トロピカ-初心者向けアクアリウム、熱帯魚水槽、金魚、メンテナンスの情報メディア

フォローする

飼育水が緑色に!透明で濁りのない水槽にするには!除去方法教えます

アクアリウムを運用している方で、いつの間にか飼育水が緑色に濁ってしまい、お困りの方はいませんか。飼育水が緑色になる直接の原因は、アオコなどの植物プランクトンが異常増殖してしまうためです。

植物プランクトンが増殖して緑色になった水を「グリーンウォーター」と呼び、あえてグリーンウォーターを作って小型魚の稚魚などを飼育する方法もあります。

しかし、グリーンウォーターはアクアリウムで肝心な鑑賞性を著しく低下させるため、屋内での水槽飼育においては嫌われています。ここでは、飼育水が緑色に濁ってしまう原因と除去方法、予防法についてご紹介します。

なぜ飼育水が緑色になるのか?

アクアリウムを運用していると、飼育水が緑色に濁ってしまうことがあります。水槽の飼育水が緑色に濁ってしまう原因は、飼育水中にアオコをはじめとする植物プランクトンが多数発生しているからです。

植物プランクトンによって緑色に濁ってしまった水をグリーンウォーターと呼び、飼育水がグリーンウォーター化してしまう理由は以下のことが考えられます。

飼育水の富栄養化

飼育水の富栄養化は観賞魚に与える餌の量が多すぎたり、飼育水の量(水槽サイズ)に対して生体の飼育数が過密である場合に生じやすいです。

観賞魚用の餌の中には植物の生育に必要な栄養分も含まれているので、給餌量が多すぎると餌中の養分が溶け出し、植物プランクトンの増殖を促進してしまいます。

また、生体の排せつ物からはアンモニアが発生し、それは最終的に植物の窒素源として吸収されるので、生体の数が多すぎることでも植物プランクトンの増殖を促す結果を招きます。

太陽光の照射

水槽に太陽光が当たることでも、植物プランクトンは増殖しやすくなります。太陽光は植物はもちろんのこと、他の生物にとっても成育するうえで欠かせないものです。

しかし、水槽という狭く閉じられた環境で太陽光を当ててしまうと、その強力すぎる光が藻類や植物プランクトンといった、鑑賞するうえで余計な生物の成長までをも促進してしまうのです。そのため、アクアリウムは基本的には太陽光が当たらない場所で管理します。

照明時間が長すぎる

太陽光の場合と同じ理由で、照明器具を点灯させている時間が長すぎることでも、飼育水のグリーンウォーター化を招いてしまいます。

水槽の照明は観賞魚や水草の健全な成長のためには欠かせないものですが、点灯時間が長すぎると藻類や植物プランクトンの成長も促進します。その結果、植物プランクトンが異常増殖し、飼育水がグリーンウォーターになってしまうのです。

飼育水がグリーンウォーター化した時の除去方法

飼育水がグリーンウォーター化してしまった時は、以下の方法を上から順番に試してみてください。

照明を数日間消す、または点灯時間を1日3時間程度にする

グリーンウォーターを除去するためには、アオコをはじめとする植物プランクトンの増殖を抑えることが先決です。よって、まずは光合成による成長を抑制するために、照明を消すか1日の点灯時間を短くしてみてください。

また、水槽に太陽光が当たっていないかも確認し、太陽光が当たるようでしたら水槽の設置場所を変えるか、カーテンなどで遮光する措置も必要です。

3日に一度の頻度で飼育水を半分ほど換水する

照明のコントロールで除去できないようでしたら、次は飼育水中の養分を減らすために水換えを行ってください。グリーンウォーターを除去するためには3日に一度の頻度で、通常の水換え時よりも多めに飼育水全体の半分程度の量を換水します。

面倒だからと一度に全ての水を換水してしまうと、飼育している生体に悪影響を与えるので、頻度と分量には注意してください。

殺菌灯を設置する

カミハタ ターボツイスト Z 9W

以上を試みても改善されない場合は、殺菌灯を設置します。殺菌灯とは、飼育水を殺菌灯内に引き込み紫外線を照射することで、病原菌などの微生物や汚れの原因になる有機物殺菌・分解する設備です。

グリーンウォーターの原因たる、アオコなどの植物プランクトンにも効果があるので、殺菌灯を設置することで解消が望めます。ただし、殺菌灯は安い買い物ではないので、設置すべきかどうかよく考えたうえで導入してください。

アオコ抑制剤を投入する

ニチドウ アオコ除去剤 ニューモンテ フック式 6錠

それでも解消できない場合はアオコ抑制剤を投入しますが、これはあくまでも最終手段です。なぜなら、飼育している観賞魚や水草に対しても、悪影響を及ぼす可能性があるからです。

それに、抑制剤を投入して解消しても、根本の原因を放置することになるので、水槽環境の見直しを行わない限り、再びグリーンウォーター化する恐れがあります。

よって、飼育水のグリーンウォーターを除去するためには、発生しているグリーンウォーターへの対応と、後述する予防法を並行して行うことが重要です。

飼育水のグリーンウォーター化の予防法

グリーンウォーター化の原因と除去法をご覧になって、お気づきの方も多いと思いますが、グリーンウォーター化の予防法は以下の通りです。

  • 飼育する生体数の見直し
  • 給餌回数と量の見直し
  • 照明時間の調節
  • フィルターなどのろ過システムの見直し
  • 水換えなどメンテナンスの頻度の見直し

生体の数や餌に関しては前述したように、飼育水の量(水槽サイズ)に対して多すぎると、飼育水の富栄養化を招いてアオコなどの植物プランクトンが増殖してしまいます。

また、照明時間が長すぎても、アオコや藻類などの成長を促してしまうので、点灯時間を調節する必要があります。

水槽において適した照明時間は8~12時間までで、飼育環境によってアオコなどの発生状況は異なります。そのため、この範囲で照明時間を調節し、ご自身の水槽環境にとって理想的な時間を模索してみてください。

また、バクテリアによる水質の浄化作用が十分に効いており、水質が安定していれば植物プランクトンの養分になる物質も減少するので、増殖を抑えることが可能です。よって、フィルターの能力が現在の環境で十分に発揮できているかどうか、ろ過システムについても見直してみてください。

そして、いくらフィルターで飼育水をろ過していても、水槽という限られた環境ではどうしても有害物質が蓄積してしまいます。その中には、植物プランクトンの養分になる物質も含まれているので、水換えなどのメンテナンスの頻度についても適切かどうか検討することが重要です。

まとめ・飼育水を緑色にしない方法について

飼育水が緑色に濁ってしまう理由は、アオコなどの植物プランクトンが異常に増殖してしまうためです。植物プランクトンが異常増殖してしまう原因としては、飼育水の富栄養化や太陽光、長すぎる照明時間が主に挙げられます。

グリーンウォーターを除去するためには基本的には水槽環境の見直しで対処し、アオコ抑制剤などの添加剤にはあまり頼らないようにしましょう。

コメント

  1. だだだ より:

    照明の照射時間を減らし、薬剤にも頼り換水量も増やしましたが全くダメなので殺菌灯の導入しか無いと諦めてます…

    • 中島 より:

      アオコは一度発生すると、非常にしつこいです。根本的に解決するには、やはり殺菌灯が良いです。