トロピカ-初心者向けアクアリウム、熱帯魚水槽、金魚、メンテナンスの情報メディア

フォローする

金魚 の 病気・寄生虫 と 対処法

水温が高い季節は、生物が活性化する時期。金魚たちが元気になるのは微笑ましいですが、菌や寄生虫の繁殖にも気を付けなくてはなりません!

症状と対策を考えていきます。

病気を防ぐには、水換え!

原因菌を繁殖させなければ症状が出ることはありません。

飼育環境を清潔に保つこと…つまり、水換えやお掃除が行き届いていれば、感染を防ぐことができると言えます。また、水換えをすることで金魚の代謝を促進できますので、症状が出てしまっても治癒する場合があります。

中には抗酸菌症のような凶悪なものもありますが、大抵の病気には水換えが有効です。

エロモナス菌

水槽内の常在菌と言われています。種類はエロモナス・ハイドロフィラ(水棲細菌)とエロモナス・サルモニシダ(鮭殺しの意)などが有名で、金魚をはじめとする観賞魚にもよく感染します。

餌の食べ残しなどの汚れを栄養源とすることと、酸素の届かない場所で繁殖しやすいことが相まって、底砂で繁殖しやすいです。底砂の掃除は、十分に注意が必要です。

増殖・感染を抑えるには、まずは徹底的に掃除しましょう!

治療薬は、観パラD・グリーンFゴールド(顆粒・リキッド)、エルバージュエースが挙げられます。

どれもが結構強力な薬なので、用法や分量には注意してください!ショック死してしまうこともあります。薬浴は薄めの濃度で始めると安心です。

エロモナス菌による病気

いずれも、体内から異常を起こすタイプの病気です。
腸内や筋肉組織を侵食します。

・松かさ病

菌が腸内などに感染し、体の調節がうまくできなくなり、体が膨らみ、それに応じて鱗が浮いてしまう病気です。

・ポップアイ

松かさ病と併発して起こる異常で、眼球が突き出してしまいます。進行すると目玉が取れてしまう恐れも…。

・赤斑病

体の一部が赤く、傷ついたように見える症状です。内出血にも見えます。

・鰭赤病

ヒレが充血する病気です。進行すると、ヒレが壊死してしまいます。

・穴あき病

充血から始まり、鱗がはがれ筋肉が露出する病気です。複数個所同時に症状が出ることもあり、衰弱死してしまいます。

・新穴あき病

耐薬性を持ったエロモナス菌による穴あき病です。治療は困難です。
現在のところ、金魚ではなく、鯉類のみに感染が認められています。

エロモナス症状の治療方法

治療には、飼育水に薬を投入して体表からアプローチはもちろん、松かさ病などの症状によっては、体内に薬の成分を届ける必要があります。

よく用いられるのが、餌に薬をしみこませた『薬餌』という方法です。

薬効成分のあるエサを食べさせることで、腸内から菌を退治します。

薬餌の作り方・やり方

【用意するもの】

餌:いつもあげている人工飼料やアカムシなど

薬:液状の薬(観パラD・グリーンFゴールドリキッド)

1.餌に薬をしみこませる。
濃度は10分の1~原液で、症状や体の大きさによって決めます。
強すぎると副作用もありえるので、最初は薄めからはじめても良いです。
念のためカルキを抜いた水で希釈します。あまり水分量が多いと餌がびちゃびちゃになり、乾燥まで時間がかかるので注意です。
薬液をかけたら、楊枝やスプーンなどで、まんべんなく染み渡るように混ぜます。

2.キッチンペーパーの上などに置いて、乾燥させます。
ちゃんと乾燥させないと、カビの原因になります。

3.乾燥したら密閉容器に入れて、保存します。

4.一日3粒を目途に、与えます。(重要)

市販でも、『パラキソリン』という薬餌が売られていますが、販売には免許が必要なため、入手しにくいです。

薬餌は強力な作用があると同時に、金魚への負担にもなります。
あげすぎるとかえって調子を崩すこともあります。

焦らず長期間にかけて、与えましょう。

体表付近の病気には薬浴

体表に近いところの病気(穴あき病、鰭赤病、赤斑病)は、飼育水に薬を入れて治療します。松かさ病などを併発している場合は、薬餌も並行してあげると良いのですが、薬の濃度が上がりすぎる危険があります。

どちらかの濃度を薄くして、調節してあげてください。

松かさ病には水換えも有効!

