トロピカ-初心者向けアクアリウム、熱帯魚水槽、金魚、メンテナンスの情報メディア

フォローする

熱帯魚の動画を楽しもう!twitterで人気の動画10選と撮影方法!

SNSに自分の飼育しているメダカや熱帯魚など、生き物の動画をUPされている方は多いですよね。

Twitter上でアクアリウム関係のアカウントを調べてみると、金魚や熱帯魚、海水魚などさまざまな魚の動画を見ることができますが、トロピカの公式アカウントでもいろいろなお魚動画をUPしているんですよ!

今回この記事では、トロピカのTwitterアカウントで人気のお魚動画をご紹介していきます。

熱帯魚の動画が人気

FacebookやTwitterなどのSNS上では、自宅で飼育している動物や熱帯魚などの動画をUPしている方は多く、そういった画像は人気がありますよね。

アクアリウムで調べてみても、実にたくさんの動画がUPされています。どれも元気で美しく、かわいらしい姿や人に懐いている様子などを見ることができ、癒されるものが多いです。なかにはベタなどの淡水魚や海水魚などの卵の様子や、繁殖行動などをUPされている方もいます。

自宅で飼育できなくても、このような動画で楽しむことができますし、自分の知らない生き物や珍しい種類を見ることもできるので、楽しいですよ。

アクアリウムはリラックス効果があるので、癒されたいときなどはSNSで熱帯魚や海水魚の動画を見るのもいいですね。

トロピカのTwitterで人気の動画10選

それではここからは、現在Twitterのトロピカアカウントに2019年9月までにUPされた動画の中から、人気の高いものをご紹介していきます!

かわいすぎる!ハリセンボン

こちらの動画は、本当はお腹の裏側を撮影したかったのに、まるで「何?何?」とでも言いたげな表情で、カメラ目線で泳いでいるハリセンボン

餌をくれるとでも思っていたのでしょうか?

人だけでなく撮影にも慣れているのがわかりますよね。

カメラ慣れをしているとこのように自分から近づいてきてくれることも多いですが、逆に思うような動画が撮影できないこともあります。

ひっつく!オトシンクルス

コケ取りで知られているオトシンクルスですが、ガラス面に口の吸盤でくっついているので、自宅で飼育している方はよく見る光景ですね。

よく見るとただくっついてるだけじゃなく、口をもぐもぐさせているのがわかりますよ。

登頂したエビ

これは8月11日の「山の日」にちなんで、流木の頂上にいたエビを撮影したもの。

流木についている小さなコケや、餌の食べ残りなどを探してもぐもぐしているのが可愛らしいですね。

後ろで泳いでいる熱帯魚も癒しを与えてくれます。

こちらを観察!プラチナエンゼル

熱帯魚といえば、この魚を思い浮かべる方が多いです。

エンゼルフィッシュはたくさんの種類がありますが、なかでもこのプラチナは上品さがあり大きさもあるので1匹だけでも存在感がありますよ。

こちらを気にして泳ぐ姿もかわいらしいですね。

元気なカクレクマノミ

某アニメ映画で知名度が上がり、人気が出たカクレクマノミの動画。

スターポリプも綺麗にたなびいていて、海中の幻想的な様子を見ることができ、いつまでも飽きることなく見ることができますね。

鮮やかな海水魚たち

色とりどりのカラフルな海水魚が元気に泳ぐ水槽は、眺めているとなんだか元気が出てきそうですね!

こんな水槽が自宅にあるなら早く仕事や学校を終わらせて、まったりとした気分で水槽を眺めながらお気に入りの音楽でも聴きたいところです。

コリドラスのお友達

ただコリドラスがそこにいるだけの動画ですが、この後何かあるのかと気になってついつい見入ってしまいます。

くりくりとした目と、口元のヒゲがとてもかわいいです!

会話するコリドラス

コリドラス好きなら、いつまでも見入ってしまいそうな動画です。

会話する」とありますが、あまり口を動かしていないですよね

ただ目で何かこちらに物語っているような雰囲気を感じることができますよ。

もふもふ!カクレクマノミ

カクレクマノミ2匹が、イソギンチャクとモフモフしているだけの動画ですが、とってもかわいらしい!

