トロピカ-初心者向けアクアリウム、熱帯魚水槽、金魚、メンテナンスの情報メディア

フォローする

海水魚水槽のパイロットフィッシュ5種!なぜ必要なのかも解説します!

新しく立ち上げたばかりの水槽はろ過バクテリアの数が非常に少なく、魚の飼育を始めるのには少し勇気のいる環境です。
デリケートなお魚の場合、立ち上げたばかりの水槽に入れてしまうと水質の変化についていけず弱ってしまうことも少なくありません。

そのようなときに役立つのが、パイロットフィッシュの存在です。
パイロットフィッシュは水質を安定させるのに必要なバクテリアを増やし、水槽内の環境に問題が無いか確かめるといった大切な役目を担います。

そこで今回はパイロットフィッシュとしておすすめの海水魚を全部で5種類ご紹介していきますので、これから海水魚水槽の立ち上げを考えている方は是非参考にしてみてください。

パイロットフィッシュとは

アクアリウムでは、水槽内の環境を整えるために最初に入れるお魚のことをパイロットフィッシュ(またはテストフィッシュ)と呼んでいます。

まずはパイロットフィッシュを選ぶ際の条件や導入する目的、飼育するときの注意点について解説をしますので、しっかりと確認しておきましょう。

水槽を立ち上げるために導入する魚

パイロットフィッシュとは、水槽を立ち上げるために導入する魚のことを指します。

新しく立ち上げたばかりの水槽は生物ろ過をするためのバクテリアが非常に少ないため、アンモニアや亜硝酸塩などの有害物質を無毒化する能力が低く、その環境で生き物を飼うのにはかなりのリスクをともないます。
しかし、ろ過バクテリアは魚の糞や餌の食べ残しなどの汚れ(つまり、アンモニアや亜硝酸塩など)を食べて増える性質があるため、生き物の存在が必要不可欠です。

そこで登場するのがパイロットフィッシュです。

パイロットフィッシュはどんな魚でも良いというわけではなく、

  • 水質の変化に強い
  • 餌をしっかりと食べて排泄する(適度に水を汚す)
  • おとなしい性格であまり大きく育たない

といった条件に当てはまる魚を選びます。

メインとなる生体を安全に飼育するために水質を整えておくのが、パイロットフィッシュの目的です。

目的が終わっても飼育しよう

パイロットフィッシュたちのおかげで水槽が無事に立ち上がったら、いよいよメインで飼育する魚を導入します。

ここでポイントとなるのが、パイロットフィッシュと後から入れる魚の相性です。
先ほどもご説明したようにパイロットフィッシュはおとなしくあまり大きくならない魚を選ぶのが基本なのですが、逆に気性が荒く神経質なお魚をパイロットフィッシュに選んでしまうと、後から導入する魚とケンカする可能性が高くなってしまいます

そうなるとせっかく水槽が立ち上がったのに別の水槽へ隔離して飼育せざるを得なくなってしまうので、役目を終えてからも混泳に苦労しないお魚をパイロットフィッシュとして選びましょう。
性格のおとなしさはかなり重要です。

海水魚水槽にオススメのパイロットフィッシュ5選

それではさっそく、海水魚水槽におすすめのパイロットフィッシュをご紹介していきましょう。

  • ハタタテハゼ
  • アケボノハゼ
  • ギンガハゼ
  • ヒレナガネジリンボウ
  • ロウソクギンポ

今回はこちらの5種類の魚を解説しますので、気になるお魚がいましたらしっかりとチェックしてみてくださいね。

ハタタテハゼ

白と赤のグラデーションが非常に美しいハタタテハゼ
最大でも7cm程度のため、海水魚としては小型の部類に入ります。
病気に強くある程度の水質変化には対応できる丈夫さはもちろん、人工飼料への餌付けも容易なことからとても飼いやすいことでも知られる人気のお魚です。

ハゼの仲間全般に言えることですが、ハタタテハゼは何か驚くようなことがあると飛び跳ねて水槽の外に出てしまうことがあるため、水槽のフタは必ず閉めておきましょう。

アケボノハゼ


気品ただよう体色が特徴的なアケボノハゼ
こちらは先ほどご紹介したハタタテハゼの近縁種で、全長9cm程度のお魚です。

幼魚のころは群れで生活するものの、大人になると縄張り意識がやや強くなる傾向にあります
パイロットフィッシュとして導入するのであれば数匹まとめて飼育することが多いと思いますので、その場合は90cm以上の大型水槽を用意しましょう。

