境を改善することができます。

水温上昇のデメリットに関しては、こちらの記事で詳しく解説しています。

メダカ水槽にも水温計を設置しよう!

ジェックス 水温計 中 TM-34

ショッピングサイトを選べます

熱帯魚や海水魚飼育では水温計は必須アイテムとなっていますが、メダカ水槽では水温計を設置していない人が多いです。

夏や冬のように水温の上下が激しい場合は、メダカ水槽にも水温計を設置しておいたほうが、平均的な水温や猛暑日などの水温をすぐに知ることができます。

水槽用の水温系はアクアショップや、ホームセンターなどのペットコーナーで購入することが可能です。昔ながらのアナログ式の水温計は、最近は100円ショップでも販売されていることもあるようです。

吸盤で水槽内に設置するものがほとんどですが、中にはデジタル式の水温計もあるので、自宅の水槽にあったものを選びましょう。

メダカ水槽の暑さ対策をご紹介!

ここからはメダカ水槽の夏の暑さ対策をご紹介していきます。水槽用のクーラーを使う方法から、場所移動などとても簡単なものが多いので、水温が高くなりすぎているなと感じたら実行してみてください。

夏の水温対策に関してはこちらの記事でも詳しく書いています。

日よけをつくる・水槽の場所を移動する

外に水槽を置いている場合は、外気温のほかに直射日光を受けることで水温が高くなることが多いです。

そのため、直射日光が当たる場合には日陰ができるように日よけを作り、日陰に水槽を置くことで、直射日光での水温上昇を防ぐことができます。

また室内でも窓際に置いていると日光で水温が上がるので、レースのカーテンなどで日光を和らげたり、メダカ水槽の場所移動なども必要です。

屋外飼育での日光に関してはこちらの記事を参考にしてください。

水槽用のクーラーや冷却ファンを使う

テトラ (Tetra) 25℃ダブルクールファン CFT-60W

ボトルアクアリウムや小型~中型の水槽でメダカを飼育しているのなら、水槽用のクーラーや冷却ファンを使うことで水温を下げることができます。

それぞれ向いている水槽のサイズや、メリット・デメリットがありますので、特徴を理解したうえで使用しましょう。

水槽用クーラーや冷却ファンについては、こちらの記事で詳しく解説しています。

室内用のエアコンや扇風機で水温を下げる

室内用のエアコンや扇風機の風を、直接メダカ水槽に当てることで水温を下げることができます。

しかしこの場合、エアコンだとメダカ水槽の水温が下がりすぎてしまうことがあるので注意が必要です。

室内用のエアコンや扇風機を使った方法については、こちらの記事で詳しく解説しています。

断熱材や断熱シートで水温上昇を防ぐ

スドー メダカの発泡鉢 大

メダカ水槽の暑さ・寒さ対策でよく使われるのが、断熱材や断熱シートです。外気温をシャットアウトして、中の温度を保つ素材で、メダカ水槽の両サイド・背面につけて使います。

ただしこの場合でも、日光が当たる場合は日陰を作ったり、日陰にメダカ水槽を移動するという方法も併用したほうがよい場合があります。

メダカ水槽には、発泡スチロール製の水槽があります。断熱効果があるということで利用する人が多いですが、デメリットもあるんです。

発泡スチロール製の水槽は、プラスチックやガラス製などの水槽と比較すると、水温の上昇は比較的緩やかです。

しかし外気温をシャットアウトするだけでなく、中の水の温度を保つ性質もあるため、夏場は夜になって涼しくなっても、水温が下がりにくいというデメリットがあります。

少量の水換えをこまめに行う

水温が上がると水質悪化や酸欠になりやすいため、こまめな水換えを行うことで水温を下げつつ、酸素補給や水質悪化を防ぐことができます。

ただしいつもの水換えの量で行うと、水温が急激に下がってメダカにダメージを与えてしまうことになりかねないので、水換えの量はいつもの半分くらいの量にして、回数を増やしましょう。水温上昇による水質悪化が気になる陽であれば、底床の掃除も行うとより効果的です。

水換えに関してはこちらの記事も参考にしてください。

メダカ水槽の暑さ対策!水温や酸欠、水質悪化に注意して夏を乗り切ろうまとめ

メダカも人間と同じように夏の暑さでバテることがあり、最悪の場合水温が上がりすぎて死んでしまうことがあります。

また水温が上がりすぎれば酸欠や水質悪化も起こりやすくなるため、夏場は特にメダカ水槽の様子を観察しておく必要があります。

適切な暑さ対策を行うことで、夏の暑さでバテることはあっても、メダカの死を防ぐことができるので、メダカの様子をみながら水換えや、水槽の位置かえなど適切な処置を行ってください。