トロピカ-初心者向けアクアリウム、熱帯魚水槽、金魚、メンテナンスの情報メディア

フォローする

アクアリウムとは?アクアリウムの種類や魅力など

アクアリウムとは? アクアリウムの意味ってなに?

トロピカの記事で一番多いかもしれない単語、【アクアリウム】について考えました。

直訳すると、『水族館や養魚水槽』という意味だそうです。

水族館は分かるけど、『養魚水槽』って少し聞き慣れないですよね、、、

お魚を飼う水槽設備っていう感じでしょうか。

なるほど、つまり水族館を一旦横において考えると、水槽の設備そのものっていう意味なんですね。

私の経験も含めて考えると、『熱帯魚水槽そのもの、または熱帯魚や水草などを飼育する趣味のこと』という感じでしょうか。

でも、皆さんが知りたい【アクアリウム】は、こういう辞書的な意味ではなくて、『実際にどんな種類があるの?』とか、『どんな魚が入っているの』とかそういうことですよね。

一般的なアクアリウムの種類やお魚

実際のアクアリウムを説明するにあたり、あまりにも漠然としているので、水槽の大きさや水槽の中身でまとめて考えてみました。

アクアリウムの大きさ4タイプ

一般的には、会話の中で

『アクアリウムやってる』

『うちにアクアリウムがあるよ』などと使われたりします。

このような話になった時、家の中に巨大な水槽があるっていうイメージは、まずありません。

ですから、わりと小規模な熱帯魚水槽を指すことが多いのではないでしょうか。

小規模っていう言葉も曖昧ですね。

大きさで言うと、15cm程度から大きくても200cm程度といったところでしょうか。

つまり、1人か2人でメンテナンス管理できるサイズってことです。

最近では、ボトルアクアリウムという言葉も出てきて、流行りつつあるので小瓶サイズもアクアリウムの仲間入りをしています。

分かりやすいように、4タイプにまとめてみました。

超小型~小型アクアリウム(1)

数センチ~30cm程度までの水槽

ボトルアクアリウムや、小さな金魚鉢などそれに当たるでしょう。

机の上にでも置ける小ささが魅力です。手間の掛からない水槽が多いので、アクアリウムの入り口的な存在ですね。

小型アクアリウム(2)

30cm程度~60cm程度までの水槽

一般的に小型の水槽規格は、15cm刻みになっています。30cm→45cm→60cm→75cmというように水槽サイズが大きくなっていきます。

小型アクアリウムは、ワンルームタイプの部屋などでも場所を気にせずに置けるので、日本では1番出回っている水槽ではないでしょうか。

中型アクアリウム(3)

60cm程度~90cm程度までの水槽

一般的に中型以上の水槽規格は、30cm刻みになっています。

60cm→90cm→120cmというように水槽サイズが大きくなっていきます。

中型アクアリウムは、しっかり趣味として熱帯魚や水草、サンゴなどを飼育している方が多いようです。

日本の住宅事情に置いても、それほど置く場所に苦労することは無いサイズだと言えるでしょう。

大型アクアリウム(4)

120cm程度以上の水槽

大型アクアリウムになると、規格も一応は30cm刻みでありますが、ほぼオーダーメイドで水槽や水槽台を作成される方が多いようです。

大型水槽になれば、水槽自体の重さに加え、中に水が入った時点での総重量も数百キロから数トンになるケースも珍しくありません。

アクアリウムの中身 2種類

次にアクアリウムの中身の話です。

アクアリウムの中には何が入っているのでしょうか。

大きくは、海か川かの2種類に分類されます。

淡水魚アクアリウム(川)

淡水魚アクアリウムの魚(川)

川などに住む淡水魚を飼育することを目的とした水槽です。

金魚やグッピー、ネオンテトラ、エンゼルフィッシュなどの熱帯魚がよく知られています。

汽水域といって、川の河口などに住む魚を飼うこともありますが、これも淡水魚アクアリウムに分類されます。

(熱帯魚)ネオンテトラ SMサイズ(約2cm)(100匹)[生体]

(熱帯魚)ミックスグッピー (外国産)(約3cm)(10ペア)[生体]

