熱帯魚・金魚の水槽・アクアリウム情報メディアサイト「トロピカ」

フォローする

このバックシートにはこの熱帯魚!背景の色別に映える熱帯魚を紹介します

みなさんは、水槽に「バックシート」、貼っていますか?バックスクリーンとも呼ばれることがあるアイテムで、水槽の背面に貼るシートです。

熱帯魚たちの見栄えを良くしたり、背後にある配線を隠す効果があるので、ぜひ貼ることをおすすめします。

でもショップにはいろんなバックシートがあって、どう決めたらいいのだろうと迷ってしまう方に、バックシートの選び方を紹介します。

水槽がぐっと引き立つバックシート、上手に選んでください!

水槽のバックシートの選び方

バックシートには基本的な選び方がありますので、ご一読ください。

まず初めに、色について少しご説明します。

色を色彩別に環状に並べたものを「色相環」と言います。下の画像のようなものです。

この色相環を基本に、バックシートの選び方を見て行きましょう。

活発なイメージにするには補色

【熱帯魚動画図鑑】レッドミッキーマウスプラティ

上の動画のような、水槽を元気で活発なイメージにしたい時には、導入している魚と補色のバックスクリーンがおすすめです。

「補色」というのは、色相環の逆位置にある色同士をいいます。オレンジの補色は青色なので、オレンジのプラティを映えさせたい場合には青のバックシートを使う!というような感じです。

「補色ではきつくなりすぎてしまうのでは?」と考える方もいらっしゃいますが、そこでトーンの違うカラーの魚や、水草、岩、流木などのアクセサリーを追加することで、きつさが和らぎまとまります。

花束にカスミソウや葉を加えるようなイメージですね。

シックなイメージにするには同系色

リラックスできる落ち着いたイメージにするには、魚と同系色がおすすめです。

同系色とは、同じ色合いのものと、同じベースカラーの色(イエローベース、ブルーベースなど)の事を指します。色相環でいうと、その色の近くにある色彩ということになります。

例えば、水色のデバスズメダイに青のバックシート、といった感じです。

ちなみに、東京アクアガーデンでは海水魚水槽では青のバックシート一択です。青は海のイメージが強いですし、海水魚であるということを強調できるからです。

青いバックシートいいな!と思った方には下のアイテムがおすすめです。

Leaf Corp バックスクリーン ARTI(アルティ)60 オーシャンブルー(65×50cm)+フィルム貼り道具セット

こちらのアイテムは、バックシートを貼るためのアイテムがセットになっています。はじめてシートを貼るという方に特におすすめです!見栄えが全然変わってきますので、一度試してみてください。

迷ったときは黒のバックシート!

黒のバックシートは特別です。無彩色ですからどんな色・サイズの魚や水草にも合うんです。

迷ったときは黒を選べば間違いありません。

高級感、インテリアとの馴染みやすさ、落ち着いた雰囲気、生体の見やすさなど、優れた点が沢山あります。

AQ-60 バックスクリーン 黒 600

上記のアイテムは200円以下と非常にリーズナブルです。試しに使ってみたい方や、バックシートを貼り慣れている方におすすめです!

バックシートの色別!映える熱帯魚

バックシートの色別、おすすめの生体を紹介します。

アロワナは断然、黒がおすすめ!

アロワナ

迫力ある大型魚のアロワナは、金属質のような光沢が美しいです。

その魅力を最大限に引き出すのは、やはり黒のバックシートです。

アロワナで良く使用される水中照明も、黒い背景にすることで無駄な反射や混色が抑えられます。アロワナの高級感を引き出してくれる、ベストなカラーと言えるでしょう。

短期イベントを盛り上げる!両面仕様の海水アクアリウム オフィスビルで行われた短期イベントに、大型海水魚水槽を設置しました。 青やオレンジなど、色とりどりの熱帯魚たちが華やかで楽しいアクアリウム空間を演出しています。 注目度抜群!色鮮やかな海水魚水槽を設置しました オフィスビルのエントランスフロアに1・・・

白い魚は青で透明感がでる!

白い魚には青系のバックシートをおすすめします。

青+白はとても清潔感あるカラーリングですので、病院や教育施設などに特におすすめします。

例えばエンゼルフィッシュの中でも、白いプラチナエンゼルは青のバックシートが似合います。とてもさわやかな組み合わせですね!

下のリンクから設置例をぜひご覧ください。

水槽はレイアウト次第で雰囲気がガラッと変わります! 飲食店内に設置された大型水槽のレイアウトをリニューアルしました。 幻想的で美しいアクアリウム、かわいい熱帯魚たちがお客様をお出迎えします。 インパクトのあるレイアウト水槽は、集客、リピーターの獲得、SNSでの話題性にも期待できます。 大型アクアリウムは・・・
風景と一体!お魚がいる窓辺! 待合室の窓が、水槽をおくことでインテリアとしての存在感を高めました。 まるで外の風景を取り込んだかのような、街の木の緑とのコントラストが美しい水槽です。 150cmと大型の水槽なので、余裕のある全体観で、窓としての機能の邪魔をしない設計となっています。 待合室もぐっとおしゃれな・・・
待ち時間を楽しみに変えるアクアリウム! 注目度100パーセント!カラフルで楽しい120cmの海水魚水槽! 飲食店様の待合いスペースに120cmの大型の水槽を設置いたしました。 店内に入るとすぐに目に飛び込んでくる大きなアクアリウムでは、大人気のカクレクマノミや、スカイブルーの体が美しいデバスズメダイがお出迎え・・・

複数のカラーをもつ魚には黒!

黒はすべてをまとめる色です。

レインボーフィッシュやネオンテトラなど複数のカラーを持つ魚は、黒のバックシートで美しさを効果的に見せることができます。

特にレインボーフィッシュ特有の「美しいグラデーション」を観賞したいとき、黒のバックシートが最も見やすく、グラデーションが映えて美しいですよ。

黒いバックシートの設置例は下のリンクからご覧ください。

イベントを引き立てる淡水アクアリウム!注目度抜群です アクアガーデン短期レンタル水槽事例のご紹介です。 東京ビックサイトのイベントブースに90cm淡水魚水槽を設置しました。 イベントブースを盛り上げる水草アクアリウムを設置しました! 東京ビックサイトのイベントブースに存在感抜群の淡水魚水槽を設置しま・・・
色鮮やかな熱帯魚水槽に癒されます! こどもクリニックの待合室・受付フロアに、青く輝く60cm海水魚水槽を設置しました。 キャビネット(水槽台)・キャノピー(水槽上部かぶせ)は、清潔感のある白を選定。 院内のインテリアにもマッチしています。 病院の待ち時間は、緊張と不安がつきもの。 その不安から悪いイメージ・・・

最終的には好みで決めてOK!

様々な例をご紹介してきましたが、この色にこれが合う…というのは、個人の感性によるところが大きいですね。

ですから、最終的にはご自分が「これが一番合う!」と思ったバックシートを選択するのが一番愛着もわきますし、良い仕上がりになりますよ。

現在、様々な色のバックシートが販売されていますので、お好みのものを採用すると楽しいです。定番の黒ではない、チェリーピンクやミントのものもあるんですよ!

まとめ:このバックシートにはこの熱帯魚!背景の色別に映える熱帯魚を紹介します

水槽の名わき役である、バックシートの選び方についてお話ししました。

これを変えるだけで、雰囲気をがらっと変えることもできるので、手軽にチェンジしてみるのも楽しいものです。

様々なバックシートで、より一層アクアリウムを満喫してください!