熱帯魚・金魚の水槽・アクアリウム情報メディアサイト「トロピカ」

フォローする

アクリル水槽一覧

水槽の選び方!大きさ・素材ごとのメリット・デメリットから維持方法

水槽の選び方!大きさ・素材ごとのメリット・デメリットから維持方法

アクアリウムを始めるにはまず水槽が必要となりますが、初心者の方はどのような水槽を選ぶべきか悩んでしまいますよね。初めて水槽を選ぶ際は飼育したい生体の大きさや設置場所の耐荷重を調べておくと、適した水槽を選びやすく失敗も少ないです。今回は水槽の種類や素材について、注意点なども交えて徹底解説していきます。

【徹底価格調査】アクリル水槽の規格サイズを通販で購入するならどこが良い?

【徹底価格調査】アクリル水槽の規格サイズを通販で購入するならどこが良い?

アクリル水槽の規格サイズを通販するのにおすすめのショップを特徴・価格から比較しました。軽量で割れに強いアクリル水槽はガラス製ほど取り扱いが多くありません。 欲しいサイズのアクリル水槽が見つからないときは通信販売がベストです。規格水槽とは何か、特徴などもご紹介します。

水槽サイズから水量を計算しよう!水量計算機と必要な水量をご紹介します!

水槽サイズから水量を計算しよう!水量計算機と必要な水量をご紹介します!

「このサイズの水槽ってどのくらいの水が入るのかな?」と疑問に思ったことはありませんか。 一般に水槽に入れられる生体の数は水の量で決まりますし、水槽全体の重さを知るためにも水槽に入る水の量を知っておくことはとても大切です。 今回は「水槽に入れる水量の計算機」のご紹介、水槽の理想の水量、薬浴時の水量などについて解説します!

一般住宅に置ける最大水槽サイズとは!大型水槽はNG?かかる費用も解説

一般住宅に置ける最大水槽サイズとは!大型水槽はNG?かかる費用も解説

レストランやアクアショップにある大型水槽ってとても素敵で、アクアが好きな方なら一度は憧れるものですよね。 一般住宅には、ああいった大型水槽は設置できないのでしょうか? 今回は、一般住宅に置ける水槽サイズ、かかるランニングコスト、設置するとしたら注意しなければならないポイントについて解説します。 大型水槽に憧れている方は、ぜひ参考になさってください!

水槽用ヒーターをつけて良い水槽とダメな水槽とは!危険な理由を解説します

水槽用ヒーターをつけて良い水槽とダメな水槽とは!危険な理由を解説します

アクアリウムで使用する水槽用ヒーターは、冬場でも熱帯魚を飼育できる便利な飼育器具です。しかし、魚のやけどや最悪の場合は火災を引き起こすこともあるため、水槽用ヒーターをつけて良い環境かそうでないか見極めなければなりません。そこで、今回は危険な理由をふまえて、水槽用ヒーターをつけて良い水槽とダメな水槽を解説します。

オーバーフロー水槽の人気ランキング10選!手軽で簡単・清音タイプも!

オーバーフロー水槽の人気ランキング10選!手軽で簡単・清音タイプも!

アクアリストであれば一度は憧れる、オーバーフロー水槽。普通の水槽とくらべるとどうしても落水音が目立つというデメリットはありますが、静音性に優れた商品も存在します。今回は人気のオーバーフロー水槽を、ランキング形式でご紹介!記事の後半では水槽を選ぶ際に重視したいポイントなども解説してますので、是非参考にしてください。

アクアリウムの生体付き飼育セットで手軽に始めよう!おすすめセット5選

アクアリウムの生体付き飼育セットで手軽に始めよう!おすすめセット5選

アクアリウム初心者さんには、生体と飼育機材が一式セットになった商品の購入がおすすめ。最初から飼育可能な数で飼育することができ、機材を選ぶ手間を省くことができますが、返品や交換ができないことが多い点は注意が必要。今回は生体付きセットのメリット・デメリットと、おすすめの生体付き飼育セットをご紹介していきます。

オーダーメイド水槽って高いの?値段が決まる条件・発注テクニックをご紹介

オーダーメイド水槽って高いの?値段が決まる条件・発注テクニックをご紹介

高いという先入観から、どうしても敬遠しがちなオーダーメイド水槽。しかし、板厚の厚さなど価格を大きく左右するポイントをしっかりと意識して注文をすれば、見栄えの良いオーダーメイド水槽を安く手に入れることができます。今回はオーダーメイド水槽の価格を抑えるための発注テクニックをわかりやすくご紹介しますので、是非お役立てくださいね。

子供がいる家の水槽安全対策!転倒防止や手の突っ込みなどを解決しよう!

子供がいる家の水槽安全対策!転倒防止や手の突っ込みなどを解決しよう!

