トロピカ-初心者向けアクアリウム、熱帯魚水槽、金魚、メンテナンスの情報メディア

フォローする

水槽メンテナンス一覧

アクアリウムの数値を測ろう!水質・照明などの単位と意味を解説!

アクアリウムの数値を測ろう!水質・照明などの単位と意味を解説!

アクアリウムを運営していく際に、単位や用語の意味がわからなくて戸惑うことはありますよね。同じように使われていることもあるけど…どう違うんだろう?比べたらどうなるんだろう?と思っている方のために、アクアリウム関係の科学用語、単位、測定方法などについて解説します。 安定したアクアリウム運営のために正しい知識とより深い見解を持っていただけたらと思います。ぜひご一読ください。

子供がいる家の水槽安全対策!転倒防止や手の突っ込みなどを解決しよう!

子供がいる家の水槽安全対策!転倒防止や手の突っ込みなどを解決しよう!

子供がいる家庭でアクアリウムを楽しむ場合、水槽の安全対策は必須と言えます。重く、角のある水槽にぶつかると、水槽が割れるだけでなく怪我につながってしまうことも。今回はお子さんがいるご家庭でも安全にアクアリウムが楽しめるよう、水槽の転倒防止などの安全対策についてご紹介します。

【ザリガニ水槽特集】簡単に管理ができるザリガニ飼育水槽ランキング10

【ザリガニ水槽特集】簡単に管理ができるザリガニ飼育水槽ランキング10

ザリガニ飼いたいなあ、でもどんな水槽を選んだらいいんだろうとお悩みの方に、「管理が簡単なザリガニ飼育水槽」をご紹介します。 それぞれメリットがありますので、ご自分の飼育したいスタイルに合わせた水槽を選んでいただけると思います。 つぶらな瞳が可愛いザリガニ、楽しく飼育してください!

プロおすすめの人工海水5選!使用感・成分を比較!水槽に合うのはどれだ

プロおすすめの人工海水5選!使用感・成分を比較!水槽に合うのはどれだ

マリンアクアリウムの必需品とも言える人工海水。最近では様々なメーカーから質の高い人工海水の素が販売されているため、どれを選べば良いのか迷ってしまいますよね。このページでは人工海水の選び方や扱いやすくオススメの人工海水について解説していますので、アクアリウムを楽しむための参考にしてみてくださいね。

水槽の砂利を敷き替えたい!替えたほうが良いとき・捨てるときの方法!

水槽の砂利を敷き替えたい!替えたほうが良いとき・捨てるときの方法!

水槽の砂利を敷き替えるのは、なかなか面倒ですよね。ついつい長期間放置してしまいがちですが、適度に交換することによって、安定した水質を維持することができます。今回は水槽の砂利を敷き替えたほうがよいタイミングや捨てるときの方法、再利用する場合の注意点などをご紹介します。

水槽に黒い砂を使いたい!水が濁る?メリット・デメリットとおすすめ商品

水槽に黒い砂を使いたい!水が濁る?メリット・デメリットとおすすめ商品

モダンなアクアリウムを楽しむ目的で近年人気が高まってきている「黒い底砂」。魚の色揚げ効果が期待できる反面、掃除が難しいという難点もあり、導入を迷っている方も多いですよね。今回は黒い砂を使用する上でのメリットとデメリットを分かりやすく解説していきます。おすすめの黒い砂も紹介しているので、ぜひ参考にしてくださいね。

水槽用ヒーターを安全に使うために覚えたい知識5つ!バケツに使えない理由

水槽用ヒーターを安全に使うために覚えたい知識5つ!バケツに使えない理由

熱帯魚を飼育するためには水槽用ヒーターが必要不可欠です。日本淡水魚ならまだしも、熱帯魚は加温なしに日本の冬を乗り越えることはできません。そんな重要な役割を持つ水槽用ヒーターですが、非常に高温になるため、誤った使い方をすれば大変危険な飼育機材でもあります。今回は水槽用ヒーターを安全に使うために必要な知識を5つご紹介します。

海水魚水槽が華やかになるアイテム5選!アクセサリーのメリット・デメリット

海水魚水槽が華やかになるアイテム5選!アクセサリーのメリット・デメリット

水槽用のアクセサリーは簡単に水槽を華やかにできたり、水質悪化のトラブルを起こりにくくするといったメリットがあります。今回はどれを選ぶか悩みがちな人向けに、おすすめの水槽アクセサリーを5選ご紹介すると同時に、アクセサリーのメリット・デメリットも見ていきます。

アクアリウムに浄水器は必要?良い水とは?メリットとデメリットを解説!

アクアリウムに浄水器は必要?良い水とは?メリットとデメリットを解説!

アクアリウムに浄水器を導入するアクアリストも少なくないですが、どんな浄水器を使えばいいのかや、そもそも浄水器が必要なのかで悩んでしまう事はありませんか?今回は浄水器の中でもアクアリウムで使われることの多い「RO水」や、浄水器を使うことのメリット・デメリットをご紹介します。

水換えするとき濁らせていませんか?ダメな理由と水槽内を濁らせない方法

水換えするとき濁らせていませんか?ダメな理由と水槽内を濁らせない方法

水換えは適切な方法で行わないと飼育水を濁らせてしまいます。飼育水が濁ると鑑賞性が低下することはもちろん、ろ材の目詰まりを促進させてしまうため注意が必要です。ここでは、水換え時に飼育水が濁ってしまう原因や、濁った際に発生する弊害などを解説していきます。

1 2 3 4 25