トロピカ-初心者向けアクアリウム、熱帯魚水槽、金魚、メンテナンスの情報メディア

フォローする

カニを飼育してみよう! 自宅で飼えるカニの種類から飼育方法まで解説します

カニ食用として広く流通しており童話にも登場するなど、古くから私たちにとって身近な生物です。カニと聞くと深海にすむ食用の大型種を想起し、飼育する生物という発想を抱く人は少ないかもしれません。

しかし、基本的に丈夫な生物で、近年では鮮やかな体色をした「ドワーフクラブ」などの種類が知られるようになり、ペットとして注目を集めています。ここでは、カニについて自宅でも飼育が可能な種類や飼育方法についてご紹介します。

自宅で飼育できるカニについて

カニとは十脚目(エビ目)短尾下目(カニ下目)に属している甲殻類の総称で、現在のところ全世界で約7000種類が存在しています。深海から陸上までその生息範囲も多岐に渡るため、飼育するためにはその種類がどのような環境で生活していたか把握することが重要です。

さて、カニと聞くと「毛ガニ」や「タカアシガニ」など、食用として広く流通している中~大型の種類を思い浮かべる方も多いと思います。

しかし、これらのカニを飼育するとなると、水温や水質の変化にデリケートなために水族館並みの設備が要求されるので、家庭での飼育は現実的ではありません。

そのため、ここで紹介する種類は、ある程度の温度や水質の変化に耐え得る、陸生から半陸生、または海の浅場に生息する小型の品種がメインです。

自宅で飼育できる種類

自宅でも飼育が可能な主な品種は以下の通りで、これらの品種についての飼育方法をご紹介します。

淡水カニ

サワガニ

(エビ・カニ) サワガニ レッド(1匹) 本州・四国限定[生体]

青森県以南に生息している日本固有種で、一生を渓流や小川などで過ごす純淡水生のカニです。甲幅は3cm程度で、体色は甲羅の色が暗褐色で足が赤色の個体が多いですが、中には青白いものや紫色を帯びるものもいます。ハサミの大きさが異なる個体が普通で、特にオスは顕著です。

モクズガニ

(エビ・カニ)モクズガニ(1匹)

日本全国と朝鮮半島から中国にかけて分布しているカニで、河口付近から上流にかけて生息しています。汽水から淡水に適応できる種で、産卵は海で行います。甲幅は5cm程度で、ハサミに毛が密生していることが特徴です。

ドワーフクラブ

(エビ・カニ) レッドデビル・クラブ フルカラー パープルアーム(1匹) 本州・四国限定[生体]

インドネシアなど東南アジアの熱帯地域に生息しているカニで、陸生傾向が強くあまり水には入りません。甲幅2cmほどの小型の種類で、甲羅とハサミが紫色に染まる「ヴァンパイアクラブ」や、同じく赤色になる「レッドデビルクラブ」などの品種が人気です。

ハマベンケイガニ

(エビ・カニ) レッドアップル・クラブ(1匹) 本州・四国限定[生体]

沖縄県から台湾、インドネシアなど西太平洋に分布しており、マングローブ林や海岸林に生息しています。甲幅3cm前後で、体色は黒色を基調にハサミが赤色になる個体が多いです。ショップなどでは、「レッドアップルクラブ」の名前で販売されていることもあります。

アカテガニ

国内では岩手県並びに秋田県以南から九州にかけて分布しているカニです。海岸や河口から1Kmくらいの上流までの陸地に生息しており、巣穴をほって生活しています。

陸生が強く湿地にさえ居れば長期間水に入らなくても生きられます。甲幅は3.5cm程度で、体色は灰色を基調に甲羅の前縁からハサミにかけて橙色から赤色に染まり、爪先は白色になります。

海水カニ

スナガニ

神奈川県以南の太平洋側から台湾、東南アジアを経てオーストラリア東部まで広く分布しており、砂浜に生息しています。潮干狩りの際に砂浜でよく見られるカニで、成体でも甲幅2~3cmほどの小型の種類です。

イソクズガニ

千葉県から沖縄県、台湾から東南アジアにかけて分布しており、沿岸部にある岩礁帯の潮間帯に生息しています。甲幅は3~4cm程度で、甲羅は洋梨型をしており、体色は全身が褐色です。体に海藻の切れ端などのゴミをたくさん付着させて、カモフラージュする性質を持ちます。

カラッパ

(海水魚 カニ) ソデカラッパ(1匹) 本州・四国限定[生体]

