トロピカ-初心者向けアクアリウム、熱帯魚水槽、金魚、メンテナンスの情報メディア

フォローする

ガラス水槽とは その価格や作り方などをご紹介します!

近年になってアクリル水槽が発売されるまでは、日本ではガラス水槽でメダカや金魚などの魚の飼育を行っていました。ガラス水槽と一口に言っても、平ガラスや曲げガラス、フレームの有無などによって特徴などが異なります。

今回はガラス水槽について、またガラス水槽の価格や作り方などについてお話していきます。

ガラス水槽とは?

オールガラス水槽 アクロ60N(60×30×36cm) 60cm水槽(単体) Aqullo

ガラス水槽は文字通り素材にガラスを使った水槽のことです。古くから日本で金魚などの飼育に使用されている水槽で、今現在も販売されています。

アクリル水槽と比較すると割れやすく、重さがありますが、透明感があり経年劣化しにくい点や傷がつきにくいといった特徴があります。大きさが小さいものはガラス水槽のほうがアクリル水槽よりも安いですが、120センチ以上の水槽ではアクリル水槽のほうが値段が安くなります。

ガラス水槽に使用するガラスには「平面ガラス」と「曲げガラス」があり、フレームの補強のある物とないものとがあります。それぞれの特徴や値段、作り方などについて説明しましょう。

ガラス水槽についてはこちらの記事も参考にしてください。

「平面ガラス」と「曲げガラス」

レグラスR600 曲げガラス水槽

まず、ガラス水槽に使われるガラスの種類ですが、平面ガラスはごく一般的な真っすぐな板状のガラスです。それに対し曲げガラス板ガラスを熱で柔らかくし、金型に合わせてカーブさせたガラス板です。

曲げガラスのほうが正面から見たときの見栄えが良く、水槽のデザイン性に優れていますが、平面ガラス水槽に比べると底の耐性が弱く、加工が必要になるため価格が高いです。またカーブ部分のコケやごみが取りにくいといったデメリットもあります。

フレームの有無について

ジェックス マリーナBK 450

フレームとは、水槽の上下についている枠のことで、水槽内の水の圧力で水槽が壊れないよう補強効果があります。フレームなしの水槽の場合、フレームありの水槽よりも厚手のガラスを使用するため、やや重くなります。

フレームなしのほうが見た目的に綺麗ですが、フレームがないと水槽内に水を入れたときに、徐々にガラスがゆがんでゆき、水漏れが発生してしまうことが多々あります。また、フレームありの水槽と比較すると、強度が弱いので、ちょっとしたもののはずみで傷やひびが入ることもあります。

水漏れしたときの対処方は?

ガラス水槽は長年使用していると、曲げガラスやフレームなしの場合は水槽内の水による水圧で形状がゆがみ、水漏れが発生することが多いです。また平面ガラスでフレームありでも使用年数が経つとつなぎ合わせている部分から水漏れが起こる場合があります。

水漏れ時の対応ですが、アロンアルファで応急処置、シリコンで穴をふさぐといった人が多いようです。しかしガラスに亀裂が入ってしまっているような場合ならいつ水槽が一気に壊れるかわからないため、水漏れの量が多いときは水槽を変えるしかないでしょう。

ガラス水槽の寿命についてはこちらの記事を参考にしてください。

ガラス水槽の値段はどれくらい?

オールガラス水槽 アクロ30H-N(30×30×40cm) 30cmハイタイプ水槽(単体) Aqullo

ガラス水槽の値段はガラスの厚さによっても変わってきます。

またキューブ型や高さのあるものなども価格が上下しますので、あくまで目安として見てください。ろ過機材などのない、水槽単体でのおよその値段です。

  • 45センチ水槽:平面フレームあり2700円程度、平面フレームなし3900円程度、曲げ8000円程度
  • 60センチ水槽:平面フレームあり3000円程度、フレームなし平面4000円程度、曲げ5000円程度
  • 90センチ水槽:平面フレームあり10000円程度、平面フレームなし12000円程度、曲げ19000円程度
  • 120センチ水槽:平面フレームあり22000円程度、平面フレームなし24000円程度、曲げは市販なし

ガラス水槽の作り方

ガラス水槽の作り方は手順が多いです。YouTubeにガラス水槽の作り方の動画がありましたので、そちらを参考にしていただければと思います。

まず「グランプ」という道具を使いガラスを水槽の形に組みます。

ガラスの端にコーティング剤はみだし防止用のマスキングテープを貼ります。

ガラスのつなぎ目にシリコンを流し入れ固定し、シリコンが乾く前にマスキングテープをはがし、乾燥させます。

はみ出したシリコンを削り取り完成です。

簡単なつくり方はこのような感じですが、オーダーメイドなどではここからさらにパーツの追加などが行われます。

自作水槽は水漏れ注意!

マニアックな人になってくると、ガラス水槽を自作する人もいます。しかしその道のプロではないため、使用してすぐに水漏れなどが起こることも多いようです。

自作の場合、水漏れやガラスのゆがみなどは自己責任になるので、なるべくなら市販の水槽を使うか、オーダーメイドで専門業者に制作を依頼することをおすすめします。

オーダーメイドでガラス水槽が作れる!

ガラス水槽の手作りは、手の怪我や薬剤を使うから無理だけどオリジナルの水槽が欲しい!という人には、オーダーメイド水槽をおすすめします。サイズや形状などオリジナルの水槽を作れますが、お値段は一般の水槽より少し高くなります。

東京アクアガーデンでは見積もりは無料となっていますので、無料で相談・見積もりをして作るかを決めることができます。他の人と差をつけたいならオーダーメイドがおすすめです。

デザインや大きさ、ガラスの厚さや加工にもよりますが、東京アクアガーデンでは小型水槽で安いものなら7000円前後から受注しています。

また水槽だけでなく、水槽台のオーダーメイドも受け付けているので、セットで頼んだほうがレイアウトなどにこだわれそうです。

ガラス水槽とは_ その価格や作り方などをご紹介します!まとめ

テトラ (Tetra) ハーフムーンアクアリウムS HM20LS

今回はガラス水槽について、種類や価格、作り方などについてお話しました。ガラス水槽というと平面ガラスと曲げガラスではそれぞれ特徴があり、曲げガラスのほうが加工してしまうため、強度が弱くゆがみやすいという特徴がありますし、価格も高いです。

しかし、デザインやインテリア性を優先するのなら曲げガラスの水槽がおすすめです。デザイン性や実用性を求めるのならオーダーメイドという手もあり、見積を無料で行ってくれるところも多いので、気になっている人は一度相談してみることをおすすめします。

水槽のプロ トロピカライターの杠葉 狼です。
アベニー・パファーやバジスバジスなど小さくて綺麗な熱帯魚やベタ、ブラックゴーストなどちょっと変わった熱帯魚が好きです。
熱帯魚飼育初心者さんにお役に立つ記事を書いていきます。

シェアする

フォローする