淡水魚アクアリウムの水景(川)

お魚と一緒に水槽に入れるものは、土や砂、流木、石、水草などが多いでしょう。

これらの装飾物をうまく組み合わせて、より自然界に近い世界観を演出します。熱帯魚と言われるくらいなので、日本の自然な川をイメージするより、アマゾンなどの熱帯雨林の雰囲気を演出される方が多いようです。

(水草)アヌビアスナナ プチ(1ポット分) [生体]

4個入り 自然流木 水族館シンクエイブル流木水槽の装飾 小 10-15cm

海水魚アクアリウム(海)

海水魚アクアリウムの魚(海)

熱帯の海に住む魚を泳がすのが一般的です。

中でもディズニー映画などで有名になったカクレクマノミは、一番人気の高い魚でしょう。

カクレクマノミがイソギンチャクに絡む姿を眺めていると飽きません。

一般的に淡水魚アクアリウムより、海水魚アクアリウムの方が飼育機材が高価なものも多く、魚も一匹あたりの単価が高いのが特徴です。

(海水魚 熱帯魚)カクレクマノミ(国産ブリード)(3匹) 本州・四国限定[生体]

海水魚アクアリウムの水景(海)

サンゴ礁などがある海底をイメージして、白い砂やゴツゴツしたライブロックと呼ばれる岩を入れることが多いです。

背景やライトを青色にして、海を演出します。

ジュン (JUN) プラチナリーフサンド 極細タイプ 5kg

(海水魚)C.P.Farm バクテリア付きライブロックレプリカ Lサイズ 1個(形状お任せ) 本州・四国限定[生体]

その他のアクアリウム

アクアリウムはまだまだあります。

アクアテラリウム(川)

アクアテラリウム(海)

アクアテラリウム(川)の海バージョンです。これまで上げた中でも1番レベルが高いアクアリウムと言えるでしょう。

巷でもあまり、アクアテラリウム(海)は見かけません。

アクアリウムの魅力

なぜ、アクアリウムって人気があるんでしょうか。

私は、この3つに尽きると考えます。

癒される

何と言っても癒されるじゃないですか。

お魚が優雅に泳いでいる姿や、水草が水に揺らめく様子ってボーっと眺めていられますよね。

飼育生体の多様性

水槽に対して小さな魚が多いので、数を多く飼育できます。

一般的には1種類だけではなく多数の種類を入れても飼うことができるので、生き物が好きな方の数を多く飼ってみたいという欲求が満たされます。

犬猫でしたら普通の家庭は何十匹も飼うことは難しいですよね。

水槽は動かない

水槽の中で魚は動き回っていますが水槽は動かないんです。

当たり前ですよね。

ですが、ここはペットとしての犬猫とは、全く異なる点なのであえて入れました。

水槽自体は動かないので、癒やしを演出したい時にインテリアとして計画に加えることができます。

アートアクアリウムについて

2006年頃から、アートアクアリウムというイベントが行われています。

様々な水槽で金魚を展示するというイベントですが、毎年盛況なようです。

最初は年1回でしたが、最近では人気ということもあって、時期を問わず全国で開催されています。

アクアリウムという言葉は、こちらのイベントが盛り上がりをみせてから、より一般に浸透したのではないでしょうか。

実際にアートアクアリウムに行ってきたレポ記事もありますので、まだ行っていないが気になる方はご覧ください。

東京アクアガーデンが考えるアクアリウム

まだまだ書き足りません。。

なぜなら、それほどアクアリウムは多様性があるからです。

アクアリウムは、その多様性のどこにたどり着いても、まばゆい魅力が溢れています。

トロピカの運営母体である東京アクアガーデンは、アクアリウムの多様性や魅力を、分かりやすく皆様にお伝えして、共感することが使命であると考えています。

アクアリウム業界で営業を開始して十数年経ちました。

水槽の設置実績は2000件を超え、様々な経験の中で世界に通用するレイアウト技術やメンテナンス技術などを培ってきました。

今後もこれらの情報を惜しげもなく、こちらのトロピカで発信していきます!

どうぞお楽しみください。