トロピカ-初心者向けアクアリウム、熱帯魚水槽、金魚、メンテナンスの情報メディア

フォローする

金魚が口を動かすのはなぜ?ぱくぱくする理由と金魚の様子・心理に迫る!

水面近くで口をぱくぱくさせている金魚、時々目にしませんか?

「可愛いな」と思う反面、「どうしてぱくぱくさせているんだろう」と心配になってしまうこともありますよね!

今回は、金魚が口をぱくぱくさせる理由、その時の金魚の様子・心理について解説していきます。

可愛い金魚の気持ちを知り、居心地よく飼育してあげましょう。

金魚が口をぱくぱくさせる目的は?

金魚が口をぱくぱくさせるのは、どんな時でしょう。

病気?酸素不足?という特別なケースを思い浮かべる方が多いかと思いますが、通常の状態でも、金魚は常にぱくぱくと口を動かしています。

呼吸をするため

金魚はエラで呼吸をしていることはご存知ですね。

エラで呼吸をするためには、口から水を吸い込むことが必要なのです。

口から吸いこんだ水をエラから排出する時に、水の中に含まれている酸素をエラにある血管内へ取り込んでいるからです。

エサを探している

金魚には普段、人工餌を与えている方が多いと思いますが、もし自然界であれば水中のプランクトンや小さな虫、藻などを食べているのが魚類ですから、水中で口をぱくぱくさせることで微細なエサを探している、という場合もあります。

エラのゴミを取っている

エラにゴミが付着してしまっても、金魚はヒレなどで掃除することができません。ですから、口からたくさん水を吸い込み、その水をエラから排出することでエラのゴミを取り除こうとしていることもあります。

こういった場合は、あくびをしているかのように口を大きく、伸ばすように開けているので見分けがつくかもしれませんね。

水中の酸素が不足している

これは定番の理由ですね。

前述の通り、金魚は口から取り入れた水をエラから排出することで呼吸をしています。ですから水中の酸素が少ないと、普段よりもたくさんの水を口から取り入れるため、ぱくぱくする必要がでてくるのです。

エラ病にかかっている

呼吸に大切なエラの機能が低下してしまう病気です。

懸命に口から水を吸い込んでエラから排出しても、今までのように酸素を取り込めないので普段よりもたくさんぱくぱくする症状が見られます。

もしエラ病になっている場合は口をぱくぱくさせる症状のほかに、エラの変色が見られますのでエラの様子を観察してあげましょう。

口をぱくぱくさせているときは金魚はどうなっているの?

おおまかにまとめておきますと、金魚が口をぱくぱくさせているときは「何か不調があるため、エサやりや水換えなどのアクションを求めている」と言えます。

完全にリラックスしている金魚は口をぱくぱくさせません。

ですから、金魚が口をぱくぱくさせているのに気づいたら、金魚が何を求めているのかを考える必要があります。

「口をぱくぱく」と一口に言っても、金魚の体調や気持ちはその時によって違いますので、次の項で細かく解説していきます。

注意してもらいたいのは、肉瘤のある丸っこい金魚についてです。これらの金魚はぱくぱくをあまりしません。ですから、ぱくぱくしていないから体調がいいんだろうな~と油断することなく、毎日金魚の様子を観察するようにしてください。

口をぱくぱくさせているときの金魚の気持ち

冬にメダカ・金魚にあげるエサは何がいい?消化の良い餌ベスト5と与え方

では、金魚が口をぱくぱくさせているときはどんな心理状態なのでしょうか?

毎日金魚を観察していると伝わってくるものがあるものです。

口を素早く動かしているときは

早くエサが欲しい!お腹が空いたよ!というときは、口を素早く動かす傾向にあります。

エサの時間が近づいていませんか?

金魚は大食漢で、あげたらあげただけ食べてしまうのでエサのあげすぎは禁物ですが、あまりお腹を減らしているのもかわいそうですから、時間と量を決めてエサをあげましょう。

一定速度でエラと共に口を大きく動かすときは

エラと共に口を動かす=エラの調子が悪い、呼吸が苦しいときです。

まずはエラの色を観察してあげましょう。普段と色が違っていないなら、酸欠なのかもしれません。

エアレーションはしていますか?していても酸欠になってしまうなら、水換えすることで手っ取り早く酸素を取り込むことができます。

水中でゆっくりぱくぱくしているときは

これは金魚がリラックスしているしるしです。

今の環境が気に入り、眠くなっているのかもしれません。

「えっ、金魚って眠くなるの?」はい、魚も眠るんです!

ですからゆっくりしているときは刺激せず、休息をとらせてあげたいですね。

水面近くでずっとぱくぱくしていたら

水面近くで苦しそうに長いことぱくぱくしていたら、金魚は体調が悪いのかもしれません。

エラ病や水質悪化が疑われます。

エラの色をよく観察してあげること、水換えをする時期であるかどうかを検討してください。

もしもエラ病であれば治療の必要があります。

エラ病の治療としてはまず水換えです。細菌が感染している恐れがあるため、水を換えてきれいな水にしてあげましょう。

それでも心配な場合は、薬で治療します。グリーンFゴールドがその代表的な薬です。

水質が心配な時は、水質検査キットで水質を調べてみるのも有効です。

まとめ:金魚を日ごろから観察し、異常に早く気づいてあげよう

金魚が口をぱくぱくさせているときの状態・心理について解説しました。

まとめると「口をぱくぱくさせているときは何かを求めているサイン」ということになりますが、それに気づくには「いつもの状態と違うか、同じか」が判断する必要があります。

日ごろから金魚の様子をよく観察し、「健康な時はこのくらい口をぱくぱくさせるものだ」というのをつかんであげましょう。そうすることで体調などの変化にいち早く気づくことができます!

可愛い金魚と長く一緒に暮らせるように、毎日よく観察してあげてくださいね。