トロピカ-初心者向けアクアリウム、熱帯魚水槽、金魚、メンテナンスの情報メディア

フォローする

尾ぐされ病の治療法!悪化すると厄介!症状と根本的な対策・解決方法とは

尾ぐされ病は観賞魚の代表的な病気の1つで、名前の通り尾ビレを中心とした各ヒレが白く濁ったり、ボロボロになってしまう症状が出ます。重病化するとヒレが溶けるようにして消失して衰弱死することもあるので、早期発見・早期治療が重要です。

尾ぐされ病の原因は「カラムナリス菌」に感染することですが、この病原菌は水中に常在している細菌なので、観賞魚の免疫力が正常であれば発症しません。そのため、病気の予防には観賞魚にとって適した飼育環境の維持が何よりも大切です。

ここでは、尾ぐされ病について原因と症状や治療法に加えて、予防策などをご紹介します。

尾ぐされ病とはどのような病気か?

症状

初期の段階ではヒレの先端や縁の部分に白濁が見られ、その周辺が充血することが主な症状です。

病気が進行するとともに白濁はヒレの全体に及び、やがてヒレが裂けるようにしてボロボロになっていきます。さらに重病化すると、先端の方から溶けるようにしてヒレが消失していき、病魚は衰弱死してしまいます。

原因

尾ぐされ病の原因は「カラムナリス菌(Flavobacterium columnare)」に感染することです。カラムナリス菌は水中に常在している細菌なので、観賞魚の免疫力が正常であれば感染しません。しかし、水質の悪化などの影響でストレスがかかり、免疫力が低下すると罹患する可能性が上昇します。

ヒレが溶けてしまう原因は、カラムナリス菌が発生させるタンパク質分解酵素の働きによるもので、同病原菌によって引き起こされる病気は、他にも「口ぐされ病」「エラぐされ病」が挙げられます。

病状はいずれも、カラムナリス菌が発生させたタンパク質分解酵素によって、魚体の各部がダメージを受けてしまうことです。つまり、カラムナリス菌が感染した場所によって病名が異なっているだけで、根本的な症状や治療法、対処法は同一です。

ちなみに、カラムナリス菌は好気性細菌なので活動には酸素が必要です。よって、魚体の内部では繁殖ができないため、感染箇所は魚体の表面や酸素が豊富なエラに限られます。

尾ぐされ病の治療法

病魚を隔離して塩水浴(えんすいよく)をさせる

ジェックス 塩で元気 100g

まず、尾ぐされ病の症状が見られる病魚を発見したら、治療用の水槽を用意してそこに隔離してください。カラムナリス菌は塩分に弱いので、初期段階であれば飼育水に食塩を溶かして、塩水浴をさせることにより十分に治癒可能です。

塩水の濃度としては0.5%程度で、その濃度にするためには10Lの水に対して食塩50gを溶かします。塩水浴をさせる際は、いきなり塩水に入れることはせずに、通常の水合わせの要領で少しずつ飼育水と交換するか、複数回に分けて食塩を投入してください。

塩水浴の時間は丸1日程度で、1日が経過したら水合わせを行ってから、飼育水槽に戻します。その後、経過を観察して回復が認められない時、並びに病魚を発見した際すでにヒレが裂けるほどに病状が進行していた場合は、塩水浴を継続するか後述する魚病薬を用いた薬浴を行ってください。

魚病薬を用いて薬浴させる

ニチドウ グリーンFゴールド フック式 2g×2包 (動物用医薬品)

塩水浴で回復しない場合や、発見時に病状が進行していた時は、魚病薬を用いた薬浴により治療を行います。尾ぐされ病に対して効果的な魚病薬は、「グリーンFゴールド」「観パラD」「エルバージュエース」などが代表的です。

薬浴を行う際の濃度は、それぞれのパッケージに表記された規定量を守り、塩水浴の場合と同様に少しずつ飼育水と交換するか、複数回に分けて薬を投入してください。

薬浴を行う期間は、基本的には病気が治るまでで、この時に上記の塩水浴を並行することも効果的です。薬の種類によって治療効果が持続する時間が異なるので、説明書をよく読んで必要に応じて薬を再度投入してください。

尾ぐされ病の治療における注意点

塩水浴について

塩水浴は塩が持つ殺菌効果や、魚の浸透圧調節を助けることで魚体への負担を軽減し、病気からの回復を促す方法ですが、塩に弱い魚種には使用できないので注意してください。塩への耐性が低い魚種としては、主にアメリカン・シクリッドカラシン類が挙げられます。

