トロピカ-初心者向けアクアリウム、熱帯魚水槽、金魚、メンテナンスの情報メディア

フォローする

今年の流行魚ベスト5!2019年に流行った人気の熱帯魚・観賞魚はこれ!

2019年も押し迫ってまいりましたが、今年みなさんはお気に入りの熱帯魚に出会えましたでしょうか。

アクアリスト目線で選んだ2019年に特に流行した熱帯魚・観賞魚のベスト5をご紹介します!

人気を集める魚は、その時代の世相を反映していることも多いですから、興味深いですね。

これぞ!という熱帯魚と出会いたい方に特におすすめです。気になる熱帯魚を探していってくださいね。

2019年に流行った人気の魚ベスト5!

2019年に流行った人気の魚ベスト5は

  1. 鯉ベタ
  2. 改良メダカ
  3. ラスボラ・アクセルロディブルー
  4. トゥッカーノテトラ
  5. ピンポンパール

となります!

どこが魅力的なのか、どんな魚なのかを1つずつ解説していきます。

1位:鯉ベタ

【ベタ】念願の鯉ベタ購入!!

鯉+ベタ?!と驚かれる方も多いと思いますが、その名の通り「錦鯉によく見られる赤+白+黒という体色をもつベタ」なのです。

ベタは大きく分けて3つの形がありますが、その中でも比較的さっぱりした体型である「プラガット(プラカットという人もいますが同じタイプです)」です。

プラガットは尾以外のヒレがあまり大きくならない形を指し、鯉に近い輪郭です。ヒレがごてっとしすぎてベタは苦手だ!という人に特におすすめのタイプです。

日本での価格はかなり高めですが、体の模様が成長により頻繁に変わる奥深さと、小ぶりで可愛らしい姿から人気です。

2位:改良メダカ

めだか処 利久庵/カブキ 黒龍〈ペア販売〉 / 生体 成魚のメダカ (ノーマル)

昨今の観賞魚業界をにぎわしている「改良メダカ」がやはり2019年も人気を集めていました。

様々な色、ラメ、体形など非常にバラエティに富んでいますが、まだまだ作出のブームはとどまるところを知りません。

多くの種類が発表されていますので、きっとお気に入りの種類が見つかるでしょう。

より複雑な形質を組み合わされた「カブキメダカ」などが、新しい種類の一つです。

熱帯魚にくらべて飼育しやすいため、初心者の方でも挑戦しやすいというメリットがありますね。

3位:ラスボラ・アクセルロディブルー

【アクアリウム】ラスボラ・アクセルロッディ・ディープブルー

透明感のあるボディに深いブルーが美しい、小型の熱帯魚です。

体長2.5cmほどなので、小型水槽でも飼育可能なところが人気を集めています。飼いこむほどに鮮やかなブルーを発揮してくれるところが魅力の一つです。

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

ラスボラアクセルロディブルー5匹セット 約1.5cm
価格:1925円(税込、送料別) (2019/12/12時点)

ショッピングサイトを選べます

以前は手に入れづらくかなり高額だったのですが、近年流通量が増え入手しやすくなったことから人気が高まりました。

弱酸性の水を好むのでソイルで育成するのに向いています。水草水槽にもってこいの種類ですね。性格は温和なので、他種との混泳にも使えます。

水質の変化に敏感なところがあるので、水換えなどに留意して育成してください。

4位:トゥッカーノテトラ

(熱帯魚)トゥッカーノテトラ(約1.5cm)<1匹>

こちらも流通量が増えて入手しやすくなったことで人気が高まった種類です。

とはいえ、まだまだ高価ではあります。

ごく限られた地域でしか生息しないことから、レアな種類とされていました。

体長は2cmほどの小型種です。ボディにすっと入った黒いライン、のどもとの赤いスポットのコントラストが美しいですね。成長するとさらに美しさが増すことからも人気のある種類です。

温和な性格なので、同じ小型熱帯魚との混泳も可能です。

酸性の水を好みますが、ややデリケートなので水換えなどに注意が必要です。ソイルやブラックウォーターで上手に水を合わせてあげましょう。

5位:ピンポンパール

(金魚)ピンポンパール(3匹) 本州・四国限定[生体]

アクアマリンふくしまで、今年の人気ナンバーワンに選ばれた金魚です。

丸いからだがとても愛らしく、人気のある金魚です。筆者は個人的に、目がクリッとつぶらなところがとても可愛らしいと気になっている種類です。

ピンポンパールに限らず、金魚はそこそこ大きくなる魚ですから、成長後のことを考慮に入れて飼育を始めましょう。ピンポンパールは15㎝ほどに成長します。

2019年・熱帯魚の人気傾向

2019年に人気の出た種類にはどんな共通点があるのでしょうか?

小型で飼育しやすい!

まず、小型で飼育しやすい種類が人気であると言えます。

昨今の住宅事情からしても、大型のものよりは小型の水槽のほうがとっつきやすく、水換えの時も水量が少なく済みますので、小型水槽を好む方が増えています。よって小型水槽で飼育しやすい小型魚に人気が集まるというわけです。

また、インテリアとして水槽を楽しむ方も増えました。

その他に、飼育しやすく丈夫であることも人気のポイントです。

流通が良くなった

これまで「レア」とされ、なかなか手に入らなかった貴重な種類も、流通が良くなったことで比較的安価に手に入れやすくなりました。

憧れの魚を手に入れられるチャンスですので、人気が高まるのは当然ですね。

『映える』魚が多い

アクアリスト業界にもSNSの影響はあり、写真映えする種類が特に人気を集める傾向にあります。

レア、写真映えする、小型の全てを満たした鯉ベタが人気ナンバーワンになるのもうなずけますね。

まとめ:今年の流行魚ベスト5!2019年に流行った人気の熱帯魚・観賞魚はこれ!

ちょうちんパールとは!飼育の基礎から上手に育てるポイント、混泳まで!

2019年に特に人気を集めた魚をランキング形式でご紹介しました。

気になる種類が見つかったでしょうか。

これだという1つを見つけて、ぜひチャレンジしていただけたらと思います!

コメント

  1. たか より:

    コリドラスはないのか?

    • 中島 より:

      コメントありがとうございます。
      5位までのご紹介ですので、紹介できなかった魚がたくさんいます。
      コリドラス、可愛いですよね。来年は鼠年なので髭のあるコリドラスは、人気がさらに上がりそうな気がしています。