トロピカ-初心者向けアクアリウム、熱帯魚水槽、金魚、メンテナンスの情報メディア

フォローする

アクアリウムを綺麗に撮ろう! 熱帯魚水槽や魚の撮影方法!

自分のスマートフォンで水槽や魚を綺麗に写真に撮りたい、、、SNSにアップしたい、、、友達に見せたい、、、けど上手く撮れない!!

なんて方にお教えします!

スマートフォンで上手に水槽や魚を撮る方法!

水槽全体を撮る時は?

水槽の全体写真を撮った際に起こる二つの大きな問題についての対策をお教えします!

非常に簡単ですのでお試しください!

写りこみの対策!

折角いい感じに写真が撮れても自分や部屋が水槽に写りこんでたら嫌ですよね、、、

すぐにできる2つの対策をお教えします

  1. 服装を直しましょう!
    明るい色合いの服は写りこみやすい
    です。そのため上に黒色の布や服を着たりすると効果は抜群です!
    髪の色が明るい方は後ろで結んだり、黒色パーカーのフードにしまえば大丈夫ですよ!
  2. 明るさを調整しましょう!
    水槽にライトをつけている場合は水槽ライトをつけましょう!
    そして部屋のライトを暗くしましょう!
    部屋を暗く、水槽を明るくすると全然違います!

非常に簡単なことですが、この二点に気をつけるだけで写りこみは大幅に軽減できます!

ブレ、ズレの対策!

写りこみ対策は出来ても、、、どうしてもブレる!ズレる!

そんな時はスマホの設定で出来る、グリッドライン!

画面上に縦横2本ずつの線が出ます!

この線を水槽の底や水槽台に合わせて撮れば斜めになったりすることはありません。

写真を撮る時にタッチをしたり長押しすればピント調節をしてくれます!

ピントを合わせてから撮りましょう!

最近では100円均一でスマートフォン用の三脚が販売されていたりしますので、それに装着して撮ればぶれることはありません!

LIEQI JAPAN 広角レンズ iphone セルカレンズ スマホ 自撮り ライト LQ-035 (ブラック)

また、こんなアイテムもあります!

LED照明が付き、スマートフォンでの撮影に特化した取り付けることができるレンズです!

クリップのようにスマホを挟み込むだけで使えます。

一見普通のレンズに見えますが、これで写真を撮るとサンゴ水槽が凄く奇麗に撮れるのです!

凝った写真を撮りたい方にはオススメです!!

魚を撮る時は?

魚が動いて全然写真に収まらない!ぶれる!

なんてことありますよね、、、写真を撮ろうと近づくと魚はびっくりして動き回ってしまいます。

かといって、離れてズームしても綺麗には撮れず、、、。

そんな動き回る魚を綺麗に、そして簡単に写真に納める二つの方法をお教えします!

  • カメラを動かして魚を追おう!
    そのままの意味です。水槽に近づき魚がカメラを持った状態で魚が落ち着くまで待ちましょう!そうしたら撮りたい魚に狙いを定め、ゆっくりと追いかけましょう!

    泳ぎまわる魚をフレームに収めようと、魚に合わせて素早くカメラを動かしがちですが、魚を落ち着かせ、そーっと追いかけることを意識してください。

    体は動かさずに、腕だけで!

    それでも魚は急に動き回ります。その時は無理に動かずに魚が落ち着くのを待ってあげましょう!

  • カメラの前を魚が通るのをじっと待つ!
    こちらもそのままの意味ですね!カメラで魚を追いかけるのではなく、魚がカメラに近づくのを待つのです。ひたすら撮ってみましょう!

    この時、水槽にスマートフォンをぴったりつけてしまいましょう!

    そうすればブレ・ズレの対策にもなりますよ!

    水草やライブロックが一番綺麗に見える所で、ひたすら魚がカメラの前を通るのを待ちましょう!

    それでも駄目な場合はエサを入れましょう!

    エサを食べている時は少しは警戒心が薄まるので写真を撮りやすいはずです!

水族館で撮る時は?

水族館に行くと普段見られない魚が沢山いますよね!

いざ写真を撮ろうとすると色々と写り込むし、、、だからと言って黒の服で行くのは、、、という時に使える方法をお教えします!

先程もご紹介したように、ここでも水槽面にスマートフォンを密着させましょう!

これで周りの写りこみは軽減されます!

そして、なるべく自分は暗い所に行きましょう!

自分側を暗く、なおかつ水槽からの光が差し込む場所を探して撮りましょう!

これでかなり良くなると思います!

水槽がカーブしている・撮りたい魚が斜めにいる、なんて時もなるべく近づき、同じように水槽以外からの光の入り込みに注意しながら撮影してみましょう!

しかし、暗いからといってフラッシュ撮影は注意です!

魚や動物の目にダメージを与えてしまったり、びっくりして水槽に激突して死んでしまう事もあります!

水槽を叩いたりするとストレスで病気になってしまう事も、、、。

良い写真を撮りたい!とは思いますが、魚には優しくしましょう!

魚にストレスを与えないようにする方法、ストレスを与えることにより起こりうる弊害については、こちらの記事をご覧ください↓

最後におまけで、、、

水槽の写真をSNS等に上げる時、写真を加工しちゃいましょう!

最近ではスマートフォン一つで簡単に写真を加工することができます。

私がよくやる方法としては、露出度、コントラスト、影、ハイライト、彩度をとにかく色々いじって好きな色見を探していきます!

上が元の写真、下が色々いじった写真です。

良く見ると私の腕とスマートフォンが写りこんでいますね、、、。

人によって好きな風合いがあると思いますので、是非探してみてください!

↓こんな写真が投稿できるようになったら、ステキですね!