また、塩水浴を行う際はフィルターを稼働させても良いですが、塩水は傷みやすいので水の濁りなどの現象が見られたらすぐに水換えを行ってください。換水する量は1/2までにして、いきなり全部を換えることは避けましょう。

使用する塩については通常の食塩で問題ありませんが、添加物が含まれているものは避けてください。最近では、塩水浴に使用するための魚用の塩も販売されています。

それから、粗塩や岩塩などは含有される不純物によって、食塩と同量を溶かし込んでも、治療に適した塩分濃度に満たないこともあるので注意してください。

薬浴について

観賞魚の種類によって薬物耐性に違いがあることは知っておいてください。特に、大型ナマズや古代魚は一般的に薬物耐性が低いので、魚病薬の使用には細心の注意が必要です。

これらの魚種に魚病薬を使用する時は、規定の濃度よりも1/3~1/2程度の低い濃度で、様子を注視しながら治療を行ってください。

また、薬浴時は通常、フィルターは使用しません。なぜなら、魚病薬によってバクテリアが死滅してしまい、生物ろ過が不可能になるからです。そのため、薬浴時は2~3日おきに水換えを行うことで水質の悪化に対処します。

餌について

数日程度の塩水浴・薬浴であれば、餌を与える必要はありません。なぜなら、餌による水質悪化のデメリットの方が大きいからです。

しかし、治療が長引きそうな場合は餌を与えてください。絶食状態になると体力が低下し、回復しにくくなってしまいます。ただし、与える量はいつもより少なめにする必要があります。

病気で元気がない時は食欲も低下しますし、食べ残しが生じると水質が悪化して治療効果が薄くなってしまいます。餌を食べ残した場合は、必ず水槽から取り除いておいてください。

▼メダカの餌に関してはこちらもご参考にしてください。


水草について

ニチドウ マラカイトグリーン水溶液 アグテン 250ml (動物用医薬品)

病気の種類によっては、水槽のリセットとともに水草の入れ替えが必要ですが、尾ぐされ病の原因菌であるカラムナリス菌は常在菌なので、水草は再利用が可能です。

再利用したい時は水道水でよく洗えば大丈夫ですが、不安なようでしたら「アグテン」などの水草を枯らさない薬で消毒しておくと良いでしょう。

尾ぐされ病を予防するには?根本原因の対策と解決法

前述したように尾ぐされ病の原因菌は水中に常在しているタイプの細菌で、観賞魚の免疫力が正常であれば感染しません。言ってしまえば人間にとっての風邪のような病気なので、観賞魚の免疫力が低下してしまう原因を作らないことが重要です。

観賞魚の免疫力が低下してしまう理由は主にストレスが挙げられるので、以下に示す点に注意してください。

  • 水質の悪化
  • 水温の変化
  • 混泳魚との相性
  • 過剰な水槽作業

まず、観賞魚にとって適した水質が保持されているかチェックすることは基本です。適したpH帯から外れているとストレスを与えてしまいます。それと同時に水温のチェックも日頃から行っておきましょう。温調機器の故障で適温を外れていたがために罹患した事例は散見されます。

また、混泳させている場合は、他の魚との相性にも注意する必要があります。他の個体に常に追い掛け回されるような環境ではストレスになることは必至です。それに付随して、新しい個体を迎えた時の環境の変化にも注意してください。

そして、水換えなどの日常的なメンテナンス時はなるべく手早く作業を完了し、予定になかった工程は緊急性が高いものを除いて次回のメンテナンス時に回すようにしましょう。

水槽作業は基本的に飼育している生体にとってはストレスになる事柄なので、頻度や1回あたりにかける時間については注意が必要です。

まとめ・尾ぐされ病の治療法と根本原因の解決法について

尾ぐされ病は観賞魚の飼育においてよく見られる病気の1つで、原因はカラムナリス菌に感染することです。同病原菌は水中の常在菌なので、観賞魚の免疫力が正常ならば発症しません。

観賞魚の免疫力が低下する要因としてはストレスが挙げられるので、水質や水温などそれぞれの魚種にとって適した環境を維持できるかが、病気の予防には重要です。

重病化するとヒレを失って衰弱死してしまうこともあるので、早期発見・早期治療ができるように日頃から様子をよく観察しておきましょう。

コメント

  1. 昨年より始めてこの冬おぐされやくちぐされで複数のコリやテトラを死なせてしまった者 より:

