トロピカ-初心者向けアクアリウム、熱帯魚水槽、金魚、メンテナンスの情報メディア

フォローする

水槽に白い砂を使おう!汚れが目立つ?メリット・デメリットとおすすめ商品


みなさんは水槽の底砂にどんなものを使っていますか?

底砂はとてもバラエティに富んでいますが、選ぶ基準の一つに「色」がありますね。

今回は、白い底砂にスポットを当てて解説していきます。

白い底砂を使う上でのメリットとデメリットを把握し、適切に使うことで美しい水槽を展開することができます。

白い底砂について、興味をお持ちの方はぜひお読みください。

白い底砂を使うメリット

まずは白い底砂を使うメリットから紹介します。

  • 水槽が明るくなる
  • アマゾン風のレイアウトと好相性

の2点をあげることができます。具体的には下の項で解説いたしますね!

水槽が明るくなる!

明るい雰囲気の水槽にしたいと思っていらっしゃる方には、やはり底砂は白が一番です。

白の底砂は上から照射されたライトの光を照り返す力が強いからです。

また、バックスクリーンを黒にしている場合は特に、底砂が白いとコントラストが引き立ち、とても水槽内を明るい雰囲気に演出できます。

白い底砂は粒子の細かい製品が多いので、エイやコリドラスなどの底物とも相性が良いものが多いですよ。

アマゾン風のレイアウトと好相性

アマゾンのネグロ川には多くの熱帯魚が生息しており、その独特の雰囲気を好む方もたくさんいらっしゃいます。

ネグロ川の雰囲気を演出するのに欠かせない水槽用アクセサリーといえば、流木や岩ですね。

こういったアクセサリーは一般に色が暗いものが多いですから、底砂を白くしたほうが色が引き立って美しく見えます。

実際のアマゾン川は水が茶色に濁っている流域も多く、ブラックウォーターでその雰囲気を醸し出す方もいますが、そういった場合にも底砂が白い方が映えますね。

白い底砂を使うデメリット

残念ながら、白い底砂を使うことで生じるデメリットもあります。

そのデメリットを把握した上で、水槽に導入するかどうか検討しましょう。

白い底砂を使う時のデメリットは

  • 汚れが目立つ
  • 使用前によく洗わなければならない

の2点をあげることができます。

汚れが目立つ!

美しく白い底砂ですが、コケが生えてきた場合はどうしても目立ってしまいます。特に水槽の壁面と底砂の境目にコケは生えがちなのですが、すぐに目につくため、早期の掃除が必要となります。

コケが生えないとしても、「なんとなく色がくすんできた気がする」というような小さな変化には気が付きやすい色と言えるでしょう。

また、魚の排泄物も底砂が白い場合は目立ちやすくなります。

こういったことから、底砂を白くするならば他の色の底砂の時に比べて、こまめな掃除を行わないと美しさを保つことが難しくなってしまいます。

底砂を美しく保つコツについては、下のリンクをご覧ください。

使用前に良く洗わなければならない

白い砂は粒が細かい傾向にあります。よって、使用前によく洗わないと白い粒子が水の中に漂い、水が白濁した状態が長く続くことになってしまうのです。

一度水槽を稼働させてから底砂を洗いなおすのは非常な手間ですから、白い砂を使う場合は、水を何度も換えて良く洗ってから使うことが大切です。洗う際は手に傷がつかないように、十分気を付けて行いましょう。

また、砂を洗浄中に出てくる「白い濁った水」には細かな砂が含まれています。そのままシンクに流すと排水管を詰まらせる恐れがありますので、注意してください。

おすすめの白い底砂3選

ニッソー プレミアムサンド ブリリアントホワイト

ニッソー プレミアムサンド ブリリアントホワイト 5kg

ブリリアントの名の通り、キラキラと輝く美しい白い底砂です。比重が重いので、舞い上がりが少なく水を汚しづらい砂です。

水質に影響を及ぼさないため、安心して使うことができます。淡水、海水どちらにも使用可能です。

GEX 水洗い不要 天然砂 スノーホワイト

ジェックス GEX 水洗い不要 天然砂スノーホワイト

こちらは淡水専用となっています。

上で説明した通り、白い底砂は前もってよく洗うことが必要なのですが、こちらの商品はその洗浄を既に終えてくれているので、手間を省くことができるすぐれものです。

それだけではなく、汚れを分解してくれるバクテリアが添加されていますので、安定した水質を保ちやすい底砂です。エアレーションを行うとバクテリアが活性化し、効果が高まります。

ただし、1年で交換が必要になりますのでその点はご注意ください。

アマゾン川源流の白砂

アマゾン川源流の白砂 5kg(約3L) 微粒 底砂 底床 コリドラス エイ

とても粒子の細かい、パウダー状の底砂です。天然の粒子なので角張っていないので、魚が口に吸いこんでも安心な製品です。

粒子は細かいのですが比重が重めなので、舞い上がってもスッと底に落ち着いてくれるところが魅力の1つです。

ただし使用前には良く洗浄し、できるだけ濁りを取り除いてから水槽に入れましょう。

コリドラスなどの底物とは相性が抜群ですので、底物を飼っているかたにはイチオシの底砂です。

まとめ:水槽に白い砂を使おう!汚れが目立つ?メリット・デメリットとおすすめ商品

白い底砂を使うことで生じるメリットとデメリット、おすすめの白い底砂について解説しました。

水槽は美しさを演出するものではありますが、手間がかかりすぎると長続きさせることは困難となります。お持ちの水槽のサイズ、飼育している魚、理想とする水槽の雰囲気などを考慮に入れ、上手に白い底砂をお楽しみください!