トロピカ-初心者向けアクアリウム、熱帯魚水槽、金魚、メンテナンスの情報メディア

フォローする

オーダーメイド水槽一覧

水槽を長持ちさせる方法!ガラスとアクリル、経年劣化を遅らせるポイント

水槽を長持ちさせる方法!ガラスとアクリル、経年劣化を遅らせるポイント

アクアリウムを長年続けていると気になるのが、水槽の経年劣化。今回は水槽を長く使い続けるために、劣化を遅らせるポイントを解説していきます。日頃からできる劣化を抑えるための管理方法からオーダーメイドでできる補強加工までご紹介していますので、水槽の強度にお悩みの方は参考にしてみてください。

オーダーメイド水槽って高いの?値段が決まる条件・発注テクニックをご紹介

オーダーメイド水槽って高いの?値段が決まる条件・発注テクニックをご紹介

高いという先入観から、どうしても敬遠しがちなオーダーメイド水槽。しかし、板厚の厚さなど価格を大きく左右するポイントをしっかりと意識して注文をすれば、見栄えの良いオーダーメイド水槽を安く手に入れることができます。今回はオーダーメイド水槽の価格を抑えるための発注テクニックをわかりやすくご紹介しますので、是非お役立てくださいね。

水槽の『フランジ』は必要?ヒビが入ったら使えない?機能と疑問を解説

水槽の『フランジ』は必要?ヒビが入ったら使えない?機能と疑問を解説

水槽に取り付ける『フランジ』には、開口部の『フランジ』と水槽の中央付近を横断する『センターフランジ』があります。フランジの主な機能には、水槽内部からの水圧への耐性をUPさせ、水漏れや生き物の脱走防止といったものがあります。今回は水槽のフランジの機能などについて解説していきます。

こんな形はできるの?特殊水槽とは!販売している場所やオーダーメイド!

こんな形はできるの?特殊水槽とは!販売している場所やオーダーメイド!

イベント会場や水族館、ホテルなどで使用されることのある多角形や仕切りが付いている「特殊水槽」は、市販されておらずほとんどがオーダーメイドなんです。今回はこの特殊水槽に対して施すことのできる加工について、東京アクアガーデンのオーダーメイド水槽を例にご紹介していきます!

ガラス水槽のシリコンは透明とブラックどちらが良い?水槽提案のプロが解説

ガラス水槽のシリコンは透明とブラックどちらが良い?水槽提案のプロが解説

ガラス水槽の接着に使われるシリコンには透明なものかブラックのもののどちらかが使われていることが多いのですが、このシリコンの色が水槽の及ぼす影響はあるのでしょうか。 ここでは、ガラス水槽のシリコンは透明とブラックどちらが良いのかについてプロが解説していきます。

1 2 3 4