カクレクマノミの自然な様子を見ることができますよ

ひみつの通路

水草と水草の間のトンネルから、熱帯魚を隠し撮り!

トンネルの向こうでうろうろしている様子がかわいらしいです。

おっかなびっくりトンネルをくぐってこちらに向かってくる様子すら、愛おしいと思いませんか?

熱帯魚を可愛く撮影するには!

魚は外部からの視線に敏感で、撮影や人影に慣れている場合は逃げずにマイペースで泳いでいることもありますが、基本的にカメラやスマホを向けると、逃げ出すことが多いです。

魚が逃げないようにするためには、少し離れた位置からズームで撮影するのがベスト。でも性能がよいカメラを使用しないと、ピントが合わずにブレてしまったり、解像度が低いためぼやけて汚い画像になってしまうことがあります。

撮影を手早く行いたいという気持はわかりますが、水槽内の被写体はなかなか思うようには動いてくれません。そのため焦らず落ち着いてじっくりと待つことが重要なポイントになります。

カメラの位置を固定して、自然に魚がフレーム内に入ってくる様子を撮影したほうが、動画の手振れやピンボケなどを防ぐことができますよ。

小さな水槽は撮影しにくいので、なるべくなら60cm以上の水槽での撮影がおすすめです。

撮影しやすい水槽のレイアウトに関しては、こちらの記事を参考にしてみるのもよいですよ。

撮影するときはマイクロレンズなどを付けると、クリアーな映像を撮影することができますよ

  

スマホレンズ クリップ式 0.6倍広角レンズ 15倍マクロレンズ 198°魚眼レンズ 高画質カメラレンズキット 自撮り ワイド 接写 スマホ用カメラレンズセット iphone Xperia Android全機種対応 簡単装着 携帯レンズ 3in1(広角+マクロ+魚眼)

近頃はスマートフォンで撮影する方も多いですよね。でもスマートフォンのズーム機能だとうまく調整できないことも多いです。

そんなときはクリップ式のレンズがおすすめ

商品によって拡大倍率が異なるので、購入時には倍率をしっかり確認しましょう。クリップ式なら装着も簡単で、サイズも小さいので持ち運びも楽ちん。いつでも気軽にアクアリウムの動画撮影を行なうことができます。

水中の動画を手軽に撮影したいのなら、こちらの商品がおすすめ!

ILIHOME 内視鏡カメラ ファイバースコープ スネークカメラ ワイヤレス 検査カメラ 防水IP68 ボアスコープ 1200P画素 8MMレンズ 高輝度8個LEDライト HD WiFi エンドスコープカメラ 暗視機能 エアコン/排水口/下水道/車点検 Android/IOS/iPhone/Samsung/タブレットなど対応(5メートル)

防水加工が施してある内視鏡タイプのファイバースコープカメラなら、水中に入れることができ、岩の間などの狭い部分も撮影しやすいですよ。

撮影方法については、こちらの記事も読んでみて!

まとめ:熱帯魚の動画を楽しもう!twitterで人気の動画10選と撮影方法!

今回はトロピカでTwitterにUPしている画像の中から人気の高いものをご紹介しつつ、動画撮影のポイントについてもお話ししました。

自宅で飼育している熱帯魚や、水族館などで見た珍しい水棲生物をみんなに見てもらいたい、後でまた見たいと思って撮影をする方も多いですよね。

スマートフォンで手軽に撮影できるようになったとはいえ、手振れやピンボケなどは気を付けたいところ。

なかなか思うようにうまく撮影できないときは、撮影方法を見直したり、クリップ式のレンズなど、お助けアイテムの使用も考えましょう

動画撮影を今までやったことがないという方も、自宅の熱帯魚の様子を撮影してみませんか? 

元気でかわいい状態を撮影できれば、きっと素敵な宝物になりますよ!