トロピカ-初心者向けアクアリウム、熱帯魚水槽、金魚、メンテナンスの情報メディア

フォローする

オーダーメイド水槽台って高いの?価格を抑え、安くするポイントをご紹介

水槽をオーダーメイドのものにするアクアリストは多いですが、水槽台となると高級品やぜいたく品といったイメージがあり、そこまではなかなか手を出さないことも多いです。

しかしオーダーメイドの水槽台を使用する場合、見た目のカスタマイズを自在にできる点があるほか、水槽台としての機能を重視する場合は単価で見た場合にはそこまで高くないことはあまり知られていません。

今回はオーダーメイド水槽台にスポットを当てて、本当に高すぎるのかという疑問についてや、オーダーメイド水槽台を考える場合の節約ポイントをご紹介します。

オーダーメイド水槽台は高すぎるのか?!

水槽台の中でも値段が高い・高級品というイメージが強いオーダーメイド。でもさまざまな方向性から見た場合、そんなに高いということもないんです。まずは水槽台をオーダーメイドのものにする場合のメリットなどについて見ていきます。

水槽台の選び方やメタルラックを使うことの危険性はこちらのページでご紹介しています。

機能重視なら高くはない

ただ水槽を置くだけ、という使い方をする水槽台の場合は市販品のほうがオーダーメイドより安くなることがほとんど。しかしアクアリウム用品を収納したり、オーバーフロー水槽で重要となる管位置などの機能性を水槽台に求める場合は単価面でもオーダーメイドのものがそんなに高くなることはないんです。

また水槽台をオーダーメイドで購入する場合、東京アクアガーデンのオンラインショップなどからの注文だと市販品と違い小売店などを仲介する必要がないため、中間マージンが発生せず、この分からも価格差を埋めることができます。

本棚と水槽台を合体させるオーダーメイド水槽台の例をこちらで紹介しています。

見た目のカスタマイズも自在

アクアリウムをインテリアの一部にしたいと考えるアクアリストなら水槽台の見た目やデザインなどにこだわるのも当然といえますが、市販品だと気に入ったものがなかなか見当たらず、ある程度の妥協を求められることも多いです。

しかしオーダーメイドならデザインや水槽台の形状をはじめ、パネル仕上げや水槽台を好みの色にする、台のサイズを変更するなども自由自在。部屋の形状などで水槽台を平面に置けない場合でもアジャスター加工が可能になるなど、オーダーメイドならではのメリットや魅力も豊富です。

水槽台の節約ポイント

オーダーメイドの水槽台は機能やデザインなどの視点から見た場合そこまで高いものではないことをご紹介してきましたが、それでも何とか価格を抑えたいという人は多いことでしょう。

そこでここからは90×45×45㎝サイズの水槽を使用するオーダーメイド水槽台を想定して、価格をどうやって抑えていくか、注意すべきポイントをご紹介していきます。

コード穴を開けたいけど価格を抑えたい!

扉付きの水槽台を用意して配線を目立たないようにしたり、クーラーを外から見えなくすることも多いですが、この場合はこれらから発生する排熱を水槽台の外へとちゃんと逃がせる換気口があるなどのポイントをクリアーしなければいけません。

でも穴開け加工はオプションになってしまうので、それだけコストがかさみやすくなるデメリットもあるんです。そこでおすすめなのが「背面くり抜き加工」と呼ばれるもの。

名前のとおり背面に板をはらない水槽台のため、換気口をわざわざ作る必要もありませんし熱が水槽台の内部にこもる心配もいらず、価格を抑えることも可能なんです。

落とし込み加工が高い!

水槽台で地震や振動対策を考える場合には落とし込み加工が施されているのがほとんどですが、オーダーメイドの場合落とし込み加工でコストがかかってしまう事も多いです。だからといって落とし込み加工をしないと地震とかがあったときに怖いし、となってしまいますが、この両方をカバーする方法として落とし込みの面を減らすことが挙げられます。

基本的に落とし込み加工は4面で行いますが、これを3面にすることで落とし込み加工費を抑えることが可能。でも面を減らして大丈夫?と心配になりがちですが、水槽台の設置場所で大きく左右され、壁側に寄せて水槽台を設置する場合などは壁がその代わりになってくれることもあり、3面でも十分に落とし込み機能を果たしてくれるんです。

鉄製は重い?価格も抑えたい!

水槽台を鉄製にすることでしっかりと頑丈性のあるものにできますが、その反面どうしても重くなってしまうのは仕方ないこと。今回の想定している水槽に見合った90×45×70サイズの場合でも木製の場合は約20㎏、鉄製の場合は約30㎏と10㎏近い差がついてしまいます。

このような場合は水槽台の高さを抑えることで重量や価格も減らすことが可能ですが、やみくもに高さを減らしてしまうとクーラーや外部フィルターが中に収納できない、配管をうまくつなげられない、といったデメリットも出てくるので、これらのポイントを考慮しながら高さを低くするのがおすすめです。

パネル貼り仕上げを安くするには

オーダーメイドの水槽台はパネル貼り仕上げにすることで高級感を持たせたり、デザイン性を上げられるメリットがあり、カラーバリエーションも豊富です。そんなパネルの中でもブラックのものは見た目を気にしなくていいだけでなく、価格を抑えられることもできます。

一口にブラックといってもツヤ有や石目など種類も多いですが、リーズナブルなモデルもあるので問い合わせをする際に確認するといいですよ。

まとめ:オーダーメイド水槽台って高いの?価格を抑え、安くするポイントをご紹介

オーダーメイドの水槽台は市販品より高いことが多いことや、高級品といったイメージもありなかなか手を出しづらいアイテムのひとつです。しかしオーバーフロー水槽に使うものだったり、平面ではない場所にも対応できるアジャスター対応など機能を重視する場合は市販品と比較してもそんなに高くありませんし、形状やサイズ、パネル仕上げなど好みの水槽台を用意できるメリットもあります。

東京アクアガーデンではオーダーメイドの水槽台も承っておりますので、お考えの際は今回の記事を参考にして費用を抑えつつ、お気に入りの水槽台を手に入れてみてはいかがでしょうか。

東京アクアガーデンのオンラインショップはこちらから