トロピカ-初心者向けアクアリウム、熱帯魚水槽、金魚、メンテナンスの情報メディア

フォローする

美しいアクアリウムレイアウトで水草を浮かせない植え方!

ショップで気に入った水草を購入したものの、家の水槽に植えようとしても、なかなか上手に植えることができないという経験はありませんか?

ちゃんと植えられたと思っていても、しばらく時間が経つと浮いてきてしまって、せっかくのレイアウトが台無し…という経験のある人もいるかもしれません。

そのようなことを防ぐためにも、私たちがやっている水草の植え方や下処理について、ご紹介していきます。

水草についての関連記事はこちら↓↓

水草を植えて育てるのは初心者には難しい?

ショップなどに展示してあるアクアリウムを見ると、水草のレイアウトがとても美しく、こんな風にしてみたい、と思ったこともあるのではないでしょうか。そのようなショップの展示や、ネット、書籍などを参考にして、水草を植えている人は少なくないはずです。

しかし、せっかく自分できれいに植えることができたと思っていても、数時間から次の日になると、時間の経過とともに水草が浮いてしまって、レイアウトが台無しになってしまったり、枯れてしまったりすることもあります。

そのような経験をすると、水草は初心者が自分で扱うのは難しいのではないか、と思う人もいるかもしれません。しかし、初心者でも正しく扱えば、丈夫に育てることができます。

水草は生きているので、正解はありませんが、基本的な知識を身につけておけば、失敗することも少なくなってきます。今回は、みなさんに基本的な知識を身につけていただけるよう、水草の扱い方のポイントをご紹介していきます。

水草の3つのタイプ

水草は、成長の仕方によって様々なタイプに分けられますが、その中の主なタイプを3つご紹介します。

有茎草

有茎草

上に伸びる茎の節から、小さい葉を展開していくタイプの水草です。

【主な種類】

  • ハイグロフィラ
  • ウィステリア
  • アルテルナンテラ・レインキー

ロゼット型水草

ロゼット型水草

日本の陸地に自生しているタンポポのような葉っぱを、真ん中から放射状に展開していくタイプの水草です。

【主な種類】

  • エキノドルス
  • クリプトコリネ
  • ニムファ

活着(着生)する水草

活着(着生)する水草

流木や石に根を伸ばし、絡まって体を固定していきながら成長していくタイプの水草です。

【主な種類】

  • アヌビアス・ナナ
  • ミクロソリウム
  • ウィローモス(コケ)

水草の下準備と植え付けに必要な3つの道具

水草を、本来の成長の仕方に合うように植えていくためには、下準備が必要です。正しい下準備をして、スムーズに植え付けるために必要な道具が3つあります。

【必要な道具】

  • ピンセット
  • ハサミ
  • ビニタイ

それぞれ水草用のものがショップなどで販売されています。

ピンセット、ハサミ、ビニタイ

有茎草の下準備2つと植え方

【下準備の手順】

1.茎の下側の色が薄くなっている部分を切り取る

色が薄くなっている部分を残したまま植えると、その部分は溶けてしまうので水草が浮いてしまったり、最悪の場合は、そこから枯れていってしまったりすることがあります。

2.植える時に、砂に埋まってしまう部位の葉を取り除いていく

植えるときに砂の中に入った葉は、枯れてしまうので、取り除いておいたほうがよいです。

有茎草の植え方

草が水槽の底面に対して直角になるよう、まっすぐ植えます。ピンセットを斜めにして掴みながら植えると、スムーズに植え付けることができます。

ロゼット型の下準備2つと植え方

【下準備の手順】

1.ロゼット型の水草は、購入時のポットの中にウールが入っているので、水で洗いながらきれいに取り除き、根は数センチ残してカットする

ウールは細かい繊維なので、残してしまうと、根の成長を邪魔したり水槽の中で舞い上がってしまったりします。

2.色が変化していたり、枯れていたりする葉があったらなるべく根元から取り除く

このような葉は、残しておくと枯れてしまうので、必ず取り除きましょう。

枯れていたりする葉は根元から取り除く

ロゼット型の植え方

根っこを画像のようにピンセットで掴んで、矢印の動きで植えていきます。

活着(着生)する水草の処理2つと植え方

【下準備の手順】

1.アヌビアスやミクロソリウムのほとんどは、ポットとウールがあるので取り除く

理由はロゼット型の水草と同じように、根の成長を邪魔したり、ウールの細かい繊維が水槽内で舞い上がったりするからです。

2.根茎(横に這っている太い茎のこと)から出ている細い根を切り取る

水草の成長に従い、また根が生えます。

活着(着生)する水草の植え方

流木や石に、ビニタイを使って巻きつけていきます。この方法は他のミクロソリウムなどの水草にも応用できます。

ビニタイを使って巻きつけ

水草の下準備のための主なポイント3つ

今回は3つのタイプの水草の下準備や植え方について、紹介しました。以下の3つが大切なポイントです。

  1. 販売時に水草に付いているポット、ウールは外す
  2. 使いやすいハサミとピンセットを用意する
  3. 下準備の際には水草を乾かさないようにする

水草はきちんと下準備をすることによって、枯れてしまうのを抑え、丈夫に育てることができます。紹介してきた下準備の方法や植え方を参考にして、それぞれの水草の成長を楽しんで頂けたら幸いです。

水草を浮かせない植え方

※コメントは承認後に表示されます