トロピカ-初心者向けアクアリウム、熱帯魚水槽、金魚、メンテナンスの情報メディア

フォローする

淡水魚水槽一覧

アクアリウムに造花を入れよう!注意点の解説とレイアウト事例をご紹介!

アクアリウムに造花を入れよう!注意点の解説とレイアウト事例をご紹介!

アクアリウムに造花を入れてみませんか。造花は水草とは異なり溶けたり枯れることがないので、現状の水槽環境を変えることなく、レイアウトに彩りを持たせられます。ただし、水中での使用に適した物を入れなければ、生体に悪影響を及ぼすことがあるので注意が必要です。ここでは、アクアリウムに造花を入れる際の注意点やレイアウト事例などをご紹介します。

水槽の水温が上昇してきた!ファン?クーラー?上昇温度ごとの対策方法とは

水槽の水温が上昇してきた!ファン?クーラー?上昇温度ごとの対策方法とは

5月に入り、気温も上昇してくるころです。 気温が上昇すると、当然アクアリウム内の水温も上がってきます。 「どのくらいまで水温が上がったら対策をしたらいいのだろう」と悩んでしまうこともありますね。 今回は「水温の上昇温度ごとの対策方法、生体ごとの限界水温」などを詳しく解説していきます!

【2019年最新】インテリアアクアリウム水槽セット5商品を特集します

【2019年最新】インテリアアクアリウム水槽セット5商品を特集します

無機質なアクアリウムではなく、インテリア性の強いアクアリウムを置きたい!とお考えの方もいらっしゃるのではないでしょうか。 インテリア性の強いアクアリウムは近頃とても増えてきて、人気も急上昇しています。 こちらのページでは、インテリアアクアリウム水槽セットを5つご紹介します!ぜひお気に入りの逸品を見つけてください。

石のレイアウトを30cm水槽で解説!偶数での石組みのポイントを教えます

石のレイアウトを30cm水槽で解説!偶数での石組みのポイントを教えます

バランスの良い石組み水槽は、基本的に石の数は奇数が良いとされており、また石の種類も統一することが望ましいといわれています。 しかし少しオリジナリティを出したいときには石の数や種類を変えてみるのもいいでしょう。 ここでは、実際に30cm水槽に石組みをしながら解説していきます。

水槽レイアウト素材特集!水槽をかっこよくするレイアウト素材はこれで決まり

水槽レイアウト素材特集!水槽をかっこよくするレイアウト素材はこれで決まり

水槽レイアウト用品はさまざまなメーカーから販売されていますが、まずは生き物への影響が少なく、レイアウトの基本である「流木」と「石」を使ったものから始めてみることをおすすめします。そこで今回は、「流木」と「石」の種類や色、選び方などについて解説していきます。

日本淡水魚を飼育しよう!飼育しやすい種類や飼育方法をプロが解説します

日本淡水魚を飼育しよう!飼育しやすい種類や飼育方法をプロが解説します

日本淡水魚を飼育してみませんか。日本淡水魚は熱帯魚のような派手さはありませんが、鮮やかな婚姻色に色づく種類も存在し、その鑑賞性は引けを取りません。何より、日本の気候に順応しているので温調機器を使わずとも飼育が可能で、丈夫な種類が多いこともあり飼育が容易です。ここでは、日本淡水魚について飼育法やおすすめの種類などをご紹介します。

初心者からのディスカス飼育方法!水換えと餌、飼育数などのポイントを解説

初心者からのディスカス飼育方法!水換えと餌、飼育数などのポイントを解説

ディスカスは「熱帯魚の王様」の異名を持つほど、アクアリウムではポピュラーな存在です。その独特な姿や鮮やかな色彩は人々を惹きつけ、現在までに様々な改良品種が作出されるに至りました。鑑賞性は非常に高い一方で、その性質から飼育難易度はやや高い熱帯魚と言えます。ここでは、ディスカスについて基本的な飼育方法などをご紹介します。

無農薬の組織培養水草とは!組織培養水草のメリット・デメリットを解説

無農薬の組織培養水草とは!組織培養水草のメリット・デメリットを解説

組織培養水草を導入してみましょう。組織培養水草とは寒天培地を用いて無菌状態で培養した水草のことを指します。無菌状態で管理しているので農薬を使用する必要がなく、それでいて有害生物の混入もありません。そのため、エビ類などがいる水槽にも安心して導入できます。ここでは、組織培養水草について特徴とメリット・デメリットなどをご紹介します。

1 2 3 4 14