カラッパ科に属するカニの総称で、「ソデカラッパ」や「トラフカラッパ」、「メガネカラッパ」などの品種がいます。甲幅は5~15cmほどで、甲羅はドーム型をしており縁が張り出しているので、歩脚を折りたたんでうずくまることができます。

エメラルドグリーンクラブ

(海水魚 カニ) エメラルドグリーンクラブ(1匹) 本州・四国限定[生体]

主に大西洋西部のカリブ海に生息している、甲幅3cm程度の小型のカニです。名前の通り緑色の体色が美しく、植物食性が強いことが特徴です。エサとなるコケや藻が十分なら他の生体には危害を加えないため、海水水槽のクリーナー生体として人気があります。

キンチャクガニ

西太平洋からインド洋などに広く分布しており、潮間帯から水深10m程度までのサンゴ礁に生息しています。甲幅1~1.5cmほどの小型の種類で、両ハサミに「カサネイソギンチャク」を携行する独特の生態を持ったカニです。体に入る幾何学的な模様が美しく、鑑賞性にも優れます。

カニの飼育に必要な道具

カニの飼育には、主に以下の道具類が必要です。

・水槽

・砂、砂利

・ろ過装置(フィルター)

・流木、石、シェルターなど

・ヒーター、クーラー、冷却ファン

・フタ

・エサ入れ

・カルキ抜き剤

・エサ

・人工海水(海水カニのみ)

水槽・フタ

ジェックス マリーナ L 水槽 ブラック

水槽は昆虫飼育用のプラケースや衣装ケースなどでも代用が可能です。しかし、プラケースは傷がつきやすいことと、衣装ケースは表面のコーティング剤がカニに悪影響を与える恐れがあるので、ガラス水槽での飼育をおすすめします。

カニは縄張り意識が強い生物なので単独飼育が基本ですが、60cm水槽クラスの大きさであれば流木やシェルターなどで隠れ家をたくさん作ることで、2~3匹程度なら同時に飼育が可能です。

また、カニの飼育には床面積が広ければ高さはあまり必要ありませんが、あまり低いと脱走されやすくなるので注意してください。

特に陸生と半陸生のカニは意外と身軽で、水槽のレイアウトなどをよじ登って脱出を図ることがよくあります。カニの飼育にフタは必須で、簡単には外れないよう重りなどを載せてしっかりと固定してください。

砂・砂利

ジュン (JUN) プラチナリーフサンド NO.5(中目タイプ) 5kg

陸生と半陸生のカニは陸地が必要なので、底に敷く砂や砂利が必要です。また、海中に住むカニに関しても、種類によってはベアタンクでも飼育は可能ですが、底砂を敷いてあげた方がストレスを軽減できます。

底砂の材質は特に問いません。熱帯魚用に販売されている「大磯砂」や「サンゴ砂」を利用すると良いでしょう。

底砂の選び方としては、ろ過装置に底面式フィルターを用いる場合は、あまり細かい砂を導入するとフィルター内部に砂が侵入してろ過能力が低下するので注意してください。一方で、スナガニなど砂に潜る習性があるカニを飼育する場合は、潜りやすいように細かい砂を導入する必要があります。

ろ過装置(フィルター)

ジェックス マルチベースフィルター L

陸生と半陸生のカニの飼育に適したフィルターは、底面式フィルター水中フィルター投げ込み式フィルターなどです。

底面式フィルターや水中フィルターは水中ポンプで水を循環させるので、ポンプの熱が飼育水に伝搬して水温を上げることがあります。陸生と半陸生のカニは少ない水量で飼育するので、特に夏場の水温上昇には注意してください。

投げ込み式フィルターは手軽ですがろ過能力は低く、メンテナンスを怠ると簡単にろ過能力を失う点には留意してください。

海生のカニに適したフィルターは、外掛け式底面式上部式外部式などです。それぞれにメリットとデメリットがあるので、飼育環境に適したものを選択してください。

カニの飼育方法

水温

カニの飼育が可能な水温の範囲は5~28℃で、適した水温はカニの種類によって異なります。日本の東北地方にも生息している種類は、5℃程度でも冬眠することでヒーターなしでも越冬が可能です。

しかし、亜熱帯と熱帯地域に生息しているカニは15~20℃が下限となるので、冬場はヒーターで加温しなければなりません。

陸生と半陸生カニの場合は、水槽全体を加温できるパネル式フィルム式のヒーターを用意してください。局所的に加温する小動物用のシェルター式のものは、乾燥してしまうのでカニの飼育には利用できません。

