トロピカ-初心者向けアクアリウム、熱帯魚水槽、金魚、メンテナンスの情報メディア

フォローする

水槽レイアウトで使用する道具3つ

飲食店や病院、何かのイベント等で見かける水槽はとても美しいですよね。

自分でも水槽のレイアウトを始めてみたいが、なにから揃えれば良いかわからない。

そんなかたのために今回は水草水槽のレイアウトに必要な道具を3つ紹介します。

水槽のレイアウトに必要な道具は実は少なく、値段も低価格なので是非挑戦してみてはいかがでしょうか。

↓↓↓水槽レイアウトに関連する記事はこちらから↓↓↓

水草レイアウトで使用する道具

水草水槽のレイアウトと聞くと難しいと思う方も多いと思います。

確かに、大きな水槽や飼育難易度の高い水草などを使用して

水槽のレイアウトをするのであれば、かなり難しいと言えるでしょう。

しかし、家庭用の小型水槽(30~90cm程度)であればそこまで難しいと考えなくても大丈夫です。

それでは以下に水槽レイアウトで使用するアイテムを紹介していきます!

水槽レイアウトで使用する道具その1~ピンセット~

ピンセットは水草を抜いたり、植えたりとレイアウトで一番よく使用するといっても過言ではありません。

また底砂をならしたり、レイアウト物の隙間に入ってしまったゴミや死魚を取り出す際にも重宝する万能メンテナンス用品です!

一般用途のものから水草専用のものまで様々なピンセットが販売されております。

一般用途のものでも基本的な作業は行うことはできますが、水草へのダメージや、

水草の植えやすさ、錆びにくさ等を考えるのであれば水草専用のものを購入したほうが良いでしょう。

特に小さな水草を植える際にはより繊細な感覚が必要になるので、購入しておいて損はないと思います。

価格:500円~3000円程度

↓↓↓ピンセットを使用した水草の上手な植え方はこちらから↓↓↓

水槽レイアウトで使用する道具その2~水草用ハサミ~

主に水草をカットするために使用するハサミです。

こちらもピンセット同様に、一般用途のものでも構わないのですが、

断然水草専用のものが使いやすいです!!

やはり、水草専用に作られているだけあり、ほんとにカットしやすいです。

またカットしやすいだけでなく、切れ味、錆びにくさなど全てにおいて優秀です。

単に水草用のハサミといっても、水草の種類や丈の長さなどで使用するハサミが変わります。

様々なカットの方法に対応した水草用ハサミのセットも販売していますので、

レイアウトに慣れてきて更なるステップアップをしたい方は要チェックです!

価格:500円~3000円程度

↓↓↓水草用ハサミを使用したトリミングに関する記事はこちらから↓↓↓

水槽レイアウトで使用する道具その3~ビニタイ~

ビニタイは水草と流木や岩などを活着させるために使用します。

色は、あまり目立たないように黒・茶色・緑のどれかから選びましょう。

ビニタイで水草を活着させる際は、あまりきつく締めつけすぎないようにするのがポイントです。

100円均一で売られているもので充分なのでかなり底コストで購入可能です。

それでも、水草専用のものも販売しており、あらかじめ長さが決まっていて、私の主観ですがやはりこちらのほうが使いやすいです。

水草の活着に使用したビニタイは時間が経つと錆びてきてしまうので、

充分活着されていることが確認出来たら外しましょう。

価格:100円~500円程度

↓↓↓ビニタイを使った水草レイアウトに関連する記事はこちらから↓↓↓

水槽レイアウトで使用する道具まとめ

今回は水草水槽のレイアウトに使用する道具を3つ紹介しましたがいかがだってでしょうか?

ハサミ、ピンセット、ビニタイと揃えやすく、身近にあるものだけなので簡単に揃えることが出来ると思いますので、是非挑戦してみてはいかがでしょうか?

まずは安価なものから揃えて、ステップアップしたら専用の少し高価なものに買い替えたりするのも一つの手段だと思います。

それではよりよいアクアリウムライフを!