夏場に必須 プロが教える水槽のための最適なクーラー選び

水槽にクーラーは必要なのか

年々熱くなっている夏場の気温

真夏になるとほぼ毎日のように気温が30℃を超えてきます。

みなさんも汗をかきながら通勤されていることでしょう。

家にいるときはエアコンをつけていると思いますが、外出しているときは節電の為にもエアコンを切っていませんか。

すると締め切った部屋の中はみるみる気温が上がっていき、帰ってくるとサウナ状態…

外の気温よりも室温のほうが暑くなっています。

水槽の水温は外気温。つまり、室温の影響を受けるため室温が高いと水温も上昇します。

水槽の大きさにもよりますが室温+3~5℃くらいが、水槽の水温です。

一般的な淡水魚の適切な水温は24~27℃、海水魚は23~25℃です。

夏場の30℃近い気温には耐えられないのです。

そこで、水槽の水を冷やしてくれる水槽専用のクーラーや冷却器が必要なのです。

魚も夏バテをします!詳しくはこちらをご覧ください!

魚や水草、サンゴの最適な水温

生き物を飼育する上で水槽という作られた環境で飼育するからには、飼育する生き物がもともと生活していた環境を再現してあげなくてはなりません。

それは生物が環境にあった進化を遂げてきた為です。

動物園や水族館などでも同じことが言えるかと思います。

極寒の地域に暮らしているホッキョクグマやペンギンの展示してあるブースは、人口の雪が降っており窓からも伝わるくらい気温を下げた環境で飼育しています。

これは魚や水草、サンゴにも同じことが言えます。

一般的な観賞用の魚に適切な水温の目安として、

  • 淡水魚     24~27℃
  • 水草(淡水)  24~26℃
  • 海水魚     23~26℃
  • サンゴ(海水) 23~25℃

ただし、これらの水温は飼育する個体によって異なります。

淡水魚の中でもドクターフィッシュで知られているガラ・ルファはトルコの温泉にも生息しており37℃程度でも生息できると言われています。(試したことはありませんが…)

日本の清流に生息しているアユは15~18℃が適温とされています。

同じ淡水域に生息する水草は魚に比べ水温の上昇に弱く、夏場になると水槽内の水温が上昇し有茎草の水草は葉っぱが溶けてしまいます。

ミクロソリウムなど陰茎草は葉っぱが焦げたように黒ずみ枯れてしまう前に子孫を残そうと子株を出します。

海水魚は淡水魚に比べさらに水温の上昇に弱いです。最近では地球温暖の影響により沖縄のサンゴは死んでしまい白くなる白化現象が起きており、ニュースにもなっています。

もともと、沖縄など南の地域でしか見ることができなかった魚も水温の上昇により北上し沖縄より北の地域でも見ることができることもあるそうです。

その他に、お寿司屋さんで見かけるアジやタイなどが泳いでいるいけす水槽は15℃程度で管理されています。

適切な水温を1℃でも超えたら死んでしまうとう訳ではありませんが、体力の低下によって状態を崩しやすくなります。

このように魚にとって水温は生命にかかわる重要なことです。

さらに、私たち人間よりも温度管理をしてあげなくてはならないのです。

機器選び

水槽用のクーラーは様々なメーカーが商品を展開しており、価格や性能も様々です。

数あるメーカーの製品がありますが、その中でもゼンスイとレイシーのクーラーはおすすめです。

ゼンスイ

大型水槽用のクーラーから自宅で使う小型水槽用のクーラーまで商品ラインナップが豊富です。

価格もリーズナブルでアフターフォローの対応もいい為、おすすめのメーカーです

ZCシリーズ

ゼンスイ株式会社は魚類用クーラーのメーカーとしてお客様のニーズにお応えし満足して頂けるよう進化し続けます。

商品サイズもコンパクトで、静音設計です。

取り扱い方法も簡単でホコリを防止するフィルターも本体正面についている為、清掃などの手入れも簡単です。

価格、性能ともにバランスのとれた商品です。

ZRシリーズ 

ゼンスイ株式会社は魚類用クーラーのメーカーとしてお客様のニーズにお応えし満足して頂けるよう進化し続けます。

ZCシリーズに比べると価格がリーズナブルな設定の商品です。

ZCシリーズよりもコンパクトはZR minという商品もあります。

クーラーラインナップ

ゼンスイ株式会社は魚類用クーラーのメーカーとしてお客様のニーズにお応えし満足して頂けるよう進化し続けます。

その他にも大型水槽や活魚水槽で使用する屋外用クーラーもあります。

クーラー選定・計算式 

ゼンスイ株式会社は魚類用クーラーのメーカーとしてお客様のニーズにお応えし満足して頂けるよう進化し続けます。

クーラーは機種によって冷やすことのできる水量が決まっています。(冷却能力)

上記で紹介したクーラーはチラー式という方法で水槽の水を冷却します。

チラー式クーラー本体の中に配管がめぐっており、その中を水槽の水が循環しています。

クーラーは外気を吸い込み水が循環している配管に風を当てること(空冷)でクーラーの中を循環してきた水を冷やします。

その為、室温や設置場所がどれだけ吸排気が確保されているかによって性能が変わります。

さらに水槽の付属機器(ライト、循環ポンプ、プロテインスキマー、殺菌灯など)が稼働した際に機器自体が熱を発します。

その熱によっても水温は上昇する為、クーラー選定の際には考慮しなくてはなりません。

ゼンスイでは水槽サイズや付属機器の損失熱量(ワット数)を入力すると、それらを考慮した水量を計算してくれる計算式があります。

これを参考に適切なクーラーを選ぶといいでしょう。

レイシー

製品のクオリティが高く、コンパクトなデザインですが冷却能力が高いです。

製品の質もよく製品も長持ちします。

クーラーのほかにもポンプなどの商品も展開していますが、どの商品もおすすめです。

製品案内|レイシー 

まとめ

  • 夏場の飼育にはクーラーが必須
  • 飼育する生体によって適正な水温が異なる
  • 水槽サイズ、付属機器によってクーラーの冷却能力が変わるため適切な機器の選定が必要
  • 室温が高かったりクーラーの排熱がこもるなどの、クーラーの設置環境が冷却能力に影響する

生き物が好きで動物関係の専門学校へ入学。
アクアリウムの飼育サークルへ入部し、アクアリウムの魅力に取りつかれる。
以降、自分の好きなものを仕事にしたいという想いからアクアリウム業界に勤めています。

自宅でも淡水魚や海水魚、サンゴなど様々な魚を飼育管理しています。実家では大型犬を4頭、出店で持って帰ったミドリガメを15年以上、家族の一員として迎え入れています。

シェアする

フォローする