トロピカ-初心者向けアクアリウム、熱帯魚水槽、金魚、メンテナンスの情報メディア

フォローする

水槽凍結を防止するには!冬の屋外水槽はエアレーションと断熱材で守ろう

四季がはっきりしている日本では冬の寒さは12月~2月が最も厳しい時期になります。室内飼育でも北海道や東北などの寒冷地ではヒーターは必須で、屋外で飼育している場合は屋内に水槽やビオトープを移動する必要があります。

関東や九州でもこの時期は寒さが厳しくなるため、屋内に水槽を入れる必要が出てくる地域も多いです。そもそも水槽での屋外飼育はあまり望ましいものではありませんが、どうしても冬も屋内に置くことができない場合は水槽内の凍結を防ぐ必要があります。

今回は冬に屋外に水槽を置く時の、水槽凍結防止方法についてお話していきます。

生き物によっては冬眠することもある

もともと水槽は外気温の影響を受けやすく、屋外飼育の場合は室内よりも水温の変化が激しくなります。冬の寒さの影響もモロに受けるため、水槽内の温度が下がり水が凍ることがよくあります。

しかしそのような状態でも、日本でも自然環境下で生きているメダカやミナミヌマエビといった生物は冬眠することで、屋外飼育でも越冬することが可能です。熱帯魚のような温かい地域に住んでいる生物は、屋外飼育で冬を越すことができませんので、室内で温かい状態で飼育する必要があります。

冬に屋外に冬眠して越冬するというのは水面だけが凍っていて、水中や生き物自体が凍っていないという状態に限ります。水中全体が凍ってしまえば中にいる生き物も凍り付き、死んでしまうため、冬に水槽を生き物が入ってる状態で置く場合には、水槽の凍結防止対策を行わなければなりません。

しかし冬眠するといっても、冬眠前に十分な体力がない・元々弱っていたり病気になっているような場合は冬眠に入ってそのまま死んでしまったり、温かくなってきたときに冬眠からの目覚めで失敗して死んでしまうケースも少なからずあります。

メダカの冬眠について知りたいという方はこちらの記事をご覧ください。

屋外飼育ではヒーターを設置することが難しい

ジェックス NEW セーフカバー ヒートナビ SH160

室内飼育であれば電源がすぐ近くにあるため、ヒーターを設置して水温を一定に保つことで冬の寒さを乗り切ることができます。

屋外に水槽を置く場合、人によっては延長コードを使用して外に電源を設置してヒーターを使用する人もいますが、建物の構造などからヒーターを設置するための電源の確保が難しいことが多く、水温を一定に保つことが難しくなります

屋内に移動といって、玄関先や物置など常に気温が低い場所に置くのも同様に、外気温の影響をモロに受けるので水温を維持しにくいです。そのため12月~2月は水温が氷点下~10度前後の間で変化しやすくなります。

屋外で水槽の凍結を防止する方法とは?

冬の水槽でも水槽全体が凍らなければ、冬眠するメダカのような生物は生きていることができます。しかし具体的に水槽凍結を防止するとなると、一体どんな方法があるのかとアクアリウム初心者は頭を悩ませることでしょう。

水槽凍結を防止するには冷たい風や外気温をシャットアウトするために断熱材を使ったり、エアレーションを入れるなどいくつか方法があります。

発泡スチロールなどの断熱材を使用する

アルミ 保温マット 2畳用 1.8×1.8m ホットカーペット下敷き U-399

冬に屋外に水槽を置くときに水温を保ったり、水槽凍結を防ぐために一番有効なのは断熱材でしょう。見た目は悪くなりますが、槽に直接断熱効果のあるシートなどを張り付けるのがおすすめです。

発泡スチロール 板 断熱材 5枚 600×450×25mm 普通硬さ

また発泡スチロールは外気温をシャットアウトしつつ内部の温度も保ってくれるので、可能であれば発泡スチロールを張り付けるのもよいでしょう。

発泡スチロール 箱 (肉厚) 保温冷凍箱 3個 550×350×280mm 【内容量33.5リッター】

発泡スチロール 箱 (肉厚) 保温冷凍箱 3個 550×350×280mm 【内容量33.5リッター】

もしくは冬の間だけ、発泡スチロールに水槽内の生き物を移すという方法もありますが、この場合はふたも発泡スチロールにしておくと保温・断熱効果が高まります。断熱シートや発泡スチロールはホームセンターで販売されているので、比較的購入しやすいです。

ビニールハウスで断熱

屋外に水槽を置いている人は、小さな水槽用のビニールハウスを作って、外気温を防ぐ人もいます。しかし北海道や東北のような積雪地域では、雪の重さでビニールハウスがつぶれてしまうことがあるので、積雪のない地域で対応可能な処置になります。

エアレーション

水作 水心 SSPP-7S

水作 水心 SSPP-7S

エアレーションは電気が必要になるので、屋外でも電気を使用できる環境にある水槽が対象となります。何故エアレーションが有効なのかと疑問に思う人がいると思います。

まず自然の河川を思い浮かべてください。北海道などの寒冷地でも川や湖の水は凍り付いて流れが止まることがありません。上層部が凍ってもその下では水が流れています。

これは川の水が常に動いているためです。氷点下になったときに水が止まっていると表面から凍っていくので、屋外に置いている水槽の水を凍らせないためには、少しでもよいので水を動かす必要があります。

エアーポンプは水槽内に空気を送りつつ、エアレーションで水流を作り出すため、水槽内で水が循環し凍りにくくなります。

エアレーションが難しい場合

屋外水槽の近くに電源がなくエアレーションを設置できない場合には、発泡スチロールなどを浮かせておくことで対策になるケースがあります。風で浮いている発泡スチロールが動いて水面が揺れるだけでも、水が動くので凍結防止になることがあります。

水深を深くする

冬に屋外に水槽を設置する場合は、できるだけ水深を深くしましょう。水面から底までの深さがない浅い睡蓮鉢のような容器や高さのない水槽だと、水が全て凍ってしまう恐れがあります。

発泡スチロールに生き物を入れる場合には、容器ぎりぎりまで水を入れて軽くフタをするだけで凍結しにくくなります。

水の蒸発に注意!

屋外に水槽を置いている場合、冬は気温が低いから水が蒸発しないと思っている人もいますが、冬は乾燥が激しい季節です。夏と比べると少ないものの冬の屋外でも水槽内の水は蒸発するので、時折水位を確認して蒸発して水位が下がっているのであれば水を足してあげましょう。

水槽を凍らせないために水温にも気を付けよう

水が氷はじめるのは0℃以下なので、できるだけ水温は0℃以上を保つ必要があります。そのため少しでも温かい場所に水槽を移動する・昼間日当たりの良い場所に置くなどの対処をすることでも、水槽全体が凍るのを防ぎやすくなります。

まとめ:冬の屋外水槽では、断熱材やエアレーションで水槽凍結を防ぐ!

基本的に季節問わず水槽を屋外に置くのは、安全面などからおすすめできませんが、どうしても屋内に設置することができず冬も屋外に水槽を置く場合は凍結防止対策は必須です。

メダカのような冬眠する生き物の場合、水面付近だけが凍っている場合は越冬することができますが、水槽の底まで凍り付いてしまえばメダカなどの生き物も凍って、体の機能が停止して死んでしまいます。

冬の屋外水槽ではエアレーションや断熱材の使用、水深を深く保つことで水槽凍結の対策を行うことが可能です

大切な生き物を死なせないためにも、冬の対策は万全に行いましょう!