    昨年より始めてこの冬おぐされやくちぐされで複数のコリやテトラを死なせてしまった者ですが、
    記事について真偽が分からなくなったのでコメントします。
    当該記事にて「カラムナリス菌は塩分に弱い」と断言されていますが、失礼ながらネット上あちこちの情報を見るに、逆にカラムナリスは塩浴では勢力が弱まらないという反対意見が存在します。
    下記blogにては、カラムナリスは塩分濃度0〜0.5%でよく発育するという記事になっています。
    https://ameblo.jp/kumada-kumaco/entry-12367172756.html

    カラムナリス菌は、塩に弱いと呼ばれていますが、0.5%の塩分濃度で爆発的に繁殖したとの報告があり、注意が必要です。
    http://www.kinhito.net/beginner/detail.html?id=21
    このblogも文献が正確に情報出されておらず確実なのかは分かりませんが、話半分としてもこの冬病気になってしまった魚たちの対応の様子からやはりカラムナリスに塩浴はだめみたいかなと思っていたところ、当該記事を読ませて頂きました次第です。
    塩浴による浸透圧や免疫力の効果はあるのだろうと思いますが、ケースを限定してカラムナリスにたいしては塩浴はどうなのか?弱いそうですとばかりの記事が多く、元となる文献あるいはデータ、観察経過の記事があるのか(短時間では見つかりませんでした)
    いずれで結構ですので、対民間治療の真偽ではないですけれど比較記事を出していただけると幸いです。

  2. 昨年より始めてこの冬おぐされやくちぐされで複数のコリやテトラを死なせてしまった者 より:

    先ほどコメントした者ですが、
    https://ameblo.jp/kumada-kumaco/entry-12367172756.html
    上記blogにては、カラムナリスは塩分濃度0〜0.5%でよく発育するという記事のもととなっているサイトを見付けましたのでおしらせします。

    該当blog カラムナリス症の記事をお読みください。
    http://www.yoshiwo.jp/sick/

    対策として塩と抗菌剤があげられていますが、ここでいう塩の濃度が論外な2%のことなのか、それとも0.5%以下としたらどのくらい?が知りたいところです。

    • 中島 より:

      少し言葉足らずで申し訳ございません。カラムナリス感染で塩水浴を行う目的は、『発症間もない初期に魚の体力を回復させて、菌への免疫力をあげて治療する』ということです。ごく短時間(3分以内)に1.5%以上の塩水へ病魚をいれて殺菌する方法もありますが、耐えられない個体もおります。ある程度カラムナリスの症状進んでしまった場合(目に見えてヒレが欠けてきた など)は、やはり抗菌剤の使用をお薦めします。しかし、魚病薬は魚にとってプラスに作用するだけではありません。ですので、極力、薬を使用しない方法として、初期の間は塩水浴をおすすめしています。魚の体力や免疫力により効果は増減しますので、正確には治療法に当てはまらないのかもしれませんが、まずは様子を見ていただけたらな、と考えております。比較記事に関しましては、すぐには難しいですが、企画していけたらと思います。

  3. マロン より:

    おぐされ病で塩浴や薬浴をしてもおぐされが改善されていません。今後どうすれば良いのか分からなくなっています。教えてください。

    • 中島 より:

      塩浴や薬浴を施したときに、尾ぐされ病の進行は止まっているでしょうか。
      停まっていたら一応効果はあることになります。
      そこからヒレを元通りに回復するのは魚の体力次第です。
      なるべく栄養価の高い餌を与えてやり安静にしてやりましょう。
      尾ぐされを繰り返すようでしたら水槽内にカラムナリス菌が多い状態と言えます。
      こまめな水換えと水温調整(カラムナリスの適温は27~28℃くらいです)で改善できます。

  4. マロン より:

    前回のご返信ありがとうございます。
    尾ぐされ状態ですが、塩浴と薬浴中です。あまり変化が見られ無いようなので止まった様に思い、薬の濃度を少し薄めてみましたが、今後は塩水浴にし元に戻しても良いでしょうか?

  5. マロン より:

    前回の続きですが、この状態で薬浴を全てやめてもいいでしょうか。また、塩浴に戻してから何日くらいで普通の水に戻しても良いのでしょうか。金魚は元気そうに見えます。他の金魚との混泳は無理でしょうか。

    • 中島 より:

      塩水浴から真水に戻すのは、3日かけると良いです。
      一日に0.5%→0.3%→0.1%→真水というように段階を付けてあげると丁寧です。
      尾ぐされ病なら回復していれば他の金魚と混泳させても大丈夫ですよ。