トロピカ-初心者向けアクアリウム、熱帯魚水槽、金魚、メンテナンスの情報メディア

フォローする

水槽のろ材はいつ交換する?種類ごとの寿命と長持ちさせる方法を解説!

アクアリウムを行う上で使用することの多いフィルターのろ材にはいくつかの種類があります。交換のタイミングで悩む人が多いですが、ろ材によって寿命は異なります。

  • ウールマット:寿命は3~4ヵ月ですが、洗うことで2~3回使用可能。
  • スポンジ:寿命は2年ほど
  • セラミックろ材:割れや崩れがなければ、永久利用可能
  • 活性炭:寿命は1ヵ月程度ですが、メーカー推奨時期を目安にしましょう。
  • サンゴろ材:洗うことが可能で半永久的に使用可能

今回はろ材の寿命や長持ちさせる方法について、お話していこうと思います。

ろ材ごとの特徴や寿命はこんなに違う!

水槽の仕様や育てている生き物の種類や数によって、使用するフィルターの種類は変わってきます。テトラなどの外掛けフィルターやエーハイム2213のような外部フィルターの他に、水槽の上に設置する上部フィルターなどがありますが、それぞ使用するろ材が異なります。

どれか一つだけでもかいませんが、フィルターは複数のろ材を組み合わせより効果を高めることができます

しかしろ材ごとに交換のタイミングが異なることを、よく理解していないアクアリウム初心者は多いです。

水質を安定させるために必要なろ材の交換のタイミングを間違えると、綺麗にするどころが逆に水質悪化の原因になってしまう事もあります。これからろ材ごとの特徴と寿命を解説していきます。

ウールマット

寿工芸 薄型高密度マット10枚入

ウールマットは生物ろ過に必要なバクテリアが、繁殖することのできるろ材です。スポンジと比べると「目が細かい」という特徴があります。

アクアリウム慣れしている人の中には、ウールマットしかいれていないという人いるほどですが、ゴミをこしとる物理的なろ材でもあるので、目詰まりしやすいです。

ウールマットの寿命は3~4ヵ月ほどですが、洗うことで2~3回使用することができます。しかし洗うとろ過能力が低下してしまうので、毎回交換することをおすすめします。

何度も使用していくと最終的に深いカーキ色になり、溶けていくように分解されていきます。この状態になってしまうと再利用することはできません。

スポンジ

スポンジフィルター LS-15B 置型 【スポンジフィルター LS-15B】

スポンジフィルター LS-15B 置型 【スポンジフィルター LS-15B】

多くのろ過機材で使用されているスポンジですが、こちらもろ過に必要なバクテリアが繁殖することができますが、ごみを取る物理ろ過をメインに行います。

目が粗めでゴミがスポンジ内に溜まっている状態が続くと、水槽内と同じように溜まったゴミが分解され、水質悪化を招く原因になります

寿命は約1~2年ほどですが、商品や普段の汚れ具合などから交換時期は変わり、エーハイムの外部フィルターに入っている青いスポンジのように、洗えば長く使える商品もあります。

寿命前でも凹んでいたり、形が変わってしまったという状況は交換のサインです。またスポンジの弾力性がなくなると、通水性が落ちてしまうので、弾力性がないときも交換をおすすめします。

セラミックろ材

セラミックろ過材 エイブルリング Mサイズ 5L(1L×5)

セラミックろ材とは、陶器のように焼着固めて作られているろ材です。多孔質な構造になっているためスポンジやウールマットよりも多くのバクテリアが繁殖するという特徴があります。しかし製品によっては水質に影響を与えるものもあるので、使用時に注意しましょう。

割れたり、形が崩れるといったことがなければ、ほぼ半永久的に使用可能です。汚れが酷い場合は洗うことで再利用可能ですが、pHの緩和作用などがくなってしまう点は注意が必要です。普段から目詰まり防止のために、定期的にくみ出した飼育水ですすぎましょう

