トロピカ-初心者向けアクアリウム、熱帯魚水槽、金魚、メンテナンスの情報メディア

フォローする

金魚を冬に飼育する方法!冬眠はさせたほうが良い?冬越しの方法教えます

金魚を冬に飼育する方法!冬眠はさせたほうが良い?冬越しの方法教えます

金魚は、気温が下がると冬眠する動物です。

気温の下がりやすくなる秋から冬季にかけて、金魚を冬眠させた方がいいのでは?と考える方も多いと思います。

特に、睡蓮鉢などのビオトープで屋外飼育をしている方にとっては、水槽の冬越しの方法が気になる場合が多いのではないでしょうか?

金魚を冬に飼育する場合、屋内飼育と屋外飼育では方法が違います。また、金魚を無加温で飼育するのは、金魚が強くなるといったメリットがあります。

今回は、金魚の越冬方法について詳しくご紹介させていただきます。

金魚を冬に飼育する方法!冬眠はさせたほうが良い?冬越しの方法教えます

金魚は水温が15℃以下になると、餌食いが悪くなります。

特に水温が10℃を下回ると、エサへの食いつきが悪くなるばかりか、金魚の活動が停滞し、冬眠モードに入ります。

屋外飼育の金魚にこの傾向は顕著ですので、冬時期は金魚を冬眠させて、冬越しさせてあげましょう。

金魚は冬眠させた方がいいのか?

金魚を無加温飼育すると強くなる?

屋外飼育の金魚の場合は、四季の温度変化に慣れさせた方が、金魚が丈夫で強い体質になりやすいといわれています。

冬時期、水温が下がると冬眠モードに入る金魚を、無理なく冬眠させてあげましょう。

金魚の活動水温と冬眠

  • 金魚の活動水温:15~28℃
  • 金魚の冬眠:水温が10℃以下になると動かなくなり、冬眠に入る。

金魚を冬に飼育する方法

金魚たちの冬眠

金魚を冬眠させなくてすむ屋内飼育の場合でも、部屋の中の温度が下降するにつれ、水槽内の水温は下がっていきます。そして、暖房をつけると水温が上がるため、金魚には負担のかかりやすい時期でもあります。

また、暖房を使用しない部屋に金魚水槽がある場合は、水温が下がった時だけ動きが悪くなり、金魚が冬眠に入ってしまうことも考えられます。

ヒーターは必要に応じて設置しましょう

金魚の水槽が置いてある部屋に、暖房が設置されている場合、水温の上がり下がりが激しくなり、金魚には負担がかかりやすくなります。

寒暖の差が激しい部屋では、暖房のスイッチを切っている際も、水温を一定にするために、水槽用のヒーターを設置しましょう。

ヒーターなしの場合

屋内でも、暖房のヒーターを使用しない時の部屋の温度は下がります。

同時に金魚水槽の水温も下がるため、水温が低くなると金魚の消化能力が落ちてきます。

冬時期は、消化の良い脂質の少ないエサを与えるようにして、消化不良による転覆病を防ぐようにしましょう。

金魚を冬眠させる方法

金魚ら#003 水温3℃だいたい冬眠中

屋外飼育の場合

冬眠時の金魚のエサについて

ビオトープなど外の水槽で金魚を冬眠させる場合は、気温が下がりだしたら、水換えの回数をへらしていき、消化のいいエサを与えるようにします。

水温が下がると、脂質の多いエサほど消化が悪くなり、転覆病の原因になったりするので、金魚に与える、脂質を含んだエサ(活餌や肉こぶ形成用のエサなど)の量を減らしていきます。

餌食いが極端に悪くなってきたらエサを与えるのをやめ、そのまま様子を見ていきます。

金魚の冬眠に必要な青水

特に屋外水槽では、温かい時期に水槽の栄養分と日光によって、アオコと呼ばれる青水が発生しやすいです。この青水は、金魚にとって必要な、ミネラルやビタミンなどの栄養分を含んでいます。

冬眠中の金魚は、エサを食べなくなるため、この青水の中で冬眠させると、春まで元気に冬眠することができます。

冬時期に水換えをおこなうと、青水に戻る際に時間がかかってしまうため、水換えはよほどでない限り、おこなわないようにしましょう。

冬眠に必要な水量や水深

屋外で金魚を冬眠させるさせる際は、水面にが張りやすいです。

その下で金魚は冬眠するわけですから、水面の温度変化の影響を受けにくくなるように、水深は深く保ち、水の量は多めにして、全部の水が凍ってしまわないようにしましょう。

この際、金魚は水槽の底面で動かなくなるので、多くの酸素を必要としません。

よって、水温をむやみに変動させないためにも、水流を攪拌させるような機材はストップしておいても大丈夫です。

また、水草を多めにいれておくと、金魚の隠れ場所にもなりますし、全部の水が氷るのを防ぐことができます。

屋内飼育の場合

屋内でも、暖房のない寒い部屋に水槽があると、金魚が冬眠する場合があります。

寒さに弱い金魚以外は、水温が下がれば動かなくなり、冬眠に入ることが予想されるので、なるべく温度変化の少ない場所に水槽を置き、金魚を冬眠させる必要があります。

冬季にヒーターが必要な金魚の種類

  • らんちゅう
  • ピンポンパール
  • 出目金
  • 琉金

丸型の金魚は、基本的に温度変化による消化不良で転覆病にかかりやすいです。

飼育に慣れてきて、金魚が大きくなると、丸型の金魚でも冬眠させることができるようになってきますが、飼い始めの小さい金魚や、飼育にヒーターが必要なピンポンパールなどは、長期の冬眠には向いていませんので、水槽用のヒーターを設置してあげましょう。

特に、低水温に弱いピンポンパールの水槽には、ヒーターを設置する必要があります。

まとめ・金魚を冬に飼育する方法を紹介!冬眠はさせたほうが良い?冬越しの方法教えます

普段はハイテンションな金魚も、水温が下がると冬眠します。

金魚を冬越しさせる場合は、屋内の場合は、水槽用のヒーターを設置して温度変化が少ない環境で冬越しさせるか、屋外の場合は、水深の深い水槽で冬眠させるのがおススメな方法です。

冬は人間も寒く感じますが、金魚にとっても、活動が低下する時期です。

それぞれの飼育環境に合った方法で、金魚の冬越しを手伝ってあげてくださいね!

【関連記事】