トロピカ-初心者向けアクアリウム、熱帯魚水槽、金魚、メンテナンスの情報メディア

フォローする

社長室をおしゃれにレイアウトしよう!熱帯魚水槽で更に上質な社長室へ

この記事をお読みくださっている社長の皆様は、社長室はお持ちでしょうか?

もしくは、これから社長室を作ろうとお考えの社長さんもいらっしゃるかもしれませんね。

そこで悩むのが、社長室のレイアウトですよね!

オフィス、応接室、はたまたトイレなど、会社の中には様々な場所があり、それぞれ工夫してレイアウトしていらっしゃるかと思います。

しかし、社長室のレイアウトが一番難しく、一番重要になるのは言うまでもありません。

厳粛な社長室、明るい社長室、重厚な社長室、様々ありますが、社長室のレイアウトが会社全体の雰囲気を決めると言っても過言ではありません。

そこで今回は、さらにワンランク上質な社長室にレイアウトするべく、東京アクアガーデンが熱帯魚水槽をご提案いたします!

社長室に水槽をレイアウトして得られる効果

でも、水槽ってお金もかかるし、わざわざ置かなくても…と思われる社長さんの為に、社長室に水槽を置いた時に得られる効果を5個ご紹介いたします!

熱帯魚水槽は、ただ「綺麗である」だけではないのです!

高級感のある社長室になる

水の透き通った水槽は、大きさに関わらずそれだけで高級感を感じます。

キラキラと輝く水、気持ち良さそうに泳ぐ熱帯魚たち、そして水の流れる優しい音。

いい車やいい時計とはまた違ったゴージャスさがあります。

また、水槽はとても目立つものです。

水槽がもつ高級感は、そのまま社長室がもつ高級感になります。

社長室のレイアウトを考える際、棚や机とは違う、いわゆる実用性の無いインテリアに何を置くかで空間の印象がぐっと変わります。

植物を置くのか絵を飾るのか、様々なアイディアの中に是非水槽を置くという選択肢も加えてみてください。

社長自身が癒される

会社を守る為に誰よりも必死で働き、時には休日も返上。

たまには癒されたい…とお考えの社長さんも多いのではないでしょうか。

水槽はまさに癒しにはもってこいのインテリアです。

プロがレイアウトした水槽はとても芸術性が高く、眺めているだけでゆったりとした癒しの時間を過ごすことができます。

アクアリウムとストレス軽減の関係は世界中で研究されており、実際に癒しの効果があることが実証されています。

また、水草のグリーンは沈静色と言われ、心をリラックスさせたり緊張感をほぐす効果があります。

インテリアに癒し効果を期待して社長室をレイアウトする時、アクアリウムは最高のインテリアになります。

親しみやすい社長室になる

社長といえば、会社のトップ。

そのトップがいるのが社長室です。

そのため、なんとなく近寄りがたかったり、用がなければ入ることもない…そんなイメージがありますよね。

そのイメージをなかなか払拭できず、お悩みの社長さんも多いのではないでしょうか。

しかし、水槽を一つ置くだけでイメージはガラッと変わります。

社長、お魚元気ですか? 社長、水槽見に行っていいですか? 社長、エサあげてもいいですか?

いつの間にか、親しみやすく、明るい雰囲気の憩いの社長室になってくれることでしょう。

話題になる

社長室に応接室が併設されているタイプの社長室レイアウトも多いですよね。

そこで商談を行ったとしたら、どうでしょうか。

水槽が一つあるだけで、まず最初の話題になることは間違いありません。

特に海水水槽の場合、映画で人気を博した「カクレクマノミ」や「ナンヨウハギ」を入れることもできますので、取引先の方も必ず注目してくれるでしょう。

少し難儀しそうな商談も、水槽の力を借りて明るく穏やかに進められることも…!

さらに、話題が話題を呼び、「○○社の社長室には水槽が置いてある」と業界内で話題に上がれば、思わぬところから販路拡大のチャンスが飛び込んでくるかもしれません!

社長、従業員のみならず、社長室を訪ねる取引先の方々にも楽しんでいただけるのがアクアリウムのいいところです。

社長室の水槽設置事例

これまで、社長室のレイアウトに水槽を取り入れた時のメリットについてご紹介いたしました。

しかし、文字で読んでもいまいちピンと来ませんよね。

そこで、これまでに東京アクアガーデンが実際に社長室に設置してきた水槽の設置事例をご紹介いたします!

社長室設置事例① 1200㎜淡水水槽

こちらの水槽は、もともとあった水槽を東京アクアガーデンがリニューアルし、明るい緑を基調にレイアウトをしました。

緑は沈静色とされていますが、中心に突き出した大きな流木がひときわ目立ち、迫力も兼ね備えた水槽レイアウトです!

水草の隙間を縫って泳ぐのはラスボラエスペイラミーノーズテトラミッキーマウスプラティなどの赤い熱帯魚たち。

こちらの社長室も応接室を兼ね備えたレイアウトである為、来客の方々の注目を浴びることは間違いありません。

社長様にもとてもご好評いただいております!

社長室設置事例② 1500㎜サンゴ水槽

こちらは、なんと横幅1500㎜もある大型のサンゴ水槽です!

サンゴは海の宝石とも呼ばれ、その形状や発色は息を呑む美しさです。

水槽台、水槽上部カバーは艶消しの黒を採用し、高級感を演出。

さらにバックシートを黒にすることでサンゴたちの色や輪郭がくっきりと浮かび上がり、圧倒的な存在感を放っています。

社長室がゴージャスな空間に生まれ変わりました!

社長室設置事例③ 300㎜サンゴ水槽

こちらは、社長室に設置した小型のサンゴ水槽です。

サンゴは非常にデリケートで、水質が変化しやすい小型水槽での飼育は難しいのですが、アクアガーデンではこのような小さな水槽での長期飼育にも成功しています。

小さいながら存在感は抜群で、水流に揺れるサンゴは眺めているととても癒されます。

この水槽ではソフトコーラルと呼ばれるサンゴをメインにレイアウトしています。

サンゴといえば骨格があって硬くて、とイメージされる方も多いと思いますが、ソフトコーラルのような柔らかいサンゴもあるんですよ!

熱帯魚水槽で更に上質な社長室へ

いかがでしたか?

水槽をたった一つ置くだけで、社長室はワンランク上の上質な空間に様変わりします。

淡水水槽、海水水槽、サンゴ水槽など、どの水槽もそれぞれが違った美しさを持っており、与える印象は様々です。

しかし、どの水槽を置いてもメリットが多いことは間違いありません。

1点、注意したいのは、プラスの印象を与える水槽はきれいに管理が行き届いた水槽だけである、ということです。

水が濁っていたり、コケが生えている水槽マイナスの印象しか与えてくれません。

そのため、社長室のレイアウトとして設置する水槽はプロに管理してもらうことをお勧めいたします。

少しでも気になった方は、お値段の確認だけでも大丈夫です!

アクアガーデンにお問い合わせください!

【関連記事】