活性炭

ジェックス 活性炭スリムマット6個入 スリムフィルター用交換ろ過材

活性炭の原材料は竹や松などの木や動物の骨などさまざまなものがあるのをご存知でしょうか。パウダー状にされたものが、ネットなどに入れられて販売されていることがほとんどです。多孔質のろ材ですがセラミックと異なり、有機物を吸着する性質がある」という特徴があります

寿命は約1ヵ月ですが、メーカーの交換推奨期間に従いましょう。洗っても使いまわしがきかないため、1回使い切りです。水の汚れ具合によっては早ければ2週間、遅くても1ヵ月程度で効果が切れてしまいます。

サンゴろ材

No.72 Coral(サンゴ砂) ミディアム 1リットル

No.72 Coral(サンゴ砂) ミディアム 1リットル

底砂として使用することの多いサンゴ砂ですが、実はろ材としても利用可能です。珊瑚が死んで風化し砂状になったもので、セラミック同様に多孔質な構造となっています。そのためろ過バクテリアが繁殖しやすいんです。

サンゴろ材は他のろ材と異なり、寿命がありません。汚れても洗うことで何度でも使用でき、半永久的に使用できます。しかし水槽内のpHに影響を与えるので、使用時は注意しましょう。

ろ材を長持ちさせる方法

ろ材は消耗品なので定期的に交換しなければなりませんが、お金がかかるのでなるべく長く使いたいという人は多いです。水槽内のゴミ取りや餌の食べ残しを減らすことでもろ材の寿命を少し伸ばすことはできます。しかしろ材を長持ちさせるのに一番注意したいのは、「洗い方」なんです

  • ウールマット:汚れの酷い面を下にし、上から水を流すと汚れが自然と落ちやすいです。しつこい汚れの場合は、蛇腹にして軽くも洗いします。
  • スポンジの場合:目詰まりしやすいため、少し強めにも洗いしましょう。
  • セラミックの場合:形が崩れないように、軽く飼育水の中でゆする。ネットに入っている場合は、ネットに汚れが詰まってしまう事が多いので、ネットを交換する、洗うなどで目詰まりを解消しましょう。

ろ材を洗うのに使用する水はカルキ抜きした水か、飼育水で行いましょう。ろ材の汚れをきれいに落としたいという気持はわかりますが、綺麗にしすぎるとろ材に住み着いていたバクテリアが水と一緒に流されてしまいます。ろ材を洗うときは目に見えるほど大きなごみや、目詰まりを解消する程度にとどめましょう

まとめ:ろ材の種類ごとの特徴や交換時期を把握して綺麗な水作りを

水槽内のゴミ取りや水質安定のためにも、ろ過は必要です。ろ材は単品でも使用可能ですが、複数を組み合わせることで、ろ過能力が高くなります。 しかし異なるろ材を同時に洗ったり交換してしまうと、住み着いていたバクテリアが激減してしまうため、複数のろ材を使用しているときは洗ったり交換するタイミングをずらさなければいけません。

生き物を長生きさせ、綺麗な水槽を作るには水質の安定がカギになります。 

目詰まりし本来の役割を行えないろ材をいつまでも入れておくと、水質悪化の原因になってしまうため、面倒でも汚れがひどいときはすぐにろ材を洗ったり交換するようにしましょう。

コメント

  1. てっしゃん より:

    ウールのろ材が寿命が、一番短いとは知りませでした。
    以前、行き付けのショップではセラミックろ材は、多孔質の為目詰まりし洗っても一年位しか持たないと説明を受けたので交換していました。
    大変、勉強になりました。

    • 中島 より:

      コメントありがとうございます!
      フィルターが形崩れを起こすと水流が弱まってしまうので、濾過力を下げる原因になります。
      ろ過機にもよりますが、ウールろ材は徐々に溶けたようになり、こしとる力が弱まります。
      セラミックろ材は型崩れのスピードが遅い(ほぼ崩れない)ので、洗って再利用することがほとんどです。
      もちろん、割れたら交換をおすすめししています。