海生カニの場合は熱帯魚用のヒーターで大丈夫です。また、一般的なカニは30℃を超えるような高温には弱く、特に海生カニは顕著なので、夏場は必要に応じてクーラーや冷却ファンで水槽の温度を管理してください。

水質

カニが好む水質は一般的に中性~弱アルカリ性で、硬度も低いよりかは高めを好みます。飼育水は淡水生・海水生のいずれも水道水がベースで構いませんが、必ずカルキ抜きを行ってから使用してください。

汽水に生息する種類は慣らせば完全淡水でも飼育が可能ですが、やはりある程度の塩分濃度があった方が長生きする傾向にあります。

汽水を再現するのであれば、人工海水を薄めに作ると良いでしょう。海水と塩水(しおみず)は全くの別物なので、間違っても水道水に食塩を溶かした水で飼育しないようにしてください。

エサについて

ひかり ザリガニのエサ 50g

種類

カニは雑食性なので何でも食べてくれます。ただし、同じものばかりを与えていると、本能的に栄養バランスの偏りを避けようとするためか、食べなくなるので注意してください。そのため、エサは動物質のものと植物質のものをバランスよく用意しましょう。

動物質のエサとしては、魚やイカの切り身、乾燥エビ、シラスなどが候補として挙げられます。また、植物質のエサは野菜や果物の端材で賄うことが可能で、淡水カニであれば金魚藻などの水草、海水カニならワカメなどの海藻も食べます。

ただし、アクや匂いが強い野菜柑橘類は与えない方が無難です。それから、市販されている「ザリガニのエサ」はカニにとっても総合栄養食となるので、たまに与えると良いでしょう。

与え方

底砂に直接置くと汚れの原因になりやすいので、エサ入れに入れて与えましょう。頻度としては種類にもよりますが、1~2日に1回程度を目安にしてください。食べ残しは底砂や水の汚れの原因になるので、発見次第取り除いておくと水換えや底砂の洗浄などのメンテナンスの頻度を抑えられます。

飼育環境について

陸生・半陸生カニ

陸生と半陸生のカニは陸地と水場が必要なので、底砂を厚く敷いて陸地にする部分と、薄く敷いて水場にする部分を作ってください。砂に潜るスナガニなどの種類は、陸地部分は少なくとも20cm程度の厚さを持たせると良いでしょう。

それから、流木シェルターなどを設置して隠れ家を作ります。同一水槽内で複数匹を飼育する場合は多めに入れてください。

飼育水はカニの全身が浸かる程度の量があれば十分ですが、水量が少ないと水質の悪化が早く、頻繁なメンテナンスが求められる点には注意してください。カニが自力で陸地に上がれるようになってさえいれば、水深が深い分には構いません。

海生カニ

海中に住むカニの場合は、海水魚を飼育する場合と環境はあまり変わりません。底に何も敷かないベアタンクでも種類によっては飼育は可能ですが、サンゴ砂などを敷いてあげると落ち着きます。

また、ライブロックシェルター石組みなどで隠れ家も用意してください。特に混泳させる時の隠れ家の多少は重要です。それから、海生カニの場合は水位に注意してください。

水が蒸発して塩分濃度が高くなるとカニに悪影響を与えてしまいます。水位が低くなってきたら、カルキ抜きをした水道水を追加する「足し水」を行ってください。

メンテナンスについて

カニを飼育していると、フィルターでろ過を効かせていても水は徐々に汚れていきます。水中の有害物質の量が、カニの成育における許容量を超過してしまうとカニは死んでしまいます。そのため、定期的に「水換え」や底砂の洗浄を行わなければなりません。

水換えの頻度は飼育環境に大きく左右されますが、目安としては上述した陸生・半陸生カニの場合で1~2週間に1回程度、海生カニで1カ月に1回程度です。カニは基本的には丈夫ですが、水質の急変には弱い面があります。

換える水の量は飼育水の全量に対して1/3程度の量に留めてください。底砂の洗浄を行うときは洗剤などは使用せずに水道水でよく洗い、天日干しをして殺菌・消毒をしてから再利用すると良いでしょう。

まとめ・カニの飼育方法について

カニは様々な種類が存在し、その生息域は多岐に渡ります。カニを飼育するためには、ご自身が飼育したい種類が本来はどのような環境で生活していたかを把握することが重要です。

カニは基本的には丈夫で飼育しやすい生物ですが、本来の生息環境とかけ離れた飼育環境では長生きできません。カニにとって快適な住環境を用意してあげられるように、よく調べてから飼育してください。