子供がいる家庭でアクアリウムを楽しむ場合、水槽の安全対策は必須と言えます。重く、角のある水槽にぶつかると、水槽が割れるだけでなく怪我につながってしまうことも。今回はお子さんがいるご家庭でも安全にアクアリウムが楽しめるよう、水槽の転倒防止などの安全対策についてご紹介します。

【ザリガニ水槽特集】簡単に管理ができるザリガニ飼育水槽ランキング10

【ザリガニ水槽特集】簡単に管理ができるザリガニ飼育水槽ランキング10

ザリガニ飼いたいなあ、でもどんな水槽を選んだらいいんだろうとお悩みの方に、「管理が簡単なザリガニ飼育水槽」をご紹介します。 それぞれメリットがありますので、ご自分の飼育したいスタイルに合わせた水槽を選んでいただけると思います。 つぶらな瞳が可愛いザリガニ、楽しく飼育してください!

水槽の『フランジ』は必要?ヒビが入ったら使えない?機能と疑問を解説

水槽の『フランジ』は必要?ヒビが入ったら使えない?機能と疑問を解説

水槽に取り付ける『フランジ』には、開口部の『フランジ』と水槽の中央付近を横断する『センターフランジ』があります。フランジの主な機能には、水槽内部からの水圧への耐性をUPさせ、水漏れや生き物の脱走防止といったものがあります。今回は水槽のフランジの機能などについて解説していきます。

ガラス水槽とアクリル水槽どっちが安い?重さは?大きさと板厚と価格の関係

ガラス水槽とアクリル水槽どっちが安い?重さは?大きさと板厚と価格の関係

アクアリウムで使用する水槽は「ガラス製」と「アクリル製」がメインですが、その違いわかりますか?ガラス水槽・アクリル水槽共にそれぞれ特徴があり、同じ規格水槽でも、板厚や重さ・価格が異なります。今回はガラス水槽とアクリル水槽の特徴や重さなどの違いと、価格の差などについてお話ししていきます。

こんな形はできるの?特殊水槽とは!販売している場所やオーダーメイド!

こんな形はできるの?特殊水槽とは!販売している場所やオーダーメイド!

イベント会場や水族館、ホテルなどで使用されることのある多角形や仕切りが付いている「特殊水槽」は、市販されておらずほとんどがオーダーメイドなんです。今回はこの特殊水槽に対して施すことのできる加工について、東京アクアガーデンのオーダーメイド水槽を例にご紹介していきます!

メタルラックを水槽台にするのは危険!水槽をのせる注意点を解説します!

メタルラックを水槽台にするのは危険!水槽をのせる注意点を解説します!

アクアリウムで水槽の置き場所は悩みのタネで、きちんと水槽台上に載せることが原則です。でもそこまで手が回らず、メタルラックの上に載せるというアクアリストも。実はこれ、水槽の面を支えられなかったり、耐荷重が足りないなども多く、とても危険なことなんです。今回はメタルラックに水槽台を載せたら危険な理由や注意点などをご紹介します。

見た目をシャープにかっこよく!インテリア性重視の水槽用品を紹介します

見た目をシャープにかっこよく!インテリア性重視の水槽用品を紹介します

見た目がシャープで空間構築のできるデザイン性重視の水槽を作るには、水槽を構築するアイテムにもこだわる必要があります。現在はアクアリウム用品もデザイン性に富み使い勝手の良いアイテムが豊富です。そこで今回は、インテリア性を重視する水槽を作るためにおすすめな水槽用品をご紹介していきます。

熱帯魚水槽を長持ちさせるコツとは?正しく水槽を使って寿命を延ばそう!

熱帯魚水槽を長持ちさせるコツとは?正しく水槽を使って寿命を延ばそう!

水槽は突然ひび割れたり、水漏れが起きることがあり、一歩間違えば大きな事故につながることもあるんです。水槽を長持ちさせるためには、「シリコンを傷つけない」「日光に当てない」など5つのポイントがあります。今回は水槽を長持ちさせるコツについて、お話していきたいと思います。

ラウンド水槽とは!メリット・デメリットとおしゃれなオススメ商品5選!

ラウンド水槽とは!メリット・デメリットとおしゃれなオススメ商品5選!

水槽前面の角にアール加工(角丸加工)を施したガラスのラウンド水槽は、大量生産向きな水槽なのでオーダーメイドできません。インテリア性が高くい反面、ラウンド部分のコケを除去しにくいというデメリットもあります。今回はラウンド水槽についてや、おすすめの市販のラウンド水槽を5つご紹介していきます。

水槽設置マニュアル!取扱説明書に掲載されているポイント7選を解説!

水槽設置マニュアル!取扱説明書に掲載されているポイント7選を解説!

アクアリウム初心者の場合、生き物についての知識はあるものの、水槽についての知識がないことが多いです。水槽の取り扱い説明書には、安心・安全に使用するためのポイントが記載されています。今回は水槽の取り扱い説明書に掲載されているポイントについて、どうしてそのようなことが言われるのか、詳しく解説していきます。

1 2 3 4 5