トロピカ-初心者向けアクアリウム、熱帯魚水槽、金魚、メンテナンスの情報メディア

フォローする

バクテリア一覧

【超初心者向け】簡単に熱帯魚を飼育するための基本ポイント3つを解説!

【超初心者向け】簡単に熱帯魚を飼育するための基本ポイント3つを解説!

今回はアクアリウムに始めて挑戦する「超初心者」の方のために、熱帯魚を簡単に飼育するためのポイントをご紹介していきます。はじめに用意したい水槽の基本設備や魚を長生きさせるコツなどアクアリウム初心者の方が悩みがちなポイントをまとめましたので、これから始めて魚を買う予定の方は是非このページをお役立てくださいね。

金魚水槽の掃除方法!フィルターや砂利など、清潔な水槽で病気を防ごう!

金魚水槽の掃除方法!フィルターや砂利など、清潔な水槽で病気を防ごう!

金魚はとても丈夫で可愛らしい、人気の魚です。 飼育は簡単だと思っている方も多いですが、実はとても水を汚しやすい魚でもあるのです。 今回は金魚水槽の掃除を行う際に、気を付けてもらいたい点を解説します。ポイントを抑え、快適な環境で金魚を長生きさせてあげましょう!

エアレーションが必要な水槽ってどんな状態?濁り・臭いなどから確認しよう

エアレーションが必要な水槽ってどんな状態?濁り・臭いなどから確認しよう

生き物の種別ではなく、油膜が張っている・魚が鼻上げしているなどの問題でどうしてもエアレーションが必要な水槽があるのを知っていますか?水草水槽に使用するときには注意が必要ですが、このような状態の水槽にエアレーションを使用することで、飼育水が活性化される・育てている生き物の発育促進というメリットがあるんです。

暑い季節の酸欠を防ごう!原因と対策と水槽の酸素量を適切に保つ方法!

暑い季節の酸欠を防ごう!原因と対策と水槽の酸素量を適切に保つ方法!

水槽管理にはいくつか注意しなければならない点がありますが、そのうちの1つに「水槽内の酸素量を適切に保つ」ということがあります。 酸欠が起こった場合、水質悪化が早まる、魚たちが水面に浮いてきて苦しそうにぱくぱくする、元気がないなどの変化が見られます。 心当たりのある方は、すぐに対策を立ててあげましょう!こちらの記事では、酸欠になる原因、そしてその対策について解説していきます。

「水質が安定する」とはどういう状態?バクテリアの定着などの目安をご紹介

「水質が安定する」とはどういう状態?バクテリアの定着などの目安をご紹介

アクアリウムの入門書などを見てみると、「水質が安定する」という言葉をよく目にしますよね。この「水質が安定した状態」は生体の飼育に必要不可欠で、アクアリウム初心者がまず目標にするべき状態です。今回は水質が安定すると見られる水槽内の変化などについて解説しますので、水槽管理を初めたばかりの方は是非参考にしてくださいね。

バクテリアを増やしてコケを抑制しよう!水槽のコケとバクテリアの関係!

バクテリアを増やしてコケを抑制しよう!水槽のコケとバクテリアの関係!

バクテリアとコケには密接な関係があり、バクテリアが上手く定着している水槽ではコケが生えにくいです。それは、バクテリアがコケの成長に必要な養分を分解することが大きな要因です。そのため、コケ対策の1つとして“バクテリアを増やす”ことは非常に重要です。ここでは、バクテリアを増やして厄介なコケを抑制する方法をご紹介します。

水槽掃除をしたら魚が病気になった?!水カビ病などを防ぐ掃除方法とは

水槽掃除をしたら魚が病気になった?!水カビ病などを防ぐ掃除方法とは

水槽掃除は水質の悪化による病気の発生を防ぐために必要不可欠です。しかし、方法を間違えるとその掃除が水カビ病などの病気の原因になってしまうことも。今回はそのような事態を避けるために、魚が掃除で病気になる原因を解説しつつ、水カビ病などを防ぐ掃除方法をご紹介します。

