トロピカ-初心者向けアクアリウム、熱帯魚水槽、金魚、メンテナンスの情報メディア

フォローする

夏の大型台風対策とは!? 屋外飼育のメダカやエビを守る方法を徹底解説!

夏の大型台風対策とは!? 屋外飼育のメダカやエビを守る方法を徹底解説!

夏の大型台風が猛威をふるう時期となってきましたが、屋外水槽の台風対策はお済みでしょうか?

屋外水槽にも、睡蓮鉢発泡スチロール容器などのビオトープ、またはプラ池通常のガラス水槽などのさまざまな種類の容器がありますが、それぞれの屋外水槽の種類によって、台風対策を講じる必要があります。

大きな台風が来ることが予想できる場合は、雨水による水槽からの大量の漏水に注意し、容器の破損を防ぐための保護や、蓋の設置をする必要があります。

台風の度合いに応じて、室内に水槽を移動するのもおススメな対策方法です。

夏の大型台風対策とは!? 屋外飼育のメダカやエビを守る方法を徹底解説!

夏の大型台風対策とは!? 屋外飼育のメダカやエビを守る方法を徹底解説!

大型台風が発生! 屋外水槽に行うべき対策とは?

そもそも、台風とは、夏や秋などの気温が高い時期に発生しやすく、地上の熱された空気が上昇することによって上空の冷たい空気とぶつかり、気圧の変動によって発生します。

とくに気温が高くなりすぎる異常気象のような真夏の気候時期に大型台風は発生しやすいものです。

水槽を屋外に置いて、メダカエビなどを飼育するアクアリウム愛好家の方には頭の痛い時期になってきましたね。

屋外水槽大型台風の被害にあわないように、屋内に水槽を移動したり、水槽から水があふれださないような対策を講じましょう。また、風で飛んできた飛来物で水槽が壊れないような工夫も必要です。

アクアリウム水槽の夏の大型台風対策! 屋外飼育のメダカやエビを守る方法を徹底解説!

アクアリウム水槽の夏の大型台風対策! 屋外飼育のメダカやエビを守る方法を徹底解説!

☆屋外でもメダカエビを飼育できる睡蓮鉢は、屋外アクアリウム商品の中でも人気があります。大型台風が到来する場合は、飼育しているメダカやエビ以外にも、背が伸びてきた水上葉の保護をする必要があります。

1.水槽を屋内に移動させる

島製作所 ホームカーST

大型台風が来る前にできる一番の対策は、外にある水槽を、屋内に移動させることです。

飛来物による水槽の破損を防いだり、大量の雨水による、水槽からの漏水を防ぐことができます。

とはいえ、水槽自体が相当の重量を持つものですから、大型台風の対策として、水槽を屋内に移動する場合は、水槽ごといっぺんに移動するのではなく、先にバケツに飼育しているメダカやエビを保護して屋内に移動させ、水槽とは別々に移動する手段がおススメです。

2.水槽に蓋をする

アイリスオーヤマ ブルーシート #3000 B30-2736

大型台風到来時に、室内の水槽の設置スペース確保に問題があったり、一人で屋外水槽を部屋に持ち込むのが難しい場合は、雨水による水槽からの水漏れを防ぐために、ビニールシートなどで水槽に蓋をすることをおススメします。

この場合、ガラス製の蓋だと、台風の影響で破損する場合もあり危険なので、防水性のシートをかけ、おもりやひもで固定しておくのがベストな対策方法です。緊急時には、遠足用のレジャーシートでも、水槽蓋の代用とすることが可能です。

また、台風で外れやすい網戸そのものを、屋外水槽の蓋代わりに設置するのもおススメな台風対策です。この場合、おもりが必要になりますが、雨水で水槽の水があふれても、網戸を通して水が流れるので、中のメダカエビが万が一外に出てしまうこともなく、安全です。

3.水槽におもりをつける

ミツギロン 看板 重り 注水式重石 バリストン 510×165×175 オレンジ

大型台風の威力によって、ある程度の重量をもつ屋外水槽が倒れるということはめったにありませんが、飛来物がぶつかったり、変わった形の水槽であった場合などには、水槽の破損転倒が予測されます。

水槽の転倒防止には、四方をおもりで囲むなどして、対策を講じるのが有効です。

また、水槽蓋緩衝材などの固定には、おもり入りのロープがおススメです。

4.水槽が割れないように緩衝材で保護する

【 日本製 】 酒井化学 #400SS 300mm×42m 緩衝材 ロール ミナパック < 個包装 >【 高品質ポリエチレン製 エアキャップ 】

屋外水槽の場合で、台風による飛来物等のダメージによる水槽の強度に不安がある場合は、梱包用の緩衝材を巻き付けておきましょう。

緩衝材の他にも、古い毛布なども、大型台風の際の、水槽の保護に使用できます。

5.背の高い水上葉は屋内に移動する

(ビオトープ/睡蓮)姫睡蓮(ヒメスイレン)(白) 益子焼 姫睡蓮鉢(ヒメスイレン鉢)セット(角-古信楽) 説明書付 沖縄不可

大型台風の際は、水槽で育てている水上葉を、室内に移動させるのがおススメです。

水槽で睡蓮などを育ててきたのに、風雨で折れてしまっては、もったいないですよね。

先に雨水による水槽からの漏水について説明しましたが、よほどの水漏れでない限りは、メダカやエビは水槽の底でじっとしていることが多く、それよりも被害が多いのが、水槽で育てている植物です。

とくに背が高くなった屋外水槽の植物については、いったん室内に移動させ、台風一過後に、また元の場所に戻してあげるようにします。

まとめ・アクアリウム水槽の夏の大型台風対策! 屋外飼育のメダカやエビを守る方法を徹底解説!

まとめ・アクアリウム水槽の夏の大型台風対策! 屋外飼育のメダカやエビを守る方法を徹底解説!

屋外水槽は、マンションアパートベランダといった共有スペースや、軒下玄関先といった場所への設置が好まれています。自然の中でメダカやエビを育てる解放感はいいものですよね!

夏時期から秋口にかけて多いとされている大型台風の発生に備えて、屋外水槽への台風対策を万全にしておきましょう!