トロピカ-初心者向けアクアリウム、熱帯魚水槽、金魚、メンテナンスの情報メディア

フォローする

ボトルアクアリウムのLED特集!小さなボトルにおすすめ照明と選定のコツ

スペースを使わずに、お部屋のインテリアとして気軽に取り入れることのできるボトルアクアリウム
小さいので管理も簡単かと思われがちですが、小さいがゆえに水槽のような大掛かりな機器は使えないため、逆に維持するのが難しい側面もあります。

照明もボトルアクアリウムには取り付けられない、と思っている方もいるかもしれません。
しかし、最近ではボトルアクアリウムにも取り付けられる小型の専用LEDライトの開発が進んでおり、インターネットでも購入できるようになりました。

今回は、小さなボトルアクアリウムにおすすめの照明と選定するときのコツをご紹介していきます。

ボトルアクアリウムで照明を使おう!選定のコツは?

ボトルアクアリウムには照明の取り付けられないと思われがちですが、最近はボトルアクアリウムにも取り付けられるアクアリウム用の照明器具も増えてきています。

ボトルアクアリウムに照明は必要?

ずばり、結論からいうとボトルアクアリウムにも照明は必要です。
ぜひ取り付けることをおすすめします。

照明などが無くても簡単に管理ができると思われがちのボトルアクアリウムですが、容器が小さく水量が少ないため、綺麗に保つには案外コツがいります

照明をつけていないボトルアクアリウムでは、ボトルの中に水草を入れている場合、水草の光合成を促すために窓際に設置して光を取り入れていることが多いと思います。

しかし、ボトルアクアリウムを窓際に置いてしまうと、昼夜の寒暖差などですぐに水温が変わってしまうため、あまり窓際への設置はおすすめできません
また、日光の強い光に当てていると水が蒸発して減りも早くなりますし、コケも生えやすくなってしまいます。

とはいえ、光に当てなければ水草が枯れてしまい、ボトルの中の環境を適正に保つことができなくなってしまいます。

そこで活用していただきたいのが照明です。
ボトルアクアリウム用の小さなLED照明ならば、自分で時間を調整してボトルを光に当てることができますし、水温も大きな変化は起こりません。

ボトルアクアリウムは直射日光の当たらないところで、ボトルのサイズに合った照明を使って管理することをおすすめします。

ボトルアクアリウム用のLEDライトとは?

ボトルアクアリウム用のLEDライトは、ボトルという小さな空間の中でも水草を枯らさずに元気に育てられるように開発された専用の照明です。

ボトルアクアリウムのような小さな空間の中の環境を適正に維持するには、水草などの植物の力が必須といっても過言ではありません。
そんな水草の成長を促し、活発に光合成をしてもらうためには、専用のLEDライトを使用するのが一番です。

ちなみに、ボトルのほとんどは丸い形をしているため、ライトも丸型のものが多いです。

選定のコツは?

ボトルアクアリウムに必要な光の量は、ボトルのサイズや育てている水草によって異なります

光が少なすぎれば水草が枯れてしまいますし、多すぎるとコケや藻が増殖してしまい綺麗なアクアリウムにはなりません。

照明を選ぶときには、必ずボトルのサイズや、水草・植物に適したものを選びましょう。

また、飼っている生体によっては強い光をストレスに感じ、体調を崩してしまうものもいます。
設置するときには、照明をボトルに近づけすぎないようボトルからの距離をしっかり守って設置するとよいでしょう。

ボトルアクアリウムにおすすめの照明3選

ボトルアクアリウム用の小さな照明も種類が増えてきました。
ここでは、ボトルアクアリウムにおすすめの照明を3つご紹介していきます。

ジェックス クリアLED リーフグロー

ジェックス クリアLED リーフグロー

ジェックス クリアLED リーフグロー

幅30cm以下の水槽やボトルで使用できる小型のLEDライトです。

植物を綺麗に見せ、なおかつ成長を促すのに最適な自然な白色の明るさ・色温度を兼ね備えた、LEDライトです。

植物の成長を促す、という謳い文句の通り、このライトを使用すると明らかに植物が枯れにくくなり成長していることを実感できます

照明のアームの向きも自由自在に変えられるので光の位置や角度、高さを調整することができますし、スタンドを使って自立させることもできるので縁があって照明が付けられない水槽でも使用することができます。

アルミボディなのでボトルに取り付けても悪目立ちせずオシャレに見えるのも嬉しいですね。

GENTOS そだつライト

ジェントス (GENTOS) ジェントス そだつライト (シルバー)

ジェントス (GENTOS) ジェントス そだつライト (シルバー)

GENTOS そだつライトは小型の水槽やボトルで使用できる、植物の育成に最適な波長の光を放つ植物を育てることに特化したLEDライトです。

植物用のライトは水草と一緒に飼育している生体には光が強すぎてしまうのではないかと心配になるかもしれません。
しかし、このライトは光の強さを3段階に調整できる上に付属の散光レンズを取り付ければ、光をやわらげることもできるので、生き物を飼育しているボトルにも安心して使用できます

また、照明用のタイマーを取り付けることも可能なので、タイマーを使用して照射時間を管理することできます。

BARREL 丸型水槽用 アクリル板 植物育成LED

BARREL アクアリウム テラリウム ライト 丸型水槽用 アクリル板 植物育成LED ボトルアクアリウム 苔テラリウム 照明 LED 蓋 (ライトのみ)

BARREL アクアリウム テラリウム ライト 丸型水槽用 アクリル板 植物育成LED ボトルアクアリウム 苔テラリウム 照明 LED 蓋 (ライトのみ)

ボトルアクアリウムに最適な丸型水槽専用のLEDライトです。

別売りのアクリル蓋を使用することで、ボトルに直接ライトを取り付けることができるので、ボトルアクアリウムの見た目を損なわずすっきりと仕上げることができます。

ボトルとライトの距離を開けたいときには、スタンドなどに吊るして使うこともできるので、汎用性も高いです。

まとめ:ボトルアクアリウムのLED特集!小さなボトルにおすすめ照明と選定のコツ

小さなボトルアクアリウムでは、水草がすぐに枯れてしまうといったトラブルに見舞われることも少なくありません。

長期的にボトルを美しく維持するならば、照明の使用をおすすめします。

必ずサイズや光量を確認して、最適な照明を見つけてみてください!

【関連記事】