水槽設置当日に魚を入れたい!非常識を可能に変えるプロのバクテリア定着術

水槽設置当日に魚を入れたい!非常識を可能に変えるプロのバクテリア定着術

水槽設置当日はバクテリアがいないので、水質が安定せず魚を入れるには不向きな状態といえます。無理に入れると調子を崩すだけでなく、病気になってしまうことも少なくありません。ただ、金魚すくいの金魚や採取した魚をすぐに水槽に入れたい場合もあります。今回は、そのような場合にバクテリアを早く定着させる方法をご紹介します。

水槽のヘドロ!分解できる?水草への影響は?発生原因、除去方法を解説!

水槽のヘドロ!分解できる?水草への影響は?発生原因、除去方法を解説!

ヘドロは水槽で魚を飼う上で避けては通れないものです。見て見ぬふりをしていると、水質の悪化や水草の成長阻害、魚に悪影響など、なに一つ良いことにはなりません。そうならないためには、溜まりにくい環境作りと適切なメンテナンスが必要不可欠です。今回は、ヘドロのない綺麗な水槽を保つために発生原因と影響、除去方法について解説します。

水換えが逆効果?プロがメンテナンスしてはいけないと判断する状況を解説

水換えが逆効果?プロがメンテナンスしてはいけないと判断する状況を解説

水換えは水質改善が見込める最も手っ取り早い方法です。水槽内のバクテリアなどによる浄化作用ではどうしても限界があるため、定期的に水換えを行う必要があります。しかし、タイミングを間違えるとかえって魚の健康を害してしまうことも。そのような失敗を避けるために知っておきたい、水換えが逆効果となる状況について解説します。

アンモニアの影響とは!水槽内でのアンモニア被害や下がらないときの対策

アンモニアの影響とは!水槽内でのアンモニア被害や下がらないときの対策

アンモニアは生体の代謝で必ず発生し、硝化菌の養分になるものなので、アクアリウムにおいて切り離せない存在です。しかし、濃度が高くなりすぎると生体が死亡するなどの弊害が発生するため、しっかりと管理しなければなりません。ここでは、水槽内でのアンモニアによる悪影響や、アンモニア濃度が下がらない時の対処法などについて解説していきます。

金魚にバクテリア剤は必要?要らないケースとおすすめバクテリア剤も紹介

金魚にバクテリア剤は必要?要らないケースとおすすめバクテリア剤も紹介

金魚の飼育に必須と言われるバクテリアを補給するためにバクテリア剤を使用する人は少なくありません。ですが飼育方法によってはバクテリアが不要になる場合もあるんです。この記事ではバクテリアが金魚飼育に必須とされる理由や、バクテリアがなくても金魚を飼育できる方法、おすすめのバクテリア剤などをご紹介します。

ダブルで安心!上部フィルターで能力不足なら外部フィルターも併用しよう

ダブルで安心!上部フィルターで能力不足なら外部フィルターも併用しよう

水槽のフィルターを併用するメリットを解説!水槽の濾過能力が足りないときは異なるタイプのフィルターを併用すると効果的です。特に水を汚しやすい淡水魚飼育では、上部フィルターと外部フィルターの組み合わせがおすすめです。濾過能力が心配ならフィルターを増設してみましょう!

水槽管理に大事なポイントはココだ!日々の水槽観察で見るべき10ポイント

水槽管理に大事なポイントはココだ!日々の水槽観察で見るべき10ポイント

水槽管理に大事なポイントを10個ご紹介します!水槽は、非常にたくさんの要素が絡み合って成立している「小さな地球」のようなものです。 水があり、魚がいて、水草が植えられ、微生物がいる。上手に管理すれば安定しますが、何か一つのバランスが崩れると全てが壊れてしまうこともあります。 安定した水槽管理を目指しましょう。

1 2 3