アケボノハゼはサンゴとの相性はかなり良好で、サンゴをつついたりするようなことはありません。
サンゴ水槽で飼育するなら、かなりおすすめのお魚です。

ギンガハゼ


黄色い身体にネオンブルーの斑点模様がとても良く映えるギンガハゼ
共生ハゼの仲間の中では結構大きく、最大10cmにまで成長します。

この「共生ハゼ」という言葉ですが、ギンガハゼはニシキテッポウエビなどのエビの仲間と共同生活をすることでも知られています
このようにエビと共生するハゼの仲間を、まとめて「共生ハゼ」と呼んでいるのです。

ギンガハゼは病気に強く丈夫なお魚ですが、ニシキテッポウエビは水質の変化にあまり強くありません。
共生させるのであればギンガハゼを先に飼育して、水質が整ってからエビを導入するのがおすすめです。

ヒレナガネジリンボウ

(海水魚)ヒレナガネジリンボウ(1匹) 北海道航空便要保温

その名の通りヒレが長く、棒をねじったようなユーモラスのある体色が特徴のヒレナガネジリンボウ
こちらもエビと共同生活をする共生ハゼの仲間で、テッポウエビと混泳させると一緒に巣穴に入る姿を楽しむことができます

こちらも丈夫なお魚ではありますが、同種同士ではペアでない限りケンカをすることがよくあります
パイロットフィッシュとして飼育する場合は最初にご紹介したハタタテハゼなど、おとなしい性格の遊泳性ハゼなどと混泳をさせましょう。

ロウソクギンポ

(海水魚)ロウソクギンポ(1匹) 北海道航空便要保温

ロウソクギンポはカエルウオの仲間で、全長8cmの小型海水魚です。
海岸の潮溜まり(タイドプール)に生息することからある程度の水質・水温の変化に強く、比較的どんな種類とでも混泳ができるお魚としても知られています。

また、成熟したロウソクギンポのオスは婚姻色がとても美しく、深い青の頭部と鮮やかな黄色のヒレのコントラスト大変魅力的です
一見地味な見た目の魚ではありますが、オスを飼育した際には是非この美しい婚姻色も楽しんでみてくださいね。

パイロットフィッシュが不要という考え方

ここまで海水魚水槽におすすめのパイロットフィッシュをご紹介してきましたが、実は東京アクアガーデンでは「パイロットフィッシュは不要」という考えのもと、水槽を立ち上げています。

パイロットフィッシュの役割をおさらいすると、

  • バクテリアの活動を促進させ、水質環境を整える
  • 魚が住める環境かどうかチェックする

というのが一般的な考え方です。

この場合、バクテリアの活性化はとにかく生き物を飼育すればまかなうことができますし、環境のチェックは検査薬などを使えば判断できます。

バクテリアが少なく水質の安定しない水槽では、いきなりメインの魚を入れるのには勇気が要るかもしれません。
しかし、こまめに水質をチェックして適度に水換えを行なえば、硝化しきれなかったアンモニアや亜硝酸塩を排出し、硝酸塩も0に近い水質を維持することができるのです

すでに立ち上がっている水槽があれば、その飼育水やろ材の一部を新しい水槽に使用することで、更に早く水槽を立ち上げることができます。

水槽の容量に余裕があるのなら良いのですが、パイロットフィッシュを入れたおかげで魚たちが後々窮屈な思いをするのであれば、パイロットフィッシュを入れないという判断も必要となってきます。
水槽サイズや飼育したい魚を見直して、ベストな方法を選択しましょう。

まとめ:海水魚水槽のパイロットフィッシュ5種!なぜ必要なのかも解説します!

今回は海水水槽におすすめのパイロットフィッシュについて解説をしてきました。

バクテリアを増やし水質を安定させるのがパイロットフィッシュの目的ですが、こまめに水質をチェックして水換えができるのであれば、大抵のお魚は立ち上がる前の水槽でも飼育することができます。

水槽のサイズやメインで入れたいお魚、ご自身がどれだけこまめに水換えできるかなどを考え、パイロットフィッシュを導入するかどうかしっかりと判断することが大切です。

もちろんですが、パイロットフィッシュも生き物です。
導入するのであれば、メインのお魚と同等に愛情を注げるお魚を選びましょう。