難治性といわれている『松かさ病』には、薬餌と同時に水換えも効果を発揮します。

松かさ状態は、体液の調整ができなくなり、体が膨らんでしまう病気です。

菌を排出しつつ、体液も減らしていかなければいけません。
そのためには金魚の自然治癒力が必要です。
水換えをすることで代謝を促し治癒力を上げるのです。

実際、ひどい松かさ病になった金魚も、1日おきの水換えを2週間つづけたら、松かさが治ったことがあります。
それでも治癒率は70%程度と言われています。
とにかく時間がかかる病気ですので、あきらめずに頑張りましょう!

カラムナリス菌

エロモナス菌と違い、主に体表や末梢部を破壊する菌です。※写真はイメージです。

水質の悪化で増殖・発症するので、これがでてしまったら、水換えもしくはフィルター濾過機能が足りていないという証でもあります。

また、金魚にストレスがかかると感染しやすくなります。

治療薬としては、メチレンブルー系(グリーンFリキッドなど)、観パラD、グリーンFゴールドリキッドが挙げられます。

カラムナリス菌による病気

・尾腐れ病

尾が濁り、ボロボロに溶けていく病気です。

溶ける前に、白点のようなコロニーが生じる場合があり、白点病と勘違いされることもあります。

・口腐れ病

口の組織が破壊され、ぶくぶくと膨れたようになります。
餌が食べられなくなり、衰弱死します。

・鰓腐り病(エラ病)

最初期はやたらと水面をパクパクします。次第にエラの開閉が早くなり、エラが貧血になり白くなったりし、やがてエラ蓋が捲れ、呼吸困難で死んでしまいます。

最初期は塩水浴で治療可能!

カラムナリス感染症は最初期ならば0.5%の塩水浴で治すことができます。

尾ぐされなどは、水換えのみで治るケースもあり、薬を使用しなくても平気なことが多いです。
ただしそれは最初期の話。症状が目に見えて進んでしまった場合は、薬を使用しましょう!
最初期で発見できるよう、日々の観察が大切です。

真菌

いわゆるカビ菌です。これも金魚に感染します。

この菌の一種が、鮭類の内臓に感染・病巣を作ることもありますが、今のところそのタイプの感染は、金魚では確認されていません。

真菌による病気

・水カビ病

体がカビによって、綿で覆われたようになる病気です。
進むと呼吸困難になり、死に至ります。

治療薬はメチレンブルー系の薬と、水温を上げることで治せます。

真菌は水温管理と水換えで撃退!

水温25度以上で水カビ病の菌は活動が鈍ります。治療の目安にすると良いです。

しかしながら真菌は常在菌でもありますから、完全に撃退することはできません。
ですのでやはり重要なのは、こまめな『水換え・掃除』であるといえます。

寄生虫を高水温で撃退する方法

25度前後の水温は、菌だけでなく寄生虫たちにも好条件です!

白点虫以外のイカリムシ・ツリガネムシ・ウオジラミなどの代表的な寄生虫が最も早く繁殖する温度です。

しかも高水温(28度以上)だと、有効な駆除薬である『リフィッシュ』や『トロピカルゴールド』などの毒性が増してしまい、使用することができません。

夏場の寄生虫駆除に頭を悩ませる方も多いのではないでしょうか。

寄生虫の脱皮を阻止する薬?!

市販されている農薬の中で、寄生虫の脱皮を阻害して殺すというユニークなものがあります。
その名を『デミリン水和剤』と言います。(※写真はイメージです)
高水温(28度以上)でも魚毒性は低く、結構長く効き目も持続します。

脱皮を繰り返す、しつこいイカリムシ退治にはもってこいです。

しかし、希釈が大変であり(1㎎に1tの水が必要)、あくまで『農薬』ですから、魚毒性が低いからと言って、完全に無害ではありません。
本来は、蚊の駆除に使用されるため正しい使用方法ではありません。
使用は自己責任ということになります。

夏場の寄生虫は塩浴で様子を見る

イカリムシなどの大きな寄生虫は、毛抜きで引っこ抜いて対処します。

その後、傷口を消毒しつつ、再度寄生されないかを塩水浴で様子を見るのが良いかと思います。イカリムシは頭が残っているとそこから再生するので、しっかり体が切れないように抜きましょう!

夏場は塩水が非常に傷みやすいです。塩水浴をする場合は、ほぼ毎日、2/3以上の水換えをしてやる必要があります。

暑い季節はとくに水換え・掃除を頑張りましょう!

病気は種類が多く、判断が難しい場合がありますが、焦らずじっくり様子を見てやればおのずと病名がわかります。
普段から観察をしっかりして、病気にならないように管理してあげましょう!

【関連記事】

※コメントは承認後に表示されます