熱帯魚・金魚の水槽・アクアリウム情報メディアサイト「トロピカ」

フォローする

コケ・水槽のお掃除一覧

金魚水槽に手を加え過ぎたらどうなるの?頻繁に行って良い・悪いこと3個

金魚水槽に手を加え過ぎたらどうなるの?頻繁に行って良い・悪いこと3個

大切な金魚により良い環境で過ごしてもらうためは、メンテナンスが必要不可欠です。 しかし、あまりにメンテナンス頻度が高いと、かえって金魚が体調をくずしてしまうので、最適な頻度を見極める必要があります。そこで、今回は金魚水槽に手を加え過ぎたときに起こる問題点と、頻繁に行って良い・悪いことを3個ご紹介します。

水槽立ち上げ時にパイロットフィッシュが死んだ!失敗の原因と対策

水槽立ち上げ時にパイロットフィッシュが死んだ!失敗の原因と対策

水槽立ち上げ時に導入したパイロットフィッシュがすぐ死んでしまった、なんて話を聞くことありませんか?失敗の原因を考えてみると「魚を入れる時期が早すぎた」など3つの要因が浮き上がってきます。今回はアクアリウム初心者さんだけでなく、水槽立ち上げに失敗するという人向けに、水槽立ち上げ失敗の原因と対策などについてお話ししていきます。

ベタのフレアリングはなぜ必要?行うメリットと適切な方法を解説!

ベタのフレアリングはなぜ必要?行うメリットと適切な方法を解説!

ヒレの美しさと必要となる飼育容器が小型で良いことから、人気を集めているベタですが、ベタの飼育に「フレアリング」が大切であることはみなさんご存じでしょうか? 今回はベタのフレアリングについて解説します。 フレアリングとは何か?行わせることでどんなメリットがあるか?どうやって行わせるか?など様々な角度からフレアリングについて説明しますので、ぜひ参考になさってください!

海水水槽用添加剤7選!海水魚・サンゴにおすすめなコンディショナー

海水水槽用添加剤7選!海水魚・サンゴにおすすめなコンディショナー

海水水槽にコンディショナーを添加していますか? コンディショナーは水質を安定させ、水槽内の生体をイキイキさせてくれる、非常に有用なアイテムです。ショップに行くと多くの製品が並んでいるためどれを選んでいいかわからない、どんな効果があるのかなど不安に思う方も多いアイテムでもあります。 今回は、海水水槽におすすめのコンディショナーを7つご紹介します。選び方のポイントも添えてご説明しますので、ぜひ導入を検討してください。

ヒレ裂け・肌荒れ対策に!ベタの栄養剤・コンディショナー5選!

ヒレ裂け・肌荒れ対策に!ベタの栄養剤・コンディショナー5選!

ベタは丈夫なお魚だと思われがちですが、意外と水質変化に敏感で、魚病薬にも強くないということをご存知でしたか?ベタの体調不良を治すなら、刺激に弱いベタでも安心のコンディショナーを使ってみるのがおすすめです。今回はベタ用コンディショナーを5つご紹介していきますので、是非お試しください!

魚が充血する?!赤斑病とは!治療法と体色別の見きわめ方!予防法も!

魚が充血する?!赤斑病とは!治療法と体色別の見きわめ方!予防法も!

赤斑病と言うと魚の体表に赤い点が付いているイメージが強いと思いますが、魚が濃い体色をしていると黒い斑点のようにも見え、発見が遅れるケースがあります。初期症状であれば水換えだけで治ることも多いので、なるべく早い段階で対処してやることが大切です。今回は魚の体色に合わせた赤斑病の見極め方や対処法などについて解説してきます。

飼育生体別!おすすめコケ取り生体5選と注意点!小型魚・大型魚・エビ向け

飼育生体別!おすすめコケ取り生体5選と注意点!小型魚・大型魚・エビ向け

仕事や家事などで毎日忙しくしていると水槽掃除になかなか手が回らず、気がついたら水槽がコケまみれ…なんてこともありますよね。そのようなときに役立つのが、水槽のお掃除生体たちです。今回は飼育生体のサイズ別におすすめのお掃除生体などを解説していきますので、水槽の汚れにお悩みの方はぜひ参考にしてください!

水槽サイズから水量を計算しよう!水量計算機と必要な水量をご紹介します!

水槽サイズから水量を計算しよう!水量計算機と必要な水量をご紹介します!

「このサイズの水槽ってどのくらいの水が入るのかな?」と疑問に思ったことはありませんか。 一般に水槽に入れられる生体の数は水の量で決まりますし、水槽全体の重さを知るためにも水槽に入る水の量を知っておくことはとても大切です。 今回は「水槽に入れる水量の計算機」のご紹介、水槽の理想の水量、薬浴時の水量などについて解説します!

アクアリウムのケーブルを収納する方法とコツ!上手にまとめる解決策を紹介

アクアリウムのケーブルを収納する方法とコツ!上手にまとめる解決策を紹介

アクアリウム周りでケーブルの収納で悩んだことはありませんか? 筆者は「美しさを楽しむためのアクアリウムにどうしてこんな黒々としたケーブルを多量に生やさなければならないのか!」と苦悩したことがあります。 アクアリウムに電気機器は必須なので、ケーブルから逃げることはできません。でもちょっとした工夫で美しくスッキリと収納することができるのです。ケーブルでお悩みの方は必見です